試験にココが出る! 消防設備士4類[甲種・乙種]教科書+実践問題

試験にココが出る! 消防設備士4類[甲種・乙種]教科書+実践問題

¥2,400+税

品種名
書籍
発売日
2016/12/5
ページ数
360
サイズ
A5判
著者
ノマド・ワークス 著/一般社団法人 東京防災設備保守協会 監修
ISBN
9784295000075

効率的に合格力が身につくテキスト&問題集

本書は、忙しい社会人が効率的かつ、安心して学習できるように、出題傾向を徹底分析し、よく出題されるポイントを中心に解説を行っています。各節末に、本試験に近い実践的な問題を多数収録し、覚えた内容をすぐに試す構成により、合格に必要な知識を短期間で身に付けることができます。巻頭には「最重要項目直前チェックシート」も収録。さらに、通勤中など出先での学習に便利な「本書全文の電子版(PDF)」や、すき間時間の手軽に学習できる「スマホ単語帳」も用意。いろいろな角度から合格をサポートしています!

スマホアプリが新しくなりました!
このページの【 ★ 特典 】ボタンから利用できます。
利用方法など詳しくは コチラ

「読者アンケートに答える」「読者プレゼントに応募」の場合もこちらをご利用ください。

アンケートに答える

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

学校・法人一括購入に関するお問い合わせはこちらへ。

一括購入窓口

詳細

著者プロフィール

◎ 株式会社ノマド・ワークス(執筆:平塚陽介)
書籍、雑誌、マニュアルの企画・執筆・翻訳(英語)・編集・制作をはじめ、デジタル・コンテンツの企画・制作に従事する。

主な著書等
『かんたん合格 基本情報技術者過去問題集』(インプレス)
『本気で内定!SPI&テストセンター1200題』『まるごと覚える電験3種ポイントレッスン』『ここが出る!!第2種電気工事士完全合格教本』『まるごと覚える乙種全類危険物取扱者ポイントレッスン』『図解まるわかり時事用語』(新星出版社)
『らくらく突破 改訂新版 乙種第4類 危険物取扱者合格テキスト』(技術評論社)
『電験3種 超速マスター』(TAC出版)
『電験三種に合格するための初歩からのしっかり数学』『第1・2種電気工事士合格へのやりなおし数学』『最短合格!ひとりで学べる電験三種ポイント攻略テキスト&問題集』(ナツメ社)
ほか多数。

◎ 監修:一般社団法人東京防災設備保守協会
(監修スタッフ:小川 勉・原 俊二・髙橋 榮次・山岸 克大)
昭和39年より、消防用設備等の保守や工事等の業務を開始した消防設備保守業界のパイオニア的存在。火災感知器用試験器(加熱試験器HK-3・加煙試験器HKS-2)の開発・製造・販売も行っている。また、甲種消防設備士受験講習会の実施や、各種講習会等への人材(講師)派遣をするなど、人材の育成を行い、消防設備業界発展のために寄与している。

主な著書等
『消防設備士4類 試験に合格する本』『これ1冊ですべてわかる 防火管理者・防災管理者の役割と仕事』(以上、日本能率協会マネジメントセンター)
『電気と工事(2016年1月号~12月号)“実践! 消防設備士甲種4類試験講座”』(オーム社)
『月刊フェスク(2014年10月号~12月号)“消防用設備等の点検実務者に求められる素養について”』(日本消防設備安全センター)
取材協力「フジテレビ『さまぁ~ずの神ギ問(2016.6.24放送)火災報知機をチェックするアレ 被せてなにがわかるの?』」
URL. http://www.hosyu-kyokai.or.jp/

ページイメージ

クリックすると大きい画像でご覧いただけます

目次

受験ガイド
重要項目直前チェック

第1章 消防関係法令
第2章 電気に関する基礎知識
第3章 自動火災報知設備の構造と機能
第4章 自動火災報知設備の工事・整備
第5章 自動火災報知設備の点検
第6章 鑑別等問題
第7章 製図問題

模擬テスト
索引

特典

本製品にはご購読の読者様がご利用できる「特典」サービスがついています。お手元に本製品を用意し、「特典を利用する」ボタンから画面の指示に従ってお進みください。

特典を利用する

ダウンロード

本製品の読者さまを対象としたダウンロード情報はありません。

お詫びと訂正

誤記のためにご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。

  • 10ページ 「自動火災報知設備を設置する防火対象物」の表、(3)項ロ「地階・無窓階の床面積」
    • [誤]
      300m^2(平方メートル)以上
    • [正]
      100m^2(平方メートル)以上
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 14ページ ページ下方、【6】耐熱配線・耐火配線
    • [誤]
      ※下記参照
    • [正]
    • 備考:

      ※第3刷で「受信機」-「消防用設備等の操作回路へ」間の配線を“耐熱”に修正

    • 【 第2刷にて修正 】
  • 33ページ 下段「黒板⑧」の②
    • [誤]
      ②収容人員が30人以上の特定1階段等防火対象物(複合用途防火対象物、地下街、準地下街を除く)
    • [正]
      ②収容人員が30人以上の特定1階段等防火対象物

      ※括弧部分を削除
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 34ページ 本文上から1-4行目
    • [誤]
      特定1階段等防火対象物とは、特定用途部分が避難階以外の地階または3階以上にあり、その階から避難階または地上に出る屋内階段が1つしかない特定防火対象物をいいます。
    • [正]
      特定1階段等防火対象物とは、特定用途部分(複合用途防火対象物、地下街、準地下街を除く)が避難階以外の地階または3階以上にあり、その階から避難階または地上に出る屋内階段が1つしかない特定防火対象物(準地下街を除く)をいいます。
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 56ページ ページ中程、3行分の本文の2行目
    • [誤]
      消防機関
    • [正]
      消防署長
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 61ページ 「黒板18」内
    • [誤]
      ※「4/1」付近を修正。下記参照
    • [正]
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 64ページ ページ下方、「覚える」内、左段個条書き、上から4行目
    • [誤]
      ・感知器または発信機
    • [正]
      ・感知器及び発信機
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 65ページ ページ中程、小見出し「②型式適合検定」本文、上から2行目
    • [誤]
      登録検定機関が検査します。
    • [正]
      総務大臣の登録を受けた法人が検査します。
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 155ページ ページ上から4-5行目
    • [誤]
      感知器の誤作動などによって、火災ではないのに火災信号を受信してしまう場合があります。
    • [正]
      ※上記の文章削除
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 157ページ 「②電源部分の構造」の囲み内、上から3行目
    • [誤]
      (定格電圧60V以上の場合)
    • [正]
      (定格電圧60Vを超える場合)
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 166ページ ページ上方、「覚える」内、個条書き上から3-4行目
    • [誤]
      ・主音響装置(1m離れた地点で85dB以上)
      ・地区音響装置(90dB以上)
    • [正]
      ・主音響装置(中心から前方1m離れた地点で85dB以上)
      ・地区音響装置(中心から1m離れた地点で90dB以上)
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 167ページ ページ中程、「覚える」内、個条書き上から2-3行目
    • [誤]
      ・主音響装置(1m離れた地点で85dB以上)
      ・地区音響装置(90dB以上)
    • [正]
      ・主音響装置(中心から前方1m離れた地点で85dB以上)
      ・地区音響装置(中心から1m離れた地点で90dB以上)
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 167ページ ページ下方程、下から2行目の個条書き
    • [誤]
      ・主音響装置(1m離れた地点で70dB以上)
    • [正]
      ・主音響装置(中心から前方1m離れた地点で70dB以上)
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 168ページ ページ中程、「覚える」内、個条書き上から3-4行目
    • [誤]
      ・主音響装置(1m離れた地点で85dB以上)
      ・地区音響装置(90dB以上)
    • [正]
      ・主音響装置(中心から前方1m離れた地点で85dB以上)
      ・地区音響装置(中心から1m離れた地点で90dB以上)
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 174ページ ページ下方、スポット型感知器のイラスト内、「+」「-」の場所
    • [誤]
      ※下記参照
    • [正]
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 177ページ ページ中程、スポット型感知器のイラスト内右、接点のある金属の傾き
    • [誤]
      ※下記参照
    • [正]
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 180ページ ページ上方、スポット型感知器のイラスト内、「+」「-」を追加
    • [誤]
      ※下記参照
    • [正]
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 207ページ 左段上、3-3 問2の解説内、下から3行目末尾
    • [誤]
      補償式ス(ポット型感知器……)
    • [正]
      差動式ス(ポット型感知器……)
  • 245ページ ページ上方、耐熱配線と耐火配線の図
    • [誤]
      ※下記参照
    • [正]
    • 備考:

      ※第3刷で「受信機」-「消防用設備等の操作回路へ」間の配線を“耐熱”に修正

    • 【 第2刷にて修正 】
  • 270ページ ページ中程、波線囲み「自動試験機能で行える試験」内、1行目
    • [誤]
      回路導通試験、同時作動試験
    • [正]
      感知器回路及びベル回路試験、受信機及び中継器の制御機能及び電路試験
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 276ページ ページ中程、スポット型感知器のイラスト内、「+」「-」の場所
    • [誤]
      ※下記参照
    • [正]
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 277ページ ページ上方、スポット型感知器のイラスト内右、接点のある金属の傾き
    • [誤]
      ※下記参照
    • [正]
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 279ページ ページ上方左、スポット型感知器のイラスト内、「+」「-」を追加
    • [誤]
      ※下記参照
    • [正]
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 302ページ 「自動火災報知設備の図記号」の表、定温式スポット型感知器の記号の補足説明
    • [誤]
      下記参照
    • [正]
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 334ページ 本文上から6行目
    • [誤]
      その他の場所(機械室、倉庫)には、煙感知器を設置します。
    • [正]
      その他の場所(機械室、倉庫、廊下)には、煙感知器を設置します。
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 334ページ 本文上から(空行除き)7-8行目(廊下に関する記述)
    • [誤]
      なお、廊下については、…中略… 設置は不要になります。
    • [正]
      ([誤]の2行を削除)
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 334ページ ページ下方、設置する感知器の表、「廊下」行
    • [誤]
      下記表を参照(「廊下」に「煙感知器」を「1個」追加)
    • [正]
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 334ページ 本文上から5行目(空行除く)
    • [誤]
      その他の場所(機械室、倉庫)
    • [正]
      その他の場所(機械室、倉庫、廊下、ゴミ集積室)
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 335ページ ページ情報【解答例】の図内
    • [誤]
      下記図を参照(廊下に「煙感知器」の記号、機械室右に4本配線記号を追加)
    • [正]
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 335ページ 「問3」の誤り個所④「廊下の煙感知器」の解説、1行目後半から2行目
    • [誤]
      、廊下の端から歩行距離が10m未満のため設置は不要となります。
    • [正]
      、1個でも設置基準を満たします。問題の条件より、感知器の設置個数は必要最小限とします。
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 358ページ 特典の単語帳アプリについて
    • [誤]
      本書で言及している特典の「単語帳アプリ」「スマホ単語帳」「でる語句200」は、単語帳アプリ・問題集アプリ『【消防設備士4類】練習問題帳』となります。
      また、この問題集アプリの利用法は、2017年4月から変更になっています。詳細は下記のページをご参照ください。
      https://book.impress.co.jp/items/qgi
    • [正]

お問い合わせ

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

お問い合わせフォーム