できるExcel VBAプログラミング入門 仕事がサクサク進む自動化プログラムが作れる本

できるExcel VBAプログラミング入門 仕事がサクサク進む自動化プログラムが作れる本

2,178円(本体 1,980円+税10%)

品種名
書籍
発売日
2018/9/21
ページ数
256
サイズ
B5変形判
著者
小舘 由典 著/できるシリーズ編集部 著
ISBN
9784295004752

仕事に役立つExcel自動化の知識が学べる!

Excel VBAを使って、プログラミングの基礎を学べるだけでなく、日々の仕事で役立つ自動化プログラムが作れる! 作成するプログラムは実用的な内容だから、仕事の効率化に生かせること間違いなし!

「読者アンケートに答える」「読者プレゼントに応募」の場合もこちらをご利用ください。

アンケートに答える

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

学校・法人一括購入に関するお問い合わせはこちらへ。

一括購入窓口

著者紹介

小舘由典
株式会社イワイ システム開発部に所属。ExcelやAccessを使ったパソコン向けの業務アプリケーション開発から、UNIX系データベース構築まで幅広く手がける。できるシリーズのExcel関連書籍を長年執筆している。表計算ソフトとの出会いは、1983年にExcelの元祖となるMultiplanに触れたとき。以来Excelとは、1985年発売のMac用初代Excelから現在までの付き合い。

ページイメージ

クリックすると大きい画像でご覧いただけます

目次

第1章 VBAとプログラミングの関係を知ろう
第2章 VBAでプログラミングをはじめよう
第3章 VBAプログラミングの基本を知ろう
第4章 VBAでExcelを操作しよう
第5章 ファイルの変換を自動化しよう
第6章 自動転記プログラムを作成しよう
第7章 データ並べ替えプログラムを作成しよう
第8章 自動集計プログラムを作成しよう

関連書籍

好評発売中

できる イラストで学ぶ 入社1年目からのExcel関数

長く役立つ関数の知識が身に付く!

好評発売中

統計学の基礎から学ぶ Excelデータ分析の全知識(できるビジネス)

好評発売中

できる大事典 Excel VBA 2019/2016/2013&Microsoft 365対応

好評発売中

できる 仕事がはかどるGoogle Apps Script自動処理 全部入り。

Googleアプリを思い通りに自動化しよう!

特典

本製品にはご購読の読者様がご利用できる「特典」サービスがついています。お手元に本製品を用意し、「特典を利用する」ボタンから画面の指示に従ってお進みください。

特典を利用する

ダウンロード

  • 『できるExcelVBAプログラミング入門 仕事がサクサク進む自動化プログラムが作れる本』の練習用ファイルです。

お詫びと訂正

誤記のためにご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。

  • 81ページ 操作2に補足を追加
    • [誤]
      *空欄
    • [正]
      同様に2回目は「200」、3回目は「100」を入力する
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 81ページ 「実行結果」の最後の説明
    • [誤]
      ループ3回目には、合計3回分の加算が行われ、Numは600、Countには3が代入されていることが分かる
    • [正]
      [OK]をクリックするたびに数値を入力して計算ができ、3回目にクリックするとマクロが終了する
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 83ページ Pointの7~10行目
    • [誤]
      値は10、30、90、120と変化し120になったところで条件が偽になり繰り返しが終了します。
    • [正]
      値は10、30、90、270と変化し270になったところで条件が偽になり繰り返しが終了します。
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 94ページ フローチャート解説番号3
    • [誤]
      変数「Row」の値を確認して、「8」までならループの最初に戻る
    • [正]
      変数「Row」の値を確認して、「9」までならループの最初に戻る
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 95ページ フローチャート解説番号5
    • [誤]
      変数{Row」の値を確認して、「8」までならループの最初に戻る
    • [正]
      変数{Row」の値を確認して、「9」までならループの最初に戻る
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 141ページ 「プログラムの内容」内、7行目
    • [誤]
      Dim ItemMastSh As String
    • [正]
      Dim ItemMastSh As Worksheet
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 184ページ 手順1
    • [誤]
      ・SumBook··········· 集計元ブックの
      ・SumSheet········· 集計元の
      ・DataBook·········· 集計先ブックの
      ・DataSheet········ 集計先の
    • [正]
      ・SumBook··········· 集計先ブックの
      ・SumSheet········· 集計先の
      ・DataBook·········· 集計元ブックの
      ・DataSheet········ 集計元の
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 185ページ 手順3コード解説最終行
    • [誤]
      Worksheet オブジェクト型の変数DataSheet に代入します。
    • [正]
      Worksheet オブジェクト型の変数SumSheet に代入します。
    • 【 第2刷にて修正 】

お問い合わせ

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

お問い合わせフォーム