徹底攻略 情報セキュリティマネジメント教科書 2019年度

徹底攻略 情報セキュリティマネジメント教科書 2019年度

¥1,780+税

品種名
書籍
発売日
2018/12/26
ページ数
560
サイズ
A5判
著者
株式会社わくわくスタディワールド 瀬戸美月・齋藤健一 著
ISBN
9784295005339

新シラバス対応!SG対策の決定版!

新シラバス2.0対応! 試験対策指導歴15年以上で、徹底攻略教科書のAP、SC、NW、DBの執筆も手がける著者陣が、AIも活用して出題傾向を徹底分析。情報セキュリティ分野はもちろんにも、テクノロジ系、ストラテジ系などの知識を完全網羅したSG対策書です。過去問解説は紙面掲載1回+ダウンロードPDFで計7回分を用意。購入者特典「本書全文の電子版(PDF)」や「スマホで学べる単語帳ウェブアプリ」付き(特典の利用には、インプレスの無料読者会員システムへの登録が必要になります。提供予定期間は、発売から1年間となっています)

「読者アンケートに答える」「読者プレゼントに応募」の場合もこちらをご利用ください。

アンケートに答える

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

学校・法人一括購入に関するお問い合わせはこちらへ。

一括購入窓口

著者紹介

瀬戸 美月(せと みづき)株式会社わくわくスタディワールド代表取締役。
独立系ソフトウェア開発会社,IT系ベンチャー企業でシステム開発,Webサービス立ち上げなどに従事した後独立。企業研修やセミナー,勉強会などで,数多くの受験生を15年以上指導。
保有資格は,情報処理技術者試験全区分制覇(旧15区分+α),高等学校教諭一種免許状(情報)他多数。著書は,『徹底攻略 情報処理安全確保支援士教科書』『徹底攻略 応用情報技術者教科書』『徹底攻略 ネットワークスペシャリスト教科書』『徹底攻略 データベーススペシャリスト教科書』(以上,インプレス),『新 読む講義シリーズ 8 システムの構成と方式』(以上,アイテック)他多数。

齋藤 健一(さいとう けんいち)株式会社わくわくスタディワールド取締役。
食品会社の経営情報企画部で,情報システム導入やセキュリティ管理を10数年にわたり主導。独立後はセキュリティを中心とした指導にあたる傍ら,IT関連や情報処理技術者試験などの動画を中心とした教材作成に携わる。
保有資格は,情報セキュリティスペシャリスト,情報セキュリティアドミニストレータ,ネットワークスペシャリスト他多数。著書は,『徹底攻略 情報処理安全確保支援士教科書』(インプレス),『インターネット・ネットワーク入門』『徹底解説データベーススペシャリスト過去問題』(以上,アイテック),『基本情報技術者過去問題集』(以上,エクスメディア)他。

ページイメージ

クリックすると大きい画像でご覧いただけます

目次

●紙面目次
はじめに
活用のポイント
試験の傾向と対策
第1章 情報セキュリティの基礎知識
第2章 情報セキュリティ管理
第3章 情報セキュリティ対策
第4章 法務
第5章 マネジメント
第6章 テクノロジ
第7章 ストラテジ
第8章 午後問題対策
付録 平成29年度秋期 問題&解説
索引

●ダウンロード提供過去問解説
・全文PDF
・平成28年度春期 解説PDF
・平成28年度秋期 解説PDF
・平成29年度春期 解説PDF
・平成29年度秋期 解説PDF
・平成30年度春期 解説PDF
・平成30年度春期 解説PDF(全文PDFに掲載)
・平成31年度春期 解説PDF(試験後提供)

特典

本製品にはご購読の読者様がご利用できる「特典」サービスがついています。お手元に本製品を用意し、「特典を利用する」ボタンから画面の指示に従ってお進みください。

特典を利用する

ダウンロード

本製品の読者さまを対象としたダウンロード情報はありません。

お詫びと訂正

誤記のためにご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。

  • 242ページ 問5の選択肢エ
    • [誤]
      エ 法定労働時問外の~
    • [正]
      エ 法定労働時間外の~
  • 270ページ 小見出し「解決プロセス」下の本文、2~4行目
    • [誤]
      問題とは,その根本原因です。」とは,インシデントと問題を適切に解決するためのプロセスです。
    • [正]
      問題とは,その根本原因です。解決プロセスとは,インシデントと問題を適切に解決するためのプロセスです。
  • 270ページ 5-2-3、小見出し「関係プロセス」内、②供給者管理の解説文、3-5行目
    • [誤]
      運用を委託する場合には,運用レベルを保証するためにOLA(Operation Level Agreement:運用レベル合意書)を作成し,契約を行います。
    • [正]
      運用を委託する場合には,運用レベルを保証するために請負契約(UC:Underpinning Contracts)を行います。社内のグループとの契約では,OLA(Operation Level Agreement:運用レベル合意書)を作成します。
  • 293ページ ページ下方、項目見出し「①クリティカルパス法」の本文、上から2行目
    • [誤]
      最長の経路であるクリティカルパス
    • [正]
      最短の経路であるクリティカルパス
  • 494ページ 問7の解説4行目(ページ下から1行目)
    • [誤]
      アはリスク対応,イはリスク分析,エはリスク特定に該当します。
    • [正]
      アはリスク対応,イはリスク評価,エはリスク特定に該当します。

お問い合わせ

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

お問い合わせフォーム