デジタルカメラマガジン 2018年10月号

デジタルカメラマガジン 2018年10月号

¥1,000+税

品種名
雑誌
発売日
2018/9/20
ページ数
208
サイズ
A4変形判
著者
デジタルカメラマガジン編集部 編

キヤノン&ニコン、新型フルサイズミラーレス登場!!

[特集1]人気特集がバージョンアップして再登場!簡単だけと本格派「3分レタッチ 2nd」人気写真家20人のレシピと大公開!![PICK UP]ついにEOSからも3,030万画素フルサイズミラーレスが登場!「キヤノン EOS R」、内径55mmのZマウントが新時代を切り開く「ニコン Z7/ Z6」

「読者アンケートに答える」「読者プレゼントに応募」の場合もこちらをご利用ください。

アンケートに答える

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

学校・法人一括購入に関するお問い合わせはこちらへ。

一括購入窓口

詳細

キヤノン&ニコン、新型フルサイズミラーレス登場!!

表紙=清家道子

[特集1]人気特集がバージョンアップして再登場!
簡単だけと本格派
「3分レタッチ 2nd」
人気写真家20人のレシピと大公開!!
[スナップ]杉本優也
[風景]橋向 真
[スナップ]岡嶋和幸
[風景]館野二朗
[花火]岡本大志
[風景]原 朋士
[モノクロ]コムロミホ
[ポートレート]小林修士
[風景]中神由美子
[F1]熱田 護
[モノクロ]大門美奈
[風景]清家道子
[動物]半田菜摘
[夜景]保坂昇寿
[スナップ]安達ロベルト
[風景]藪崎次郎
[スナップ]郡川正次
[ポートレート]小山満太郎
[風景]熊井美智子
[夜景]谷角 靖

[PICK UP]
ついにEOSからも3,030万画素フルサイズミラーレスが登場!
「キヤノン EOS R」
EOS R実写レビュー [風景]中西敏貴/[鉄道]長根広和
さらに機能解説、新メニュー紹介など13ページにわたって詳細レビュー!!

内径55mmのZマウントが新時代を切り開く
「ニコン Z7/ Z6」
開発者インタビュー&実写レポート、新レンズレビュー、ミドルレンジシャープの効果など徹底解説!!

[TECHNIQUE]
EF LENS Technics
EF70-200mm F2.8L IS III USM
山本純一、横木安良夫

Harmonics Style
星野佑佳×AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR

1台のカメラと2本のレンズで紡ぐ旅物語
Xで刻む私の視点
岡嶋和幸

写真家・中井精也がαと旅して感動した情景
Majestic TRAIN─威風鐵道─
東北新幹線

LEICAレンズともう一度、あの場所へ
写真家の源流をたどる
LEICA DG ELMARIT 200mm/F2.8/POWER O.I.S.×高橋広平

PRO's SIGHT
写真家2人がPROレンズと行く モンゴル大紀行
後編・清水哲朗

写真家にプリントする理由を聞いて分かった
写真を1,000倍楽しむためのプリントテクニック
藤原嘉騎

[NEW PRODUCT REVIEW]
AF性能が大幅に改善されて決定的瞬間を逃さずに捉える
富士フイルム X-T3

小型・軽量で300mm F2相当の超望遠レンズ
富士フイルム XF200mmF2 R LM OIS WR

全域開放F2.8の世界最広角ズームレンズ
富士フイルム XF8-16mmF2.8 R LM WR

PFレンズ採用で軽量化して手持ち撮影が快適な超望遠
ニコン AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR

50mm相当の大口径標準レンズ キヤノン EF-M32mm F1.4 STM

[人気連載]
プリントすると写真が上手くなる 岡嶋和幸
酒場の情景 なぎら健壱
詩的憧憬 米 美知子
LUKE Walking in the SKY ルーク・オザワ
Dramatic Circus 熱田 護
風景写真家 萩原俊哉に学ぶ 美しい風景へのアプローチ
目的地+αで絶景写真がいっぱい撮れる! よくばり撮影地ガイド 阿部淳一
誰でもわかる写真超入門 門井ゆりか
大人の社会科見学 小島健一
写真好きが通う名喫茶 川口葉子
いま知っておくべき写真史 大和田 良
など

ページイメージ

クリックすると大きい画像でご覧いただけます

関連書籍

近日発売

キヤノン EOS R 完全ガイド

次世代EOSで切り拓く写真表現の未来

好評発売中

デジタルカメラマガジン 2018年11月号

新製品情報満載! 16ページ増特大号

ダウンロード

本製品の読者さまを対象としたダウンロード情報はありません。

お詫びと訂正

現在のところ、本製品に正誤情報はありません。

お問い合わせ

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

お問い合わせフォーム