ElasticStack実践ガイド[Logstash/Beats編]

ElasticStack実践ガイド[Logstash/Beats編]

¥3,500+税

品種名
書籍
発売日
2020/9/16
ページ数
376
サイズ
B5変形判
著者
⽇⽐野 恒 著
ISBN
9784295009986

ログ分析プラットフォームの構築と活用

Elastic Stackによるログデータ分析基盤の構築、基本操作、ログ分析の具体的なユースケースを解説した実践ガイドです。ログデータの具体的なユースケースから、Logstash(データパイプライン)とBeats(データシッパー)によるログ分析基盤の構築、Logstashプラグインの活用、LogstashによるETL処理、AWSにおけるログ分析の活用など、豊富な事例と応用的な使い方をまとめた実践ガイドです。Elastic Stack 7.6対応

「読者アンケートに答える」「読者プレゼントに応募」の場合もこちらをご利用ください。

アンケートに答える

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

学校・法人一括購入に関するお問い合わせはこちらへ。

一括購入窓口

著者紹介

2008年から2018年までの10年間、国内の某ITコンサルティング会社に在籍。インフラコンサルタントとして、主にネットワーク、データセンター、仮想基盤、ストレージの設計や構築を担当。2015年以降、セキュリティアーキテクトとして、主に金融機関や公共機関を中心にセキュリティ対策ソリューションの提案導入、Elastic Stackを用いたセキュリティ脅威分析基盤の開発を担当。2019年より現職のサイバーセキュリティ組織において、ログ分析プラットフォームのアーキテクチャ設計やクラウドにおけるセキュリティ実装方式の検討に従事。日本国内のエンジニアの限られた貴重なリソースを効率良く活用できるよう、技術ナレッジを惜しみなく発信するよう心がけている。

目次

はじめに
本書のターゲット/本書の構成
本書の表記/本書で使用した実行環境
第 1 章 ログの管理と分析
1-1 ログとは
1-2 時系列データ
1-3 ETL とは
1-4 ログ分析の難しさ
1-5 まとめ
第 2 章 Logstash の基礎
2-1 Logstash とは
2-2 Logstashの構成
2-3 Logstashの導入
2-4 前提・導入準備(OS と JVM のバージョン)
2-5 Logstash のインストール
2-6 Logstashの設定
2-7 まとめ
第 3 章 Beats の基礎
3-1 Beats とは
3-2 Beats の導入
3-3 Filebeat の設定
3-4 Winlogbeat の設定
3-5 まとめ
第 4 章 Logstash のプラグイン紹介
4-1 パイプライン定義ファイルの書き方
4-2 Input プラグインの紹介
4-3 Filter プラグインの紹介
4-4 Outpu プラグインの紹介
4-5 Codec プラグインの紹介
4-6 まとめ
第 5 章 Logstash の高度な ETL 管理
5-1 高度な ETL 処理
5-2 ログ可用性対策
5-3 パイプライン管理
5-4 性能管理と運用管理
5-5 Elasticsearch のサイジング方法
5-6 まとめ
第 6 章 AWS 環境におけるログ分析
6-1 基本的なアーキテクチャ
6-2 S3から取得するケース
6-3 CloudWatch Logs から取得するケース
6-4 まとめ
索引
著者プロフィール
奥付

関連書籍

好評発売中

ホワイトハッカー入門

日本初の「ホワイトハッカー」の本!

好評発売中

オブジェクト指向の考え方 5th Edition

言語習得のその次のオブジェクト指向の理念

好評発売中

Elastic Stack実践ガイド[Elasticsearch/Kibana編]

分散型全文検索データ分析基盤の構築

好評発売中

スラスラ読める PHPふりがなプログラミング

Webアプリ作成の基礎力を身に付けよう!!

ダウンロード

本製品の読者さまを対象としたダウンロード情報はありません。

お詫びと訂正

現在のところ、本製品に正誤情報はありません。

お問い合わせ

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

お問い合わせフォーム