おかえり台湾 ―食べて、見て、知って、感じる 一歩ふみ込む二度目の旅案内―

おかえり台湾 ―食べて、見て、知って、感じる 一歩ふみ込む二度目の旅案内―

¥1,680+税

品種名
書籍
発売日
2020/5/14
ページ数
160
サイズ
A5変形判
著者
池澤春菜 著/高山羽根子 著
ISBN
9784295008675

旅のヒントたっぷり! 作家と声優の台湾案内

台湾に行ったことはありますか? 渡台回数60回にせまる台湾マニアの声優・池澤春菜と、日本文藝界が今もっとも熱い視線を送る作家・高山羽根子の2人が、食べて、見て、知って、感じる台湾の旅をお届けします。地元の人も驚くマニアックな飲食店セレクトや、初めての台湾ではハードルの高い健康系チャレンジ、文化や歴史が垣間みえる建築めぐり、現代の台湾の人々の価値観にも折々に触れるリトルプレスやギャラリー訪問などなど、一度見たところも違って見えるほど、一歩ふみ込んで台湾をご案内。どうしてこの2人がって? その理由は、ぜひ本書をご覧くださいませ。

「読者アンケートに答える」「読者プレゼントに応募」の場合もこちらをご利用ください。

アンケートに答える

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

学校・法人一括購入に関するお問い合わせはこちらへ。

一括購入窓口

著者紹介

池澤春菜(いけざわはるな)
声優、エッセイスト。父に作家の池澤夏樹、祖父に作家の福永武彦を持ち、自身も各誌で連載を持つなど文筆家・書評家としても活躍。台湾渡航歴は60回に迫り、台湾グルメガイドブック『最愛台湾ごはん 春菜的台湾好吃案内(KADOKAWA)』シリーズはすでに3冊を上梓。台湾好きは食にとどまらず、東京・小石川で変身写真館「ミニーナ」を起ち上げ。高級評茶員、中級茶藝師、紅茶アドバイザーの資格を持つお茶マニアでもあり、著書に『はじめましての中国茶(本の雑誌社)』がある。日本SF作家クラブ理事。

高山羽根子(たかやまはねこ)
1975年、富山県生まれ。神奈川県育ち。多摩美術大学美術学部絵画学科卒。2009年、「うどん キツネつきの」で第1回創元SF短編賞佳作を受賞しデビュー。2016年、「太陽の側の島」で第2回林芙美子文学賞を受賞。2019年、「居た場所」で第160回芥川龍之介賞候補、「カム・ギャザー・ラウンド・ピープル」で第161回芥川龍之介賞候補。現在、北日本新聞にてエッセイ、東京新聞にて美術評を連載中。

目次

プロローグ 旅はこうしてはじまった
第1章 見渡せば博物館
 コラム フラッグシップに乗ってみた
第2章 通う茶藝館
 コラム Airbnbで泊まってみた
第3章 本をうるひと
第4章 体を癒やす
 コラム 漢方その後
第5章 台湾アート最前線
第6章 映画でひもとく台湾史
 コラム この映画見てみた
第7章 とにかく食べる
 コラム 最新ドリンクコレクション
おまけ 無駄なく回れるプランガイド&マップ
おまけ おすすめお土産コレクション
おまけ ほんとに使える厳選フレーズ集
エピローグ あとがき的な対談

関連書籍

ダウンロード

本製品の読者さまを対象としたダウンロード情報はありません。

お詫びと訂正

現在のところ、本製品に正誤情報はありません。

お問い合わせ

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

お問い合わせフォーム