デジタルカメラマガジン 2019年7月号

デジタルカメラマガジン 2019年7月号

¥1,000+税

品種名
雑誌
発売日
2019/6/20
ページ数
192
サイズ
A4変形判
著者
デジタルカメラマガジン編集部 編

2大特集&モノクロ新連載8本同時スタート!

[特集1]パターンで覚える構図の必殺技「画角で決める構図」[特集2]テクニック&撮影スポット全部入り「天の川の絶景ガイド」

「読者アンケートに答える」「読者プレゼントに応募」の場合もこちらをご利用ください。

アンケートに答える

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

学校・法人一括購入に関するお問い合わせはこちらへ。

一括購入窓口

詳細

2大特集&モノクロ新連載8本同時スタート!

表紙=本間昭文

[特集1]
パターンで覚える構図の必殺技
画角で決める構図

写真を構成するいくつかの要素の中に構図がある。
ところが悲しいことに「構図=センス」と思って諦めている人が多いのも事実。
バランスのいい構図とは、使用するレンズの画角の特徴に合わせてフレーミングを決めること。
その組み合わせをパターンとして覚えておけば、あなたのセンスは確実にアップする。
本特集では、明日からすぐに実践できる写真家直伝の必殺構図をQ&A形式で紹介する。

浅井美紀、安達ロベルト、大村祐里子、大和田 良、岡嶋和幸、柄木孝志、木村琢磨、河野鉄平、郡川正次、小澤太一、コムロミホ、斎藤巧一郎、佐々木啓太、鈴木知子、高橋伸哉、竹本りか、館野二朗、谷田洋史、田村梨貴、千田智康、鶴巻育子、中西敏貴、長根広和、藤原嘉騎、星野佑佳、茂手木秀行、八木千賀子、山下裕之、山下峰冬、わたなべもも

[特集2]
テクニック&撮影スポット全部入り
天の川の絶景ガイド

加藤英行、清家道子、館野二朗、中西敏貴、沼澤茂美、橋向 真、藤原嘉騎、Makoto Igari、八木千賀子、山下峰冬、山梨将典、湯淺光則、Yusuke.O

[SPECIAL GALLERY]
Both Sides, Now
菅原一剛

[FIRMWARE UPDATE]
世界初、動物瞳AFはどのような動物まで認識するのかを徹底チェック!!
SONY α7R Ⅲ & α7 Ⅲファームアップ

いま話題の瞳AFに対応し、AE/AF性能も使いやすくパワーアップ!!
Nikon Z 7 & Z 6ファームアップ

[TECHNIQUE]
写真家とNIKKOR Zレンズの新たなコラボレーション
Hermonics Style Type Z
石田卓士×NIKKOR Z 14-30mm f/4 S

LUMIXで描き出す色彩と質感
世界の色にふれる
Vol.1 RED HARUKI

―47の都道府県を47人の写真家が巡る―
日本列島 ZUIKO LENSの旅
北山輝泰×M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO

[NEW PRODUCT REVIEW]
・高い解像力とリッチなボケの誘惑「キヤノン RF85mm F1.2 L USM」
・高画質の限界を追い求めたパーフェクト大口径「タムロン SP 35mm F/1.4 Di USD(Model F045)」
・リッチなボケ味に見とれる開放F1.5の中望遠「コシナ NOKTON Vintage Line 75mm F1.5 Aspherical V」
・写真愛好家向け27インチディスプレイ「EIZO ColorEdge CS2731」

[モノクロ新連載8本スタート]
エレ片光画部 やついいちろう、今立 進、片桐 仁、山本春花
行って良かった! B級海外旅行 クロアチア
DCM Times 部分月食/大井川鐵道/江川海岸/モネの池など
図解で分かる名所の撮り方 岡山城
写真家の本棚 大和田 良
私がプロになった理由 写真家という職業と出合った旅 GOTO AKI
カメラバカにつける薬 in デジタルカメラマガジン
厳選スマホアプリ LongShot
など

ページイメージ

クリックすると大きい画像でご覧いただけます

関連書籍

近日発売

デジタルカメラマガジン 2019年12月号

風景・スナップ・人物・乗り物・マクロ・夜景を徹底攻略

好評発売中

プリントすると写真が上手くなる

デジタルカメラマガジンで人気の連載が1冊に

好評発売中

デジタルカメラマガジン 2019年11月号

光を読むためのトレーニングが写真を上達させる

好評発売中

デジタルカメラマガジン 2019年10月号

写真家20人のレタッチプリセットを無料ダウンロード

ダウンロード

本製品の読者さまを対象としたダウンロード情報はありません。

お詫びと訂正

現在のところ、本製品に正誤情報はありません。

お問い合わせ

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

お問い合わせフォーム