デジタルカメラマガジン 2019年8月号

デジタルカメラマガジン 2019年8月号

¥1,000+税

品種名
雑誌
発売日
2019/7/20
ページ数
192
サイズ
A4変形判
著者
デジタルカメラマガジン編集部 編

真夏に贈る夜に撮りたい絶景ガイド&テクニック

[総力特集]花火・飛行機・ホタル・都市・鉄道・雲海・星景・工場 撮影地ガイド&撮影テクニックもパワーアップ「夜に撮る絶景」

「読者アンケートに答える」「読者プレゼントに応募」の場合もこちらをご利用ください。

アンケートに答える

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

学校・法人一括購入に関するお問い合わせはこちらへ。

一括購入窓口

詳細

真夏に贈る夜に撮りたい絶景ガイド&テクニック

表紙=別所隆弘

[特集1]
花火・飛行機・ホタル・都市・鉄道・雲海・星景・工場
撮影地ガイド&撮影テクニックもパワーアップ
夜に撮る絶景

「SPOT」
一度は撮ってみたい!
夜の絶景スポットガイド
    ×
「HOW TO」
はじめての夜景撮影でも安心!
被写体別撮影テクニック

太陽の光に照らされている昼間とは違い、夜は人工的な光によって世界が浮かび上がる。
昼間には見ることができない幻想的な風景はとてもドラマチックだ。
一般的に夜の撮影は冬がベストだと言われる。その理由は空気が澄んでいるためだ。
しかし、冬の夜は寒く、撮影者にとっては厳しい条件でもある。
まずは夜の撮影の魅力を感じてもらうには夏がベストタイミング。
そこで今回の特集では、絶景スポットの選び方、カメラのセッティング、必要な機材、構図の作り方など
全54ページの大ボリュームで夜の撮影に関わる全てを全方位で解説する。

[SPECIAL GALLERY]
gold medalist-Fantasy on Ice 2019-
田中宣明

[PICK UP]
約6,100万画素へと進化した第4世代「R」
ソニー α7R IV

こだわりの画質と10倍ズームが自由度を高める
キヤノン RF24-240mm F4-6.3 IS USM

全域でF1.7の明るさを誇る新基準の万能ズーム
パナソニック LEICA DG VARIO-SUMMILUX 10-25mm / F1.7 ASPH.

[TECHNIQUE]
中井精也がαと行く美しき鉄道風景の世界
Only Railway
Rail.1 西武001系電車「Laview」

LUMIXで描き出す色彩と質感
世界の色にふれる
Vol.2 GRAY 田川梨絵

―47の都道府県を47人の写真家が巡る―
日本列島 ZUIKO LENSの旅
高橋良典×M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

[NEW PRODUCT REVIEW]
・常用に最適な335gの軽量な標準レンズ「富士フイルム GF50mmF3.5 R LM WR」
・大幅な小型・軽量化を実現した大口径超広角ズーム「タムロン 17-28mm F/2.8 Di Ⅲ RXD(Model A046)」
・画質にこだわったGマスターの超望遠レンズ「ソニー FE 600mm F4 GM OSS」
・50mm、85mmに続くF1.8低価格シリーズ第3弾「ソニー FE 35mm F1.8」

[人気連載]
Dramatic Circus-ホンダ13年ぶりの優勝記念特別連載-熱田 護
プリントすると写真が上手くなる 岡嶋和幸
酒場の情景 なぎら健壱
詩的憧憬 米 美知子
LUKE Walking in the SKY ルーク・オザワ
藤原嘉騎のドラマチックLightroom講座
風景写真家 萩原俊哉に学ぶ 美しい風景へのアプローチ
目的地+αで絶景写真がいっぱい撮れる! よくばり撮影地ガイド 阿部淳一
エレ片光画部 やついいちろう、今立 進、片桐 仁、山本春花
図解で分かる名所の撮り方「東京タワー」
私がプロになった理由「写真には無意識が写る」GOTO AKI
カメラバカにつける薬 in デジタルカメラマガジン「夜と明かりとペンタックス」
厳選スマホアプリ「YAMAP」
など

ページイメージ

クリックすると大きい画像でご覧いただけます

関連書籍

好評発売中

デジタルカメラマガジン 2019年9月号

徒歩10分で行ける絶景ガイド&夏空レタッチ

好評発売中

ちょっと自慢できる ヒコーキの雑学100

ヒコーキ好きのための豆知識が満載!

好評発売中

デジタルカメラマガジン 2019年7月号

2大特集&モノクロ新連載8本同時スタート!

好評発売中

デジタルカメラマガジン 2019年6月号

大人気シリーズ第3弾! 3分間フォトレタッチ

ダウンロード

本製品の読者さまを対象としたダウンロード情報はありません。

お詫びと訂正

現在のところ、本製品に正誤情報はありません。

お問い合わせ

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

お問い合わせフォーム