できる大事典 Excel VBA 2019/2016/2013&Microsoft 365対応

できる大事典 Excel VBA 2019/2016/2013&Microsoft 365対応

4,378円(本体 3,980円+税10%)

品種名
書籍
発売日
2021/3/5
ページ数
992
サイズ
B5変形判
著者
国本 温子 著/緑川 吉行 著/できるシリーズ編集部 著
ISBN
9784295010951

Excel VBAの全機能を完全網羅!

本書はVBAの基礎から応用方法まで網羅的に勉強したい人や、VBA の細かい機能まで使って業務を自動化したい人に最適の1冊です。概念や仕組みなどの基礎知識を図解を用いて丁寧に解説しつつ、各機能を使うための構文のルールや特徴を紹介した後に、実用的な使用例を紹介。使用例にはサンプルファイルが必ず付いており、コードの1行ごとに意味や処理内容を逐一説明しているため、確実に理解しながら読み進められます。さらに、クラスモジュールを利用したプログラムの作成方法や、Webスクレイピングを実行する方法など、高度な内容も解説しているため一歩先を進んだ応用的な操作をしてみたい中級者の方にもおすすめです。

「読者アンケートに答える」「読者プレゼントに応募」の場合もこちらをご利用ください。

アンケートに答える

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

学校・法人一括購入に関するお問い合わせはこちらへ。

一括購入窓口

著者紹介

国本温子(くにもと あつこ)
テクニカルライター、企業内でワープロ、パソコンなどのOA教育担当後、OfficeやVB、VBAなどのインストラクターや実務経験を経て、フリーのITライターとして書籍の執筆を中心に活動中。主な著書に『できる逆引き Excel VBAを極める勝ちワザ700 2016/2013/2010/2007対応』『できるAccessクエリ&レポート データの抽出・集計・加工に役立つ本 2019/2016/2013&Microsoft 365対応』(共著:インプレス)『手順通りに操作するだけ! Excel基本&時短ワザ[完全版]  仕事を一瞬で終わらせる 基本から応用まで 177のワザ』『Excel マクロ&VBA [実践ビジネス入門講座] [完全版]』(SBクリエイティブ)などがある。

緑川吉行(みどりかわ よしゆき)
Excelを中心とした書籍の企画・執筆・編集に携わった後、プログラマーとしてExcel VBA三昧の日々を過ごす。その後、JavaによるWebアプリケーション開発に携わり、システム開発に関するスキルを磨く。現在は、システムエンジニアやプログラマー向けの研修講師として活動する一方、ITライターとしても活動中。All Aboutにて「エクセル(Excel)の使い方」「Excel VBAの使い方」「アクセス(Access)の使い方」のガイドを担当している。2008年~2016年にマイクロソフトのMVPアワード(Excel)を受賞。

目次

第1章 マクロの基礎知識
第2章 VBAの基礎知識
第3章 プログラミングの基礎知識
第4章 セルの操作
第5章 ワークシートの操作
第6章 Excelファイルの操作
第7章 高度なファイルの操作
第8章 ウィンドウの操作
第9章 データの操作
第10章 印刷
第11章 図形の操作
第12章 グラフの操作
第13章 コントロールの使用
第14章 外部アプリケーションの操作
第15章 VBA関数
第16章 そのほかの操作

関連書籍

好評発売中

できる イラストで学ぶ 入社1年目からのExcel関数

長く役立つ関数の知識が身に付く!

好評発売中

統計学の基礎から学ぶ Excelデータ分析の全知識(できるビジネス)

好評発売中

できる 仕事がはかどるGoogle Apps Script自動処理 全部入り。

Googleアプリを思い通りに自動化しよう!

特典

本製品にはご購読の読者様がご利用できる「特典」サービスがついています。お手元に本製品を用意し、「特典を利用する」ボタンから画面の指示に従ってお進みください。

特典を利用する

ダウンロード

  • サンプルファイルは以下のリンクよりダウンロードしてご利用ください。 

    ※2021/04/20 「9-1_001.xlsm」「9-1_002.xlsm」を更新しました。

お詫びと訂正

誤記のためにご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。

  • 563ページ 引数「After」の解説文2行目
    • [誤]
      省略時は、検索範囲の左上端セルから検索が開始されます(省略可)。
    • [正]
      省略時は、検索範囲の左上端セルの次のセルから検索が開始されます(省略可)。
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 564ページ 「使用例」の本文4行目
    • [誤]
      (※記述なし)
    • [正]
      データの1件目から検索されるように検索対象となるセル範囲をF1~F10に指定します。
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 564ページ サンプルコード3行目
    • [誤]
      Set myRange = Range("F2:F10").Find(What:=Range("C13").Value, _
      LookIn:=xlValues)
    • [正]
      Set myRange = Range("F1:F10").Find(What:=Range("C13").Value, _
      LookIn:=xlValues)
    • 備考:

      サンプルファイル「9-1_001.xlsm」および紙面の表記を訂正いたします。

    • 【 第2刷にて修正 】
  • 565ページ 引数「After」の解説文2行目
    • [誤]
      省略時は、検索範囲の左上端セルから検索が開始されます(省略可)。
    • [正]
      省略時は、検索範囲の左上端セルの次のセルから検索が開始されます(省略可)。
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 566ページ 「使用例」の本文3行目
    • [誤]
      (※記述なし)
    • [正]
      データの1件目から検索されるように検索対象となるセル範囲をF1~F10に指定します。
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 566ページ サンプルコード3行目
    • [誤]
      Set srcRange = Range("F2:F10")
    • [正]
      Set srcRange = Range("F1:F10")
    • 備考:

       サンプルファイル「9-1_002.xlsm」および紙面の表記を訂正いたします。

    • 【 第2刷にて修正 】

お問い合わせ

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

お問い合わせフォーム