かくあげ先生の 発達障害・グレーゾーン 子育て 新ベストテクニック54

かくあげ先生の 発達障害・グレーゾーン 子育て 新ベストテクニック54

1,738円(本体 1,580円+税10%)

品種名
書籍
発売日
2022/1/26
ページ数
224
著者
撹上雅彦 著/撹上理恵 著
ISBN
9784295013228

「特性ある子」の子育ては観察とテクが9割

本書は、子育てに悩む親御さんに向けた「特性ある子」の子育ての悩みをスッキリ解決する手引書です。著者の撹上雅彦氏、撹上理恵氏は、広汎性発達障害と診断された息子の症状を改善させ私大付属中学校に合格に導いた経験をもち、現在では自身の経験を生かして発達障害児教育専門家として「個性ある子のための学習塾」を経営しています。自身の子育てで培った知見に加え、特性ある子の学習塾での経験に裏付けられた「具体的かつ実効性のあるテクニック」をやさしく解説した一冊です。

「読者アンケートに答える」「読者プレゼントに応募」の場合もこちらをご利用ください。

アンケートに答える

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

学校・法人一括購入に関するお問い合わせはこちらへ。

一括購入窓口

著者紹介

撹上雅彦(かくあげ・まさひこ) 
発達障害児教育専門家 
フォレストグループ顧問・フォレスト個別指導塾塾長 
群馬大学教育学部 障害児教育専攻卒。2014年に小学生の長男が自閉症スペクトラム(ASD)、注意欠陥多動性障害(ADHD)、学習障害(LD)、知的障害の一歩手前の広汎性発達障害であることが判明し、20年以上経営した学習塾を閉鎖。障害児教育の専攻経験も踏まえ、大阪医大LDセンターで研修を受けて学習アプローチを学び直し、発達障害向け放課後等デイサービスと個性ある子のための個別指導塾をオープンする。小学校低学年で漢字が書けなかった長男は、小学校在学中に英検3級に合格し、私立大学付属中学校に合格。自らの実体験に基づいた的確な指導には多くの保護者からも定評がある。 
 
撹上理恵(かくあげ・りえ) 
フォレストグループ代表 
発達障害児向け教育事業グループの代表として、放課後等デイサービスを5事業所、児童発達支援、個性ある子のための個別指導塾、算数オリンピックをめざす子のための塾を運営。小学生の長男が広汎性発達障害と判明後、専門機関の指導により栄養療法を実践。医療関係者向けオーソモレキュラー療法や医師主催の栄養療法を学び、食事の栄養バランスの変更で体質や行動を大きく改善させる。オーソモレキュラー協会代表の溝口徹医師著『発達障害は食事でよくなる』(青春出版社刊)では、改善事例として紹介され、グループ内でも栄養的アプローチを適用した改善実績がある。

目次

第1章 育児書を捨てれば、楽になる 
1 育児書を捨てれば、楽になる 
2 発達の過程を知ろう 
3 子どもの自立へのヒント 
4 生活習慣のヒント 
5 普通学級? 支援学級? 支援学校? 
6 高校受験よりも中学受験を考える 
7 高校生になったらアルバイトをしたほうがいい? 
8 子育てのゴールとは? 
 
第2章 生活習慣のコツ 
9 食べものの好き嫌いはあってよい 
10 お箸や鉛筆を上手に持たせる 
11 物にぶつからない、転ばないようにするには 
12 言葉で指示が伝わるようにする 
13 YouTubeにハマってしまったら…… 
14 ゲームにハマってしまったら…… 
15 スマホとの付き合いかた 
16 同性と関わるのが苦手な理由 
17 個性ある子の性教育 
18 みんなと同じ給食を食べられなくても大丈夫 
 
第3章 自立のコツ 
19 トイレトレーニングの方法 
20 靴を左右逆に履いてしまう 
21 1人で服を着るには 
22 1人でお風呂に入れるようにする 
 
第4章 言葉とコミュニケーションのコツ 
23 視線が合うようにする 
24 指さしができるようする 
25 発語が遅いと感じたら 
26 言葉の増やしかた 
27 言葉かけのポイント 
28 言葉をうまく話すには 
 
第5章 感情のコントロールのコツ 
29 わがままへの対処法はある 
30 次の行動への切り替えかた 
31 負けを受け入れる方法 
32 命の大切さを教えるには 
33 異性の体に触らせない方法 
34 衝動的な行動を回避させる方法 
 
第6章 学校や園生活のコツ 
35 朝の支度を早くできるようにする 
36 学校や園に行きたがらない場合 
37 友達ともっと上手に関わるようにする 
38 1人遊びばかりでも大丈夫 
39 落ち着きがなく常に歩き回る場合 
40 学校のルールに従うには 
41 人前で話すのが苦手な場合 
 
第7章 学習のコツ 
42 みんなと同じ勉強方法でなくてよい 
43 ひらがなを読めるようにする 
44 音読ができるようにする 
45 漢字を書けるようにする 
46 計算ができるようになる 
47 文章題ができるようにする 
48 学習内容をすぐに忘れる場合 
49 宿題をしない場合の対応 
50 テストでのケアレスミスを減らす 
51 英単語を書けるようにする 
52 提出物を出し忘れないようにする 
53 テストの得点をアップさせる 
54 テストで失敗しないために

ダウンロード

本製品の読者さまを対象としたダウンロード情報はありません。

お詫びと訂正

現在のところ、本製品に正誤情報はありません。

お問い合わせ

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

お問い合わせフォーム