できるExcel関数 Office 2021/2019/2016&Microsoft 365対応

できるExcel関数 Office 2021/2019/2016&Microsoft 365対応

1,738円(本体 1,580円+税10%)

品種名
書籍
発売日
2022/8/17
ページ数
304
サイズ
B5変形判
著者
尾崎 裕子 著/できるシリーズ編集部 著
ISBN
9784295015079

関数を使って業務を自在に効率化しよう!

本編は基本編と活用編の2部構成となっており、基本編では関数の基礎的な知識や操作を、活用編ではデータの集計や整形、分析など広く業務に役立つ関数を厳選して解説しています。引数の概要や、必要な前提知識、複数の使用例など、関数にまつわる情報をさまざまな角度から紹介しているため、関数の知識を自分のものにし、日々の業務に応用できます。さらに、理解を助ける画面写真や図表、イメージイラストも豊富に掲載して、読みやすさも追求しました。電話・メールサポートや練習用ファイル、YouTube動画など、特典も充実しています。

「読者アンケートに答える」「読者プレゼントに応募」の場合もこちらをご利用ください。

アンケートに答える

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

学校・法人一括購入に関するお問い合わせはこちらへ。

一括購入窓口

詳細

1122101036_01.jpg

さまざまな角度から解説しているから、業務に即活用できる!

本編は基本編と活用編の2部構成となっており、基本編では関数の基礎的な知識や操作を、活用編ではデータの集計や整形、分析など広く業務に役立つ関数を厳選して解説しています。引数の概要や、必要な前提知識、複数の使用例など、関数にまつわる情報をさまざまな角度から紹介しているため、日々の業務にすぐに役立てられます。

著者紹介

尾崎裕子(おざき ゆうこ)
プログラマーの経験を経て、コンピューター関連のインストラクターとなる。企業におけるコンピューター研修指導、資格取得指導、汎用システムのマニュアル作成などにも携わる。現在はコンピューター関連の雑誌や書籍の執筆を中心に活動中。主な著書に『テキパキこなす! ゼッタイ作業効率が上がる エクセルの時短テク121』『できるイラストで学ぶ入社1年目からのExcel関数』(インプレス)などがある。

ページイメージ

クリックすると大きい画像でご覧いただけます

目次

<基本編>
第1章 関数について知ろう
第2章 基本関数を使って表を作ろう
第3章 ビジネスに必須の関数をマスターしよう

<活用編>
第4章 データを参照・抽出する
第5章 条件に合わせてデータを集計する
第6章 データを変換・整形する
第7章 日付や時刻を自在に扱う
第8章 データを分析・予測する
第9章 表作成に役立つテクニック関数

関連書籍

好評発売中

増強改訂版 できるYouTuber式 Excel現場の教科書

実務直結のExcel技を本と動画で解説

好評発売中

生成AIをWord&Excel&PowerPoint&Outlookで自在に操る超実用VBAプログラミング術

VBAを使って生成AI「ChatGPT&DALL-E」の可能性をWord・Excel・PowerPoint・Outlookに組み込める!

好評発売中

増強改訂版 できる イラストで学ぶ 入社1年目からのExcel VBA

日々の業務を効率化!VBAを学ぶ最初の1冊

ダウンロード

  • 本書でご案内している練習用ファイルです。下記のリンクをクリックし、ダウンロードをお願いします。なお、ダウンロードしたファイルはZIP形式で圧縮されています。展開してからご利用ください

お詫びと訂正

誤記のためにご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。

  • 60ページ 使いこなしのヒント 「[関数の引数]ダイアログボックスを使わないときは」の本文3行目
    • [誤]
      手順4に進み、
    • [正]
      手順2の操作3に進み、
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 107ページ 使いこなしのヒント 「日付を和暦の表示にするには」
    • [誤]
      このレッスンの練習用ファイルでは、[和暦] の表示形式をセルF1に設定済みです。
    • [正]
      削除
    • 備考:

      練習用ファイル [L027_TODAY.xlsx] セルF1の表示形式は西暦表示にしています。

    • 【 第2刷にて修正 】
  • 137ページ 「●IFERROR関数でエラーを非表示にする」の操作1
    • [誤]
      入力済みの式を「=IFERROR(INDEX($H$4:$L$8,MATCH(B4,$G$4:$G$8,0),MATCH(C4,$G$4:$G$8,0)),"")」に修正
    • [正]
      入力済みの式を「=IFERROR(INDEX($H$4:$L$8,MATCH(B4,$G$4:$G$8,0),MATCH(C4,$H$3:$L$3,0)),"")」に修正
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 142ページ 使いこなしのヒント「自動的に複数行の結果が 表示される」
    • [誤]
      FILTER関数を入力するのは
    • [正]
      SORT関数を入力するのは
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 252ページ 「引数」[既知のx] の説明
    • [誤]
      「y=b×mx」
    • [正]
      「y=b×mx」※最後の「x」は上付き文字の「x」
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 278ページ 使用例「1行おきに数値を合計する」の式
    • [誤]
      =SUMPRODUCT(C3:C10,MOD(ROW(C3:C10,2))
    • [正]
      =SUMPRODUCT(C3:C10,MOD(ROW(C3:C10),2))
    • 備考:

      ROW関数で指定しているセル範囲「C3:C10」の「C10」後ろの括弧「)」が抜けています。

    • 【 第2刷にて修正 】
  • 278ページ 「使用例」の下の操作1
    • [誤]
      セルC11に「=SUMPRODUCT(C3:C10,MOD(ROW(C3:C10,2))」と入力
    • [正]
      セルC11に「=SUMPRODUCT(C3:C10,MOD(ROW(C3:C10),2))」と入力
    • 備考:

      ROW関数で指定しているセル範囲「C3:C10」の「C10」後ろの括弧「)」が抜けています。

    • 【 第2刷にて修正 】
  • 279ページ スキルアップ「2行おきで合計する」下から2行目
    • [誤]
      セルC1の合計は余りが2の行を合計します。
    • [正]
      セルC14の合計は余りが2の行を合計します。
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 286ページ スキルアップ「土日に異なる色を設定するには」説明文3行目
    • [誤]
      どちらもセルA3~D15です。
    • [正]
      どちらもセルA3~D14です。
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 289ページ 操作1~2
    • [誤]
      操作1 セルD6~D7をドラッグして選択
      操作2 [Ctrl] キーを押しながらセルD9をクリック
    • [正]
      操作1 セルD6~D9をドラッグして選択
      操作2 (削除)
    • 【 第2刷にて修正 】

お問い合わせ

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

お問い合わせフォーム