できるポケットExcel関数 基本&活用マスターブック Office 2021/2019/2016 & Microsoft 365対応

できるポケットExcel関数 基本&活用マスターブック Office 2021/2019/2016 & Microsoft 365対応

968円(本体 880円+税10%)

品種名
書籍
発売日
2022/10/20
ページ数
256
サイズ
B6判
著者
尾崎 裕子 著/できるシリーズ編集部 著
ISBN
9784295015369

基礎から最新まで業務に役立つ関数を網羅!

どこでも持ち運べるハンディサイズの「できるポケット」シリーズから、Excel関数の入門書が登場。「基本編」と「活用編」の二部構成で、基礎的な関数はもちろん、データの集計、整形、分析などの広く業務に役立つ関数を厳選して解説しています。できるシリーズの読者サポートサービス「できるサポート」に対応しているため、初めての人でも安心。わからない操作があったら、専門スタッフにメールや電話で質問できます。紙面と同じ操作が行える練習用ファイルで実際に操作することでさらに理解が深まります。

「読者アンケートに答える」「読者プレゼントに応募」の場合もこちらをご利用ください。

アンケートに答える

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

学校・法人一括購入に関するお問い合わせはこちらへ。

一括購入窓口

著者紹介

尾崎裕子(おざき ゆうこ)
プログラマーの経験を経て、コンピューター関連のインストラクターとなる。企業におけるコンピューター研修指導、資格取得指導、汎用システムのマニュアル作成などにも携わる。現在はコンピューター関連の雑誌や書籍の執筆を中心に活動中。主な著書に『テキパキこなす! ゼッタイ作業効率が上がる エクセルの時短テク121』『できる イラストで学ぶ 入社 1年目からの Excel関数』(インプレス)などがある。

ページイメージ

クリックすると大きい画像でご覧いただけます

目次

<基本編>
第1章 関数について知ろう
第2章 基本関数を使って表をつくろう
第3章 ビジネスに必須の関数をマスターしよう
<活用編>
第4章 データを参照・抽出する
第5章 条件に合わせてデータを集計する
第6章 データを変換・整形する
第7章 日付や時刻を自在に扱う
第8章 データを分析・予測する
第9章 表作成に役立つテクニック関数

関連書籍

好評発売中

増強改訂版 できるYouTuber式 Excel現場の教科書

実務直結のExcel技を本と動画で解説

好評発売中

生成AIをWord&Excel&PowerPoint&Outlookで自在に操る超実用VBAプログラミング術

VBAを使って生成AI「ChatGPT&DALL-E」の可能性をWord・Excel・PowerPoint・Outlookに組み込める!

好評発売中

増強改訂版 できる イラストで学ぶ 入社1年目からのExcel VBA

日々の業務を効率化!VBAを学ぶ最初の1冊

ダウンロード

  •  サンプルファイルは以下のリンクよりダウンロードしてご利用ください。

お詫びと訂正

誤記のためにご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。

  • 95ページ 「使用例」内、IF関数利用例
    • [誤]
      =IF(E3>60000,"達成",,"")
    • [正]
      =IF(E3>60000,"達成","")
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 127ページ 使いこなしのヒント「自動的に複数行の結果が表示される」内、1行目
    • [誤]
      FILTER関数を入力するのは
    • [正]
      SORT関数を入力するのは
    • 【 第3刷にて修正 】
  • 218ページ 「引数」[既知のx] の説明
    • [誤]
      「y=b×mx」
    • [正]
      「y=b×mx」※最後の「x」は上付き文字の「x」
    • 【 第3刷にて修正 】
  • 244ページ スキルアップ「土日に異なる色を設定するには」内、5行目
    • [誤]
      どちらもセルA3~D15です。
    • [正]
      どちらもセルA3~D14です。
    • 【 第3刷にて修正 】
  • 247ページ 操作1~2
    • [誤]
      操作1 セルD6~D7をドラッグして選択
      操作2 [Ctrl] キーを押しながらセルD9をクリック
    • [正]
      操作1 セルD6~D9をドラッグして選択
      操作2 (削除)
    • 【 第3刷にて修正 】

お問い合わせ

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

お問い合わせフォーム