エンジニアが知っておきたい思考の整理術 複雑な情報を【理解する】【伝える】テクニック

エンジニアが知っておきたい思考の整理術 複雑な情報を【理解する】【伝える】テクニック

2,420円(本体 2,200円+税10%)

品種名
書籍
発売日
2023/12/19
ページ数
224
サイズ
A5判
著者
開米 瑞浩 著
ISBN
9784295018292

情報を理解する・伝えるノウハウ徹底解説!

本書は、ITエンジニアが業務で得たさまざまな情報を整理して、きちんと「理解する」、そして他者にわかりやすく「伝える」ための方法――思考の整理術について解説します。業務で得た情報をうまく整理するコツを知りたい、「わかりやすい報告」を作成する方法を知りたいなど、情報整理や報告/文書作成のスキルを身につけたい方にぜひご一読いただきたい一冊です。

「読者アンケートに答える」「読者プレゼントに応募」の場合もこちらをご利用ください。

アンケートに答える

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

学校・法人一括購入に関するお問い合わせはこちらへ。

一括購入窓口

著者紹介

■開米 瑞浩(かいまい みずひろ)
1986 年東京大学理科一類に入学するも、コミュニケーションに問題を抱えメンタルを崩し中退。プログラマーを始めたもののやはり周囲とうまくコミュニケーションがとれず挫折。しかしそれらの経験をふまえて難解な技術情報の論理構造を整理し図解説明する技術の教育研修カリキュラムを開発し、2003 年から独立し企業人材教育を手がける。著書に『エンジニアのための伝わる書き方講座』(技術評論社)、『エンジニアを説明上手にする本』(翔泳社)など13冊。テクノロジー、サイエンス分野のライターや教材開発も手がける。

目次

第1章 整理されていない情報はわかりにくい
 1-1 「部下の報告書がわかりにくい」と悩む上司たち
 1-2 情報整理とは思考を整理すること
 1-3 ロジック図解は図解しないときも役に立つ
 1-4 「情報整理」とは何なのか
 1-5 報告書の添削を続けたらクオリティが向上する
 1-6 ベタ書きの文章と無分類の箇条書きには要注意!
 1-7 要約と構造化の徹底を図る
 1-8 頻出する同じパターンを応用しよう
 まとめ

第2章 長文の整理はカテゴリーとサマリーから始めよう
 2-1 すべての報告書を3行に要約せよ
 2-2 「要約」を作る鍵がカテゴリー&サマリー
 2-3 カテゴリーには具体性がなく、サマリーにはある
 2-4 サマリーの役割は未知の情報を確定させること
 2-5 文章ではカテゴリーが省略されやすい
 まとめ

第3章 複雑なつながりのある話題はグループ/パラレル/シリーズを考えよう
 3-1 複雑な情報には必ず「構造」がある
 3-2 最も単純な構造はグループ/パラレル/シリーズの3種類
 3-3 なぜ「同種情報のグループ」を見つけなければならないのか
 3-4 表形式に見えないパラレル構造
 3-5 順番を明示するシリーズ構造
 3-6 ロジック図解の基本はグループ/パラレル/シリーズ(GPS)
 まとめ

第4章 ロジカルシンキングの基本を知っておこう
 4-1 そもそもロジカルシンキングとは?
 4-2 ロジカルシンキングは効率よくハズレを引くための手法である
 4-3 ロジックツリーとMECEの基本と意義
 まとめ

第5章 「報告」系文書を整理するときのパターン
 5-1 単純な「報告」にはどんな種類の情報が含まれる?
 5-2 「結論から話す」ことができない理由とは?
 5-3 状態/トリガー/アクシデント/損害のパターン
 5-4 しくみ/事象/対処のパターン
 5-5 IAEJのパターン
 5-6 目的/方針のパターン
 まとめ 129

第6章 「企画提案」系文書を整理するときのパターン
 6-1 「企画提案」系文書の特徴
 6-2 PREPパターン
 6-3 FABEパターン
 まとめ

第7章 「教育」系文書を整理するときのパターン
 7-1 「教育」系文書に多い「条件+指示」パターン
 7-2 Case-Measureパターン
 7-3 事実/解釈/方針/影響のパターン
 まとめ

第8章 「問題解決」に役立つ情報整理の考え方
 8-1 問題解決のプロセスを考えよう
 8-2 目的/目標/方針/施策を区別する
 8-3 戦略と戦術を区別する
 8-4 問題/障害/原因を区別する
 まとめ

第9章 図解するためのビジュアルデザインの基礎知識
 9-1 図解とは絵を描くことではない
 9-2 代表的な図解手法は4種類
 9-3 アクセントカラーとメインカラーを考える
 9-4 基本のフォントの選び方
 まとめ

第10章 「文章」を仕上げるときの注意事項
 10-1 段落区切りは字下げか空行か
 10-2 同語反復は避けるべきか
 10-3 行頭インデントと行末折り返しの正しい作法
 10-4 いつでも図解が最適解なわけではない
 10-5 漢字の使いすぎと1文の長さに注意
 まとめ

関連書籍

近日発売

ホワイトハッカー入門 第2版

ホワイトハッカーを目指す人のための1冊目!

好評発売中

Go言語 100Tips ありがちなミスを把握し、実装を最適化する

生産性とコード品質を高める開発の失敗学

ダウンロード

本製品の読者さまを対象としたダウンロード情報はありません。

お詫びと訂正

現在のところ、本製品に正誤情報はありません。

お問い合わせ

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

お問い合わせフォーム