できる逆引き Excel関数を極める勝ちワザ700 2007/2003/2002/2000対応

できる逆引き Excel関数を極める勝ちワザ700 2007/2003/2002/2000対応

¥2,400+税

品種名
書籍
発売日
2009/5/1
ページ数
768P
サイズ
A5
著者
羽山博・吉川明広&できるシリーズ編集部 著
ISBN
9784844326885

具体的な「入力例」と汎用的な「関数書式」で実践で使えるワザが身に付く!

具体的な「入力例」と汎用的な「関数書式」で、すぐに実践で使えるワザがよく分かる。引数の指定方法や関数の特徴に加えて、ほかの関数を使った応用ワザや旧バージョンでの対処方法も紹介。応用力も身に付きます。
●「できる逆引き」シリーズとは…
圧倒的な情報量と実務に即したケーススタディによってパソコンやインターネットを仕事で活用するビジネスパーソンをサポートする。それが「できる逆引き」シリーズのコンセプト。累計4000万部の「できるシリーズ」クオリティーの操作解説で、さまざまな場面で生かせる知識とテクニックがスムーズに身につけられます!

「読者アンケートに答える」「読者プレゼントに応募」の場合もこちらをご利用ください。

アンケートに答える

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

学校・法人一括購入に関するお問い合わせはこちらへ。

一括購入窓口

詳細


■著者からのメッセージ
この本は、さまざまな意味で+αな本です。700というワザの数はもとより、基本的なワザでも高度な応用ワザでも、Excelの機能や関数を組み合わせて、問題を解決する方法を提案しています。また「ある方法がほかの場面でも使える」「同じ場面でもいくつかの方法が考えられる」「ちょっとした工夫で複雑な処理が簡単にできる」といった活用のヒントも数多く掲載しています。そういう意味で、単に目的から関数が引けるというありきたりの逆引き本とは一線を画す内容になっています。(まえがきより抜粋)

目次

第1章基本

関数を入力する
001関数とは[関数の基礎]
002関数の仕組み[関数の基礎]
003引数に指定できるもの[引数]
004ほかのワークシートのセルを参照する[複数のワークシート/ブックの利用]
005演算子の種類[演算子]
006演算子の優先順位[演算子]
007論理式とは[論理式]
008関数を直接入力する[関数の入力]
009関数を効率よく入力する[関数入力の効率化]
010ダイアログボックスを使って関数を入力する[関数の入力]
011目的から関数を検索する[関数の検索]
012関数ライブラリを使って関数を入力する[関数の検索]
013最近使った関数を入力する[関数入力の効率化]
014関数を組み合わせる[関数のネスト]
015入力中の数式を取り消す[入力の取り消し]

数式を修正したりコピーしたりする
016数式を削除する[数式の修正]
017セル内で数式を修正する[数式の修正]
018数式バーで数式を直接修正する[数式の修正]
019ダイアログボックスを使って数式を修正する[数式の修正]
020数式中のセル参照を修正する[数式の修正]
021数式バーの高さを変える[数式の修正]
022数式の途中で改行する[数式の整形]
023数式をコピーする[数式のコピー]
024相対参照と絶対参照を切り替える[相対参照/絶対参照]
025セル参照を固定したまま数式をコピーする[数式のコピー/絶対参照]
026セル参照の列だけ、または行だけを固定したまま数式をコピーする[複合参照]
027書式なしで数式のみをコピーする[数式のコピー]
028数式の計算結果のみをコピーする[数式のコピー]
029数式の計算結果を値に変換する[数式のコピー]

配列を利用する
030関数の引数に配列定数を指定する[配列定数]
031配列数式を利用して複数の計算を一度に実行する[配列数式]
032複数の値を返す関数を配列数式として入力する[配列数式]
033複数のセルに入力された配列数式を修正する[配列数式の修正]

表示形式を設定する
034数値に通貨記号や桁区切りの表示形式を設定する[表示形式]
035日付や時刻の表示形式を設定する[表示形式]
036書式記号を使ってオリジナルの新しい表示形式を作成する[表示形式]

条件により書式や入力制限を設定する
037数式の結果やセルの値に応じて自動的に書式を変更する(Excel 2007)[条件付き書式]
038条件に応じて入力を制限する(Excel 2007)[入力規則]
039数式の結果やセルの値に応じて自動的に書式を変更する(Excel 2003/2002/2000)[条件付き書式]
040条件に応じて入力を制限する(Excel 2003/2002/2000)[入力規則]

名前を利用する
041セル範囲に名前を付ける[名前の定義]
042表の見出しを使ってセル範囲に名前を付ける[名前の定義]
043数式の中でセル範囲の代わりに名前を利用する[名前の利用]
044定数に名前を付ける[名前の定義]
045数式の中で定数の代わりに名前を利用する[名前の利用]
046数式に名前を付ける[名前の定義]
047名前を付けた数式を利用する[名前の利用]

エラーに対処する
048エラー値の種類[エラーへの対処法]
049エラーをチェックする[エラーへの対処法]
050表示上のエラーに対処する[エラーへの対処法]
エラーに対処する(循環参照)
051循環参照に対処する[循環参照]
052循環参照を起こしているセルを探す(Excel 2007)[循環参照]
053循環参照を起こしているセルを探す(Excel 2003/2002/2000)[循環参照]

バージョンの違いに対応する
054アドインを有効にする[アドイン]
055Excelの各バージョンで利用できる関数の違い[バージョンによる違い]
056Excelの各バージョンでの仕様の違い[バージョンによる違い]
057Excelの各バージョンでの入力支援機能の違い[バージョンによる違い]
058互換機能パックをインストールする[互換性]
059Excel 2007で作成したファイルを以前の形式で保存する[互換性]


第2章 集計

数値を合計する
060売上金額の合計を求める[SUM]
061列全体を合計してレシートの金額を集計する[SUM(列全体)]
062小計と総合計を求める[SUBTOTAL]
063非表示の行を除外して合計を求める[SUBTOTAL(非表示の行を除外)]
064構成比を求める[SUM/絶対参照]
065ABC分析により商品の売れ筋を分析する[SUM/VLOOKUP]
066商品の種類ごとに売上金額を合計する[SUMIF]
067週ごとに売上金額を合計する[SUMIF/WEEKNUM]
068曜日ごとに特定品目の売上金額を合計する[SUMIFS]
069源泉徴収前の支給額のみを集計する[SUMIF/絶対参照と相対参照]
0701行おきに入力された数値の合計を求める[SUM/IF/MOD/ROW/配列数式]
071指定した色で塗りつぶされたセルのみを合計する[SUMIF/GetBackColor]
072指定した色で塗りつぶされたセルのみを合計する(配列数式)[SUMIF/TRANSPOSE/GetBackColorEx/配列数式]
073指定したセルと同じ色で塗りつぶされたセルのみを合計する[SUMIF/GetBackColor]
074指定したセルと同じ色で塗りつぶされたセルのみを合計する(配列数式)[SUM/IF/TRANSPOSE/GetBackColorEx/GetBackColor/配列数式]

数値の平均を求める
075試験結果の一覧から平均点を求める[AVERAGE]
076試験結果のすべてのデータの平均値を求める[AVERAGEA]
077平日のみの来場者数を合計する(Excel 2007)[SUMIFS]
078平日のみの平均来場者数を求める(Excel 2007)[AVERAGEIF]
079平日のみの平均来場者数を求める[SUMIF/COUNTIF]
080平日の午前中だけの平均来場者数を求める(Excel 2007)[AVERAGEIFS]
081平日の午前中だけの平均来場者数を求める[AND/SUMIF/COUNTIF]
082短期移動平均と長期移動平均を求める[AVERAGE]
083エラーとなったセルを除外して合計を求める[SUMIF]
084エラーとなったセルを除外して平均を求める[AVERAGEIF]

個数を数える
085試験結果の一覧から受験者数を求める[COUNT]
086試験結果の一覧から出願者数を求める[COUNTA]
087試験結果の一覧から試験の未登録者数を求める[COUNBLANK]
088試験の成績が60点以上の人数を求める[COUNTIF]
089試験の成績が60点以上70点未満の人数を求める(Excel 2007)[COUNTIFS]
090試験の成績が60点以上70点未満の人数を求める[COUNT/COUNTIF]
091試験の成績が60点未満または欠席の人数を求める(Excel 2007)[COUNTIF/COUNTIFS]
092試験の成績が60点未満または欠席の人数を求める[OR/COUNTIF/COUNTBLANK]

数値の積を求める
093指定した数値をすべて掛け合わせる[PRODUCT]
094指定した数値をすべて掛け合わせ、一括して合計を求める[SUMPRODUCT]

数値を丸める
095本体価格から税込表示価格を求める[INT]
096指定した桁数で数値を切り捨てる[TRUNC/ROUNDDOWN]
097指定した桁数で数値を切り上げる[ROUNDUP]
098税込金額に含まれる消費税額を求める[ROUNDDOWN]
099商品の割引価格を百円単位に揃える[ROUND]
100すべての金額の単位を一括して千円単位に変換する[ROUND/配列数式]
101出荷の迅速さを重視した出荷表を作る[CEILING]
102輸送コストの節約を重視した出荷表を作る[FLOOR]
103迅速さとコスト節約のバランスを考慮した出荷表を作る[MROUND]
104初回以外の支払額を千円単位で均等割にする[SUM/ROUNDDOWN/COUNTA]

最小値/最大値を求める
105試験結果の一覧から欠席者を除いた最高点を求める[MAX]
106試験結果の一覧から欠席者も含めた最高点を求める[MAXA]
107試験結果の一覧から欠席者を除いた最低点を求める[MIN]
108試験結果の一覧から欠席者も含めた最低点を求める[MINA]
109金額が一定の上限を超えないようにする[MIN/INT]
110金額が一定の下限を下回らないようにする[MAX]
111金額に上限と下限を設定する[MAX/MIN/INT]

値の順位を求める
112得点の一覧から第2位の得点を求める[LARGE]
113得点の一覧からブービー賞の得点を求める[SMALL]
114特定の順位の人の氏名を求める[LARGE/LOOKUP]
115得点をもとに全員の順位を求める[RANK]
116番号を飛ばさずに順位を付ける[LARGE/IF/VLOOKUP]


第3章 日付

日時を取得する
117書類に作成日を表示する[TODAY]
118書類に作成日時を表示する[NOW]

日時の一部を取り出す
119日付から年だけを取り出して表示する[YEAR]
120日付から月だけを取り出して表示する[MONTH]
121日付から日だけを取り出して表示する[DAY]
122時刻から「時」を取り出す[HOUR]
123時刻から「分」を取り出す[MINUTE]
124時刻から「秒」を取り出す[SECOND]
125曜日を表す数値を求める[WEEKDAY]
126曜日を文字列で表示する[TEXT]
127RSSに含まれる日付情報から月を表す数値を求める[MATCH/配列定数]
128過去の日付に取り消し線を引く[TODAY/条件付き書式]
129時刻によっておすすめ商品の表示を変える[HOUR/NOW/IF]
130時刻によって表の塗りつぶし色を変える[HOUR/NOW/条件付き書式]

日時をシリアル値に変換する
131年月日に分けて入力されている数値を日付に変換する[DATE]
132時分秒に分けて入力されている数値を時刻に変換する[TIME]
133文字列で入力されている日付をシリアル値に変換する[DATEVALUE]
134文字列で入力されている時刻をシリアル値に変換する[TIMEVALUE]
135日付と時刻に分けて入力されている数値をシリアル値に変換する[IF/NOW]
136空白文字が含まれた日付の文字列をシリアル値に変換する[VALUE/SUBSTITUTE]
137「20090314」という形式の日付をシリアル値に変換する[DATE/LEFT/MID/RIGHT]
138期間を表す文字列から開始日と終了日を求める[DATEVALUE/LEFT/FIND/RIGHT/LEN]
139期間を表す文字列(省略形)から開始日と終了日を求める[DATEVALUE/LEFT/RIGHT]

日時の計算を行う
140指定した年がうるう年かどうかを調べる[IF/OR/MOD/AND]
141日付により「前年度」と「今年度」の表示を切り替える[IF/MONTH]
142「45日」を「1.5カ月」に変換する[NETWORKDAYS/ROUNDUP]
143午前0時をまたぐ作業の所要時間を求める[IF]
144開始時刻から終了時刻までの時間を30分単位で求める[CEILING]
145「1時間30分」を「1.5時間」に変換する[ROUND/TIME]
146実働時間を毎時0分で区切って求める[FLOOR/IF/CEILING]
日時の書式を変更する
147日付を和暦で表示する[DATESTRING/TODAY]
148日付を和暦と西暦の両方で表示する[TEXT]
14924時間を超える時間数を表示する[TEXT/SUM]

期間の長さを求める
150文字列で入力されている開始日と終了日から所要日数を求める[DATEVALUE]
151文字列で入力されている開始時刻と終了時刻から所要時間を求める[TIMEVALUE]
152年間使用料を日割り計算する[ROUND/YEARFRAC]
153商品の受注から発送までの所要日数を求める[NETWORKDAYS]
154月末までの営業日数を求める[NETWORKDAYS/EOMONTH]
155満年齢を求める[DATEDIF]
156満年齢を月、日の単位まで求める[DATEDIF]

期日を求める
157指定した年、月、日の値だけ前、または後の日付を求める[DATE/YEAR/MONTH/DAY]
158購入製品の保証期間を求める[EDATE]
159発送日と発注準備期間をもとに商品の発送予定日を求める[WORKDAY]
160指定した日付が含まれる月の初日を求める[EOMONTH]
161指定した日付が含まれる月の日数を求める[EOMONTH]
162月の最初の営業日を求める[WORKDAY/EOMONTH]
163月の最後の営業日を求める[WORKDAY/EOMONTH]
164週の最初の営業日を求める[WORKDAY/WEEKDAY]
165週の最後の営業日を求める[WORKDAY/WEEKDAY]
166指定した日付が営業日かどうかを調べる[NETWORKDAYS]
167支払サイトをもとに取引先の月末支払日を調べる[EOMONTH]
168毎月20日締め翌月5日払いの条件で支払日を求める[EOMONTH/IF/DAY]
169支払日を休日明けの営業日にずらして求める[WORKDAY]
170支払日を休日前の営業日にずらして求める[WORKDAY]

週数を数える
171指定した日付が年初から数えて何週目かを求める[WEEKNUM]
172ISO8601方式で年初から数えて何週目かを求める[DATE/IF/WEEKDAY/WEEKNUM/YEAR]

海外の日時を求める
173海外企業の会計日数を求める[DAYS360]
174外国の現地時間を求める[TIME]
スケジュールを作成する
175週の変わり目に罫線を引く[WEEKNUM/条件付き書式][
176今週の行だけ塗りつぶす[TODAY/WEEKDAY/条件付き書式]

日付をチェックする
177最終更新日をもとにブックの保存期限が過ぎているかどうかを調べる[IF/YEAR/TODAY/GetModifyDate]
178自分で設定したブックの保存期限が過ぎているかどうかを調べる[IF/TODAY/GetExpiarationDate]
179期間に重なりがあるかどうかを調べる[MAX/MIN/IF/TEXT/DATEDIF]
180期間がつながっているかどうかを調べる[MAX/IF/NOT/TEXT/DATEDIF]

日付のリストを作る
181休日を除いた日付のリストを作る[WORKDAY]
182指定した月の休日だけの日付のリストを作る[IF/WEEKDAY]
183特定の曜日や休日のリストを表示する[IF/NOT/ISNA/VLOOKUP/WEEKDAY]
184曜日別の稼働日数を求める[NETWORKDAYS/WEEKDAY/COUNTIF]


第4章 条件

条件により処理を分岐する
185在庫数が減ってきたら発注シグナルを表示する[IF]
186在庫数によって発注シグナルの内容を変える[IF/関数のネスト]
187商品の分類番号により、取扱商品かどうかを判別する[IF/LEFT]

条件を組み合わせる
188すべての試験に合格したかどうかを調べる[AND]
189いずれかの試験に合格したかどうかを調べる[OR]

複雑な条件を取り扱う
190すべての検査値が基準範囲に収まっているかどうかを調べる[IF/MIN]
191検査結果が正常値の範囲に入っているかどうかを調べる[IF/AND]
192すべての会議に出席したかどうかを調べる[IF/AND]
193すべての科目に合格したら進級とし、いずれかの科目に合格したら仮進級とする[IF/AND/OR]
194「営業部」以外の人であるかどうかを調べる[NOT]
195「営業部の契約社員」以外の人であるかどうかを調べる[NOT/AND]

エラー処理を行う
196数式のエラーを表示しないようにする(Excel 2007)[IFERROR]
197数式のエラーを表示しないようにする[IFERROR/ISERROR]
198社員番号が見つからなかったら別の表から検索する(Excel 2007)[IF/VLOOKUP]
199社員番号が見つからなかったら別の表から検索する[IF/ISNA/VLOOKUP]

ほかのワークシートやブックを参照する
200在庫がない場合は、他店の在庫を調べる[IF]
201在庫がない場合は、ほかのブックに入力されている他店の在庫を調べる[IF]

論理関数と配列数式を利用する
202男女別に基礎代謝量を求める[IF/配列数式]
203全問正答かどうかを判定する[AND/配列数式]
204正答の数を数える[SUM/IF/配列数式]
205すべての値が同じかどうかを調べる[IF/AND/配列数式]
206すべての値のペアが同じかどうかを調べる[IF/AND/配列数式]
207すべての値が並べ替えられているかどうかを調べる[IF/AND/配列数式]

データをチェックする
208非表示になっている「0」があるかどうかを調べる[NOT/AND]
209例外的な値を強調表示する[MODE/条件付き書式]
210同じ内容のセルがいくつあるかを調べる[COUNTIF]
211同じ内容のセルに色を付ける[COUNTIF/条件付き書式]
212同じ内容のセルが何回出現したかを表示する[COUNTIF]
213同じ内容のセルが2回目以降に出現した位置に色を付ける[COUNTIF/条件付き書式]
214すでに入力された値と同じ値が入力できないようにする[COUNTIF/入力規則]

必要なデータを抽出する
215合格者だけのリストを作る[TRANSPOSE/MakeList/配列数式]


第5章 データベース

データベース関数の基本
216勘定科目が「消耗品費」である行の中で金額が入力されているセルの数を求める[DCOUNT(文字列で条件を指定)]
217勘定科目が「消耗品費」である行のうち摘要が入力されている[

セルの数を求めるDCOUNTA(文字列で条件を指定)][
218勘定科目が「消耗品費」である行の数を求める[DCOUNTA]
219身長が165cm以上の人の数を求める[DCOUNT]
220名前に「山」を含む人の数を求める[DCOUNA/ワイルドカード]
221大文字と小文字を区別して単語の個数を求める[EXACT/DCOUNTA(数式で条件を指定)]
222売上金額が2,000円以上の商品がいくつあるかを求める[DCOUNTA(数式で条件を指定)]
223商品の分類と品番の長さを条件として商品の個数を数える[AND/OR/LEFT/DCOUNTA/LEN(数式で条件を指定)]
224年齢が20歳以上で、身長が170cmより高い人の数を求める[DCOUNTA(AND条件)]
225年齢が25歳以上、または20歳未満の人の数を求める[DCOUNTA(OR条件)]
226年齢が20歳以上かつ、24歳未満の人の数を求める[DCOUNTA(同じ項目のAND条件)]
227年齢が20歳未満、または体重が50kg未満の人の数を求める[DCOUNTA(異なる項目のOR条件)]
228年齢が25歳以上30歳未満、[
または体重が50kg以上の人の数を求めるDCOUNTA(AND条件とOR条件の組合せ)][

条件を指定して数値を合計する
229区分が「通常」であるポイントの合計を求める[DSUM]
230日付が「8月1日」で、仕入先が「丸和食研」の仕入金額を合計する[DSUM(AND条件)]
231日付が「8月1日」、または仕入先が「丸和食研」の仕入金額を合計する[DSUM(OR条件)]
232品番が「04」で始まる商品の仕入金額を合計する[DSUM/ワイルドカード]
233品番に枝番のない商品の仕入金額を合計する[LEN/DSUM(数式で条件を指定)]
234金曜日に仕入れた商品の金額を合計する[WEEKDAY/DSUM(数式で条件を指定)]

条件を指定して最大値/最小値を求める
235成績一覧表から女性を検索して数学の最高点を表示する[DMAX]
236合格基準に達した人の各教科の最低点を表示する[DMIN(AND条件)]

条件を指定して平均を求める
237成績一覧表で、合格者の平均点を求める[DAVERAGE]
238成績一覧表で、上位5名の平均点を求める[LARGE/DAVERAGE]

条件を指定して検索する
239氏名が「小池」で始まる人の成績を検索する[DGET]
240成績一覧表から女性の最高点を検索して名前を表示する[DMAX/DGET]

条件を指定して積を求める
241条件に一致したグループの幾何平均を求める[DPRODUCT/DCOUNT]
242複数の割引を重複して適用した金額を求める[DPRODUCT]

分散/標準偏差を求める
243成績一覧表から男性を検索して成績の不偏分散を求める[DVAR]
244成績一覧表から男性を検索して成績の分散を求める[DVARP]
245成績一覧表から男性を検索して成績の不偏標準偏差を求める[DSTDEV]
246成績一覧表から男性を検索して成績の標準偏差を求める[DSTDEVP]


第6章 検索

表を検索する
247商品番号をもとに表を検索して価格を表示する[VLOOKUP(完全一致)]
248点数をもとに表を検索して何段階かの評価を求める[VLOOKUP(近似一致)]
249VLOOKUP関数で近似一致検索のできる表を確実に作成する[VLOOKUP(近似一致検索)]
250検索値と一致する値を横方向に検索する[HLOOKUP(完全一致)]
251検索値を超えない最大値を横方向に検索する[HLOOKUP(近似一致)]
252入力されている値の一部を使って検索する[VLOOKUP/VALUE/LEFT/LEN]
253複数のセルに入力された桁別コードで検索する[VLOOKUP/VALUE/TEXT]
254文字列の先頭から数文字で表を検索する[VLOOKUP/SJIS2Char]
255ふりがなで表を検索する[VLOOKUP/SJIS2Char]
256商品の種別ごとに分けられた表を検索する[IF/MID/VLOOKUP]
257商品の種別ごとに複数のワークシートに分けられた表を検索する[VLOOKUP/INDIRECT/MID]
258検索値が検索範囲で見つからないときにメッセージを表示する[IF/ISNA/VLOOKUP]
259ほかのワークシートにある表を検索する(Excel 2007)[IFERROR/VLOOKUP]
260ほかのワークシートにある表を検索する[IF/ISERROR/VLOOKUP]
261ほかのブックにある表を検索する(Excel 2007)[IFERROR/VLOOKUP]
262ほかのブックにある表を検索する[IF/ISERROR/VLOOKUP]
263予算内で購入できる商品を検索する[LOOKUP(ベクトル形式)]
264支店別売上集計表で支店名をもとに合計を検索する[LOOKUP(配列形式)]

値を選択する
265入力された番号によって異なる利用者区分を表示する[CHOOSE]
266入力された番号によって異なる範囲を合計する[SUM/CHOOSE]
267指定した位置までの合計を求める[SUM/CHOOSE]

行位置や列位置を求める
268基準の列位置から何列目に当たるかを求める[COLUMN]
269並べ替えても順序が変わらない明細番号を付ける[ROW]
270指定した数までの連番を自動的に作る[IF/ROW]

セルアドレスを利用する
271行位置と列位置からセルアドレスの文字列を求める[ADDRESS]
272ワークシートのセルアドレスをもとに残高を求める[ADDRESS/ROW/COLUMN]
273セルアドレスを文字列で指定して値を求める[INDIRECT]

セルを間接的に参照する
274指定した月までの累計を求める[SUM/INDIRECT]
275クラスと出席番号から成績を求める[CHOOSE/MATCH/INDIRECT]
276行と列に付けた名前で検索する[INDIRECT/参照演算子]

行と列を入れ替える
277配列の行と列の位置を入れ替える[TRANSPOSE]

行や列を検索する
278売掛残高一覧で顧客名がどの位置にあるかを求める[MATCH(完全一致)]
279売掛残高一覧で売掛残高が一定の値以上の顧客数を求める[MATCH(検索値以上の最小値)]
280合格点未満の人数を調べる[MATCH(検索値以下の最大値)]
281プロジェクトの残り日数を求める[COLUMNS/MATCH]
282スケジュールの進捗率を求める[COUNTA/ROWS]
283並べ替えをせずに検査値以下の最大値を求める[IF/MAX]
284並べ替えをせずに検査値以上の最小値を求める[IF/MIN]
285商品のモデルが入力されているセルの行位置と列位置を求める[MATCH/ROW]
286商品のモデルが入力されているセルのアドレスを求める[ADDRESS]
287商品のモデルによって検索の開始位置を変える[VLOOKUP/VALUE/RIGHT/LEN/INDIRECT]
288検索値以上の最小値を探す[IF/ISNA/INDEX/MATCH]

配列の要素を取り出す
289複数の領域に入力された表を検索して送料を計算する[INDEX(セル参照形式)]
290配列定数で指定された会員種別と割引率を検索する[INDEX(配列形式)]
291複数の会員種別と割引率を検索する[INDEX/配列数式]
292縦に並んだ配列から任意の要素を取り出す[INDEX/TREND]
293横に並んだ配列から任意の要素を取り出す[INDEX/SplitString]
294行の見出しと列の見出しで検索する[INDEX/MATCH]
295データを1行おきに表示する[IF/ISODD/ROW/INDEX/INT]
296氏名を何回か繰り返して表示する[INDEX/INT/ROW]
297胸囲とウエストサイズから体型早見表を作る[IF/LOOKUP/INDEX/MATCH]
298ペアを作る(Excel 2007)[IFERROR/INDEX/ROW]
299ペアを作る[IF/ISERROR/INDEX/ROW]
300トリオを作る(Excel 2007)[IFERROR/INDEX/ROW]
301トリオを作る[IF/ISERROR/INDEX/ROW]
302複数列に入力された名簿を1列にまとめる[ROWS/INDEX/MOD/INT]
303全員から0人、1人、2人……と選ぶ組み合わせをすべて表示する[IF/MID/INDEX]

セルやセル範囲の参照を利用する
304月と業種の番号から季節指数を求める[OFFSET]
305業種の番号から12カ月分の季節指数をすべて求める[OFFSET]
306セルの値とセル参照の違いを確実に理解するための表を作る[CELL/VLOOKUP/OFFSET]
307指定した「時」に発車するすべての列車を表示する[OFFSET/配列数式]
308指定した時刻以前で一番近い時刻に発車する列車を調べる[HLOOKUP/OFFSET/IF/ISNA]
309表の最終行にある合計金額を取り出す[OFFSET/COUNT]
310指定した月の売上合計を求める[SUM/OFFSET]
311リストの項目がいくつであっても入力規則のリストに表示できるようにする[OFFSET/COUNTA/入力規則]
312セルの値によって異なる入力規則を適用する[OFFSET/COUNTA/入力規則]

ハイパーリンクを活用する
313ExcelからWebページを表示する[HYPERLINK]
314複数ページにわたるアンケートを採る[IF/COUNTBLANK/HYPERLINK]

ピボットテーブルを活用する
315ピボットテーブルから行や列の合計を取り出す[GETPIVOTDATA(Excel 2007/2003/2002)]
316ピボットテーブルの行と列が交差する位置のデータを取り出す[GETPIVOTDATA(Excel 2007/2003/2002)]
317ピボットテーブルからデータを取り出す[GETPIVOTDATA(Excel 2000)]


第7章 文字列

文字数や行数を調べる
318文字列の文字数を求める[LEN]
319文字列のバイト数を求める[LENB]
320文字列に含まれている全角文字や半角文字の個数を求める[LEN/LENB]
321セル内の行数を求める[LEN/CLEAN]
322セル内の行数を正確に求める[CHAR/CountKeyString]

文字列の一部を利用する
323文字列の左端から何文字かを取り出す[LEFT/LEFTB]
324文字列の右端から何文字かを取り出す[RIGHT/RIGHTB]
325文字列の中から何文字かを取り出す[MID/MIDB]
326住所から都道府県名を取り出す[IF/OR/MID/LEFT/配列数式]
327住所から都道府県名を除いた市区町村名以下を取り出す[IF/OR/MID/配列数式]
328フルネームのイニシャルを求める[MID/FIND/GetInitialLetter]
329文字列を1文字ずつ別々のセルに分割して表示する[MID/COLUMN]
330数値を桁ごとに分け、その和を求める[MID/COLUMN/SUM/IF/ISERROR/VALUE]
331必須項目がすべて入力されているかどうかを調べる[IF/OR/RIGHT/配列数式]

文字列を検索する
332文字列の位置を調べる[FIND]
333特定の文字までの文字列を取り出す[LEFT/FIND]
334特定の文字以降の文字列を取り出す[RIGHT/LEN/FIND]
335特定の文字から特定の文字までを取り出す[FIND/MID]
336かっこ内の文字列だけを取り出す[MID/FIND]
337パターンに一致する文字列の位置を調べる[SEARCH]

文字列を置換する
338特定の文字列を別の文字列に置き換える[SUBSTITUTE]
339文字列から特定の文字列を削除する[SUBSTITUTE]
340複数の文字列を一度に置き換える[SUBSTITUTE]
341文字列に含まれるすべての空白文字を削除する[SUBSTITUTE]
342文字列に含まれる余計な空白文字を削除する[TRIM]
343文字列に含まれる句読点の後で自動的に改行する[SUBSTITUTE/CHAR]
344「うち数」を取り出す[SUBSTITUTE/GetValue]
345セルに含まれている特定の文字列の個数を求める[LEN/SUBSTITUTE]
346複数のセルに含まれている特定の文字列の個数を求める[SUM/LEN/SUBSTITUTE/配列数式]
347検索した文字列の位置から指定文字数分だけ置き換える[REPLACE/FIND]
348文字列の途中に別の文字列を挿入する[IF/RIGHT/REPLACE]
349名前の並びから特定の名前を削除する[SUBSTITUTE/TRIM]
350全体の予定表から個人の行動予定を抽出する[IF/ISNUMBER/FIND]

ふりがなを取り出す
351文字列が入力されているセルのふりがなを取り出す[PHONETIC]
352ふりがなに含まれる余計な空白文字を削除する[TRIM/PHONETIC]
353複数のセルに設定されているふりがなを連結して取り出す[PHONETIC]
354五十音順の見出しを付ける[LEFT/PHONETIC/EXACT/条件付き書式]

文字コードを取り扱う
355文字位置を指定して文字コードを調べる[CODE/MID]
356複数の文字列の間に改行文字を挿入する[CHAR]
357検査項目に1つでも「C」があれば総合判定を「C」とする[CHAR/MAX/CODE]
358全角の英数字やカタカナを半角に変換する[ASC]
359半角の英数字やカタカナを全角に変換する[JIS]
360全角と半角が混在した文字列をWebページで使えるようにする[JIS/ToNarrowAlphaNumeric]

文字列を連結する
361複数のセルの内容を結合して1つのセルに表示する[CONCATENATE]
362複数のセルの内容をカンマで区切って1つのセルに表示する[CONCATENATE]
363複数のセルの内容を複数行にして1つのセルに表示する[CONCATENATE/CHAR]

表示形式を変換する
364数値に表示形式を設定して文字列と連結する[TEXT]
365大文字と小文字を変換する[UPPER/LOWER/PROPER]
366英字表記の名前を名簿記載形式に変換する[UPPER/MID/FIND/LEFT]
367数値に\記号や$記号を付ける[YEN/DOLLAR]
368数値に桁区切り記号と小数点を付ける[FIXED]
369数値を漢数字の文字列に変換する[NUMBERSTRING]
370数値をローマ数字の文字列に変換する[LOWER/ROMAN]

文字列を繰り返し表示する
371点数に応じて「★」の数で評価を表示する[REPT]
37210点=「★」、5点=「☆」として評価を表示する[REPT/ROUND/MOD]
373特定の地名が所在地に含まれる顧客名を取り出す[COUNTIF/REPT]
374項目名とページ番号を一定の幅に割り付けた索引を作る[REPT/LENB]
375HTMLの表のCOLSPANの値を求める[LCM/REPT]

文字列操作の応用
376単語テストを作る[EXACT]
377シャッフルクイズを作る[INDEX/ShuffleString]
378ランダムなパスワードを作る[MID/RANDBETEWEN/LEN]
379指定された単語の長さだけ伏せ字にする[REPT/LEN/異なるワークシートの利用]
380ハングマンゲーム(単語当てゲーム)を作成する[ExclusiveSubstitute/MergeString]


第8章 数学

数値を偶数や奇数に切り上げる
381指定した数値に最も近い偶数や奇数を求める[EVEN/ODD]
382項目ごとのページ数をもとに全体のページ数を求める[EVEN]

商や余りを求める
383数値を割ったときの余りを求める[MOD]
384数値を割ったときの商を求める[QUOTIENT]
385セルの値が整数であるかどうかを調べる[IF/MOD/INT]
386当直ローテーション表を作成する[MOD/COUNTIF]
387人数にできるだけ偏りが出ないようにグループ分けする[IF/ROW/QUOTIENT/MOD]
388先頭からの位置をもとに列番号と行番号を求める[MOD/QUOTIENT]
389特定の値の倍数だけが入力できるようにする[MOD/入力規制]

最大公約数や最小公倍数を求める
390最大公約数を求める[GCD]
391最小公倍数を求める[LCM]
392小数を可能な限り正確に分数化する[GCD]
393同じ相手と当番になる次回の日付を求める[LCM]

符号を調べる
3942点間の距離を求める[ABS]
395試合の勝ち点を求める[SIGN]

平方根を利用する
396三辺の長さから三角形の面積を求める[SQRT]
397線分を黄金分割する[SQRT]
398線分を白銀分割する[SQRT]

順列や組み合わせの数を求める
399社長、専務、常務を選ぶ方法が何通りあるかを求める[PERMUT]
400役員を選ぶ方法が何通りあるかを求める[COMBIN]
4011着と2着の馬番号の順列を求めて「馬単」馬券の当選確率を求める[PERMUT]
4021着と2着の馬番号の組み合わせを求めて「馬連」馬券の当選確率を求める[COMBIN]
403メンバーを並べ替える方法が何通りあるかを求める[FACT]
404グループの中に同じ誕生日のペアが1組以上いる確率を求める[COMBIN]

行列を取り扱う
405行列の積を求める[MMULT/配列数式]
4062次元アフィン変換を施す[MMULT/配列数式]
407つるかめ算(二元一次連立方程式)を解く[IF/MDETERM/MINVERSE/MMULT/配列数式]
408行列式を利用して平行四辺形の面積を求める[ABS/MDETERM]

乱数を利用する
409一覧表の項目をランダムに並べ替える[RAND]

進数の変換と利用
41010進数からn進数に変換する[QUOTIENT/MOD/IF/MID]
411n進数から10進数に変換する[LEN/LEFT/RIGHT/IF/ISNUMBER/CODE/POWER]
412n進数m桁の最大値を求める[POWER]
41316進数のカラーコードを10進数のRGB値に変換する[MID/HEX2DEC]
41410進数のRGB値を16進数のカラーコードに変換する[DEC2HEX/&演算子]
415BGR形式の色を16進数のカラーコードに変換する[INT/MOD]
416数値を2進数に変換して各桁を取り出す[DEC2BIN/VALUE/MID]

三角関数を利用する
417度とラジアンの値を変換する[RADIANS/DEGREES]
418正弦(sin)の値を求める[SIN]
419余弦(cos)の値を求める[COS]
420正接(tan)の値を求める[TAN]
421媒質Aに対する媒質Bの屈折率を求める[SIN/RADIANS]

各種関数のグラフを描く
422サイクロイド曲線を描く[SIN/COS]
423外サイクロイド曲線を描く[SIN/COS]
424内サイクロイド曲線を描く[SIN/COS]
425トロコイド曲線を描く[SIN/COS]
426外トロコイド曲線を描く[SIN/COS]
427内トロコイド曲線を描く[SIN/COS]
428アステロイド曲線を描く[SIN/COS]
429らせんを描く[SIN/COS]
430リサージュ曲線を描く[SIN]
431カテナリー曲線を描く[COSH]
432レムニスケート曲線を描く[SIN/COS]

アステロイドの数式の利用
433通路を通れる棒の長さを求める[POWER]

近似値計算やシミュレーションをする
434モンテカルロ法を使って円周率を求める[RAND/IF]
435関数を微分する[SIN]
436関数を積分する[POWER/SUM]
437フーリエ級数を使って矩形波を描く[PI/SIN/SUM]
438セルオートマトンを利用して模様を描く[DEC2BIN/VALUE/MID/VLOOKUP]

複素数を利用する
439実部と虚部から複素数を作成する[COMPLEX]
440複素数の実部を求める[IMREAL]
441複素数の虚部を求める[IMAGINARY]
442共役複素数を求める[IMCONJUGATE]
443複素数の絶対値を求める[IMABS]
444複素数の偏角を求める[IMARGUMENT]
445複素数の和を求める[IMSUM]
446複素数の差を求める[IMSUB]
447複素数の積を求める[IMPRODUCT]
448複素数の商を求める[IMDIV]
449複素数の積を利用してベクトルを回転させる[COMPLEX/IMPRODUCT]


第9章 財務

ローンや積立貯蓄の計算をする
450ローンの返済額を求める[PMT]
451積立貯蓄の払込額を求める[PMT]
452ローンの返済額の元金相当分を求める[PPMT]
453ローンの返済額の元金相当分の累計を求める[CUMPRINC]
454ローンの返済額の金利相当分を求める[IPMT]
455ローンの返済額の金利相当分の累計を求める[CUMIPMT]
456元金均等返済額の金利相当分を求める[ISPMT]
457元利均等返済ローンのシミュレーションをする[PMT]
458積立貯蓄のシミュレーションをする[PMT]
459元利均等返済のローンの返済表を作成する[PPMT/IPMT/PMT]
460元金均等返済ローンの返済表を作成する[ISPMT]
461ローンの借入可能額を求める[PV]
462積立貯蓄の頭金を求める[PV]
463積立貯蓄の満期受取額を求める[FV]
464定期預金の満期受取額を求める[FV]
465外貨預金の損益シミュレーションをする[FV]
466利率が変動する預金の満期額を求める[FVSCHEDULE]
467ローンの返済期間を求める[NPER]
468積立貯蓄の払込期間を求める[NPER]
469繰り上げ返済で短縮された期間を求める[CUMPRINC/PMT]
470繰り上げ返済で低減された支払額を求める[CUMPRINC/PMT]
471ローンの利率を求める[RATE]
472積立貯蓄の利率を求める[RATE]
473実効年利率を求める[EFECT]
474名目年利率を求める[
キャッシュフローに関する計算をする
475定期的なキャッシュフローから正味現在価値を求める[NPV]
476定期的なキャッシュフローから正味現在価値を求める(初期投資が期首)[NPV]
477不定期なキャッシュフローから正味現在価値を求める[XNPV]
478定期的なキャッシュフローから内部利益率を求める[IRR]
479不定期なキャッシュフローから内部利益率を求める[XIRR]
480定期的なキャッシュフローから修正内部利益率を求める[MIRR]

定期利付債に関する計算をする
481定期利付債の利回りを求める[YIELD]
482定期利付債の現在価格を求める[PRICE]
483定期利付債の経過利息を求める[ACCRINT]
484受渡日の直前の利払日を求める[COUPPCD]
485受渡日の直後の利払日を求める[COUPNCD]
486受渡日から満期日の利払回数を求める[COUPNUM]
487直前の利払日から受渡日までの日数を求める[COUPDAYBS]
488受渡日から次回の利払日までの日数を求める[COUPDAYSNC]
489受渡日が含まれる利払期間の日数を求める[COUPDAYS]
490定期利付債の利払日の一覧表を作成する[COUPNCD]
491定期利付債の利払日情報をすべて求める[VLOOKUP/COUPPCD]
492定期利付債のデュレーションを求める[DURATION]
493定期利付債の修正デュレーションを求める[MDURATION]
494利回りが変化したときの現在価格の変化率を求める[MDURATION]
495最初の利払期間が半端な定期利付債の利回りを求める[ODDFYIELD]
496最初の利払期間が半端な定期利付債の現在価格を求める[ODDFPRICE]
497最後の利払期間が半端な定期利付債の利回りを求める[ODDFYIELD]
498最後の利払期間が半端な定期利付債の現在価格を求める[ODDLPRICE]

満期利付債に関する計算をする
499満期利付債の利回りを求める[YIELDMAT]
500満期利付債の現在価格を求める[PRICEMAT]
501満期利付債の経過利息を求める[ACCRINTM]
割引債に関する計算をする
502割引債の年利回りを求める[YIELDDISC]
503全額投資された証券の利率を求める[INTRATE]
504割引債の複利利回りを求める[YEARFRAC]
505割引債の満期日受取額を求める[RECEIVED]
506割引債の現在価格を求める[PRICEDISC]
507割引債の割引率を求める[DISC]

減価償却費を求める
508定額法(旧定額法)で減価償却費を求める[SLN]
509定額法(新定額法)で減価償却費を求める[SLN]
510定率法(旧定率法)で減価償却費を求める[DB]
511定率法(新定率法)で償却保証額を下回ったかどうかを調べる[INT]
512定率法(新定率法)で減価償却費を求める[INDEX/COUNTIF/IF]


第10章 統計

度数分布表を作成する
513区間に含まれる値の個数を求め、度数分布表を作る[FREQUENCY/配列数式]
514度数分布表の階級の数を決める[LOG10]

代表値を求める
515最高点と最低点を除外して平均値を求める[SUM/MAX/MIN/COUNT]
516かけ離れた値を除外して平均値を求める[STDEV/AVERAGEIFS]
517上下何%かの数値を除いて平均を表示する[TRIMMEAN]
518利率が変動する定期預金の平均利率を相乗平均によって求める[GEOMEAN]
519複数の窓口のチケット平均販売速度を調和平均によって求める[HARMEAN]
520施設の月間利用者一覧から、利用回数の中央値を求める[MEDIAN]
521施設の月間利用者一覧から、利用回数の最頻値を求める[MODE]

分散や標準偏差を求める
522テストの結果をもとに不偏分散の値を求める[VAR]
523研修の利用回数をもとに未利用者を含めた不偏分散の値を求める[VARA]
524テストの結果をもとに分散の値を求める[VARP]
525研修の利用回数をもとに未利用者を含めた分散の値を求める[VARPA]
526テストの結果をもとに不偏標準偏差の値を求める[STDEV]
527研修の利用回数をもとに未利用者を含めた普遍標準偏差の値を求める[STDEVA]
528テストの結果をもとに標準偏差の値を求める[STDEVP]
529研修の利用回数をもとに未利用者を含めた標準偏差の値を求める[STDEVPA]
530テストの結果をもとに平均偏差を求める[AVEDEV]
531テストの結果をもとに変動を求める[DEVSQ]

順位や位置を求める
532テストの結果をもとに上位10%に入るための点数を求める[PERCENTILE]
533テストの結果をもとに下から4分の1の位置にある点数を求める[QUARTILE]
534テストの結果をもとに100%中での順位を調べる[PERCENTRANK]
535合格最低ラインのセルに塗りつぶし色を設定する[PERCENTILE/AND]

分布の形を調べる
536得点の分布に偏りがあるかどうかを調べる[SKEW]
537得点分布が平均値の近くに集中しているかどうかを調べる[KURT]

値を標準化する
538平均値と標準偏差をもとに標準化変量を求める[STANDARDIZE]

回帰分析による予測をする
539過去の売上データをもとに来年の売上金額を予測する[FORECAST]
540過去の売上データをもとに今後3年間の売上を予測する[TREND/配列数式]
541重回帰分析により来年の売上金額を予測する[TREND]
542過去の売上データをもとに平均的な伸び率を求める[SLOPE]
543高度と気温をもとに海抜3000メートルの気温を予測する[INTERCEPT]
544幅を持たせた予測をする[FORECAST/STDEV]
545高度と気温をもとに海抜3000メートルの気温と気温の降下率を求める[LINEST/配列数式]
546イベントと広告の回数、売上データをもとに重回帰分析を行う[LINEST/配列数式]
547過去の売上をもとに回帰直線の当てはまりの良さを求める[RSQ]
548回帰直線の当てはまりの良さを検定する[FDIST]
549回帰直線の係数の有効性を検定する[TDIST/ABS]
550指数回帰曲線を使って会員数を予測する[GROWTH/配列数式]
551会員数の推移をもとに指数回帰曲線の定数と底を求める[LOGEST/配列数式]
552会員数の推移をもとに指数回帰曲線の定数と底、補正項を求める[LOGEST/配列数式]

変量の関連を調べる
553気温とビールの売上本数をもとに相関係数を求める[CORREL/PEARSON]
554気温とそれに対応するビールの売上本数の共分散を調べる[COVAR]
555相関係数が特定の値より大きいかどうかを検定する[SQRT/FISHER/NORMSDIST]
556相関があるかどうかを検定する[PEARSON/SQRT/TDIST]

各種分布のグラフを描く
557二項分布のグラフを描く[BINOMDIST]
558負の二項分布のグラフを描く[NEGBINOMDIST]
559超幾何分布のグラフを描く[HYPGEOMDIST]
560ポアソン分布のグラフを描く[POISSON]
561正規分布のグラフを描く[NORMDIST]
562対数正規分布のグラフを描く[SQRT/PI/EXP/LN/LOGNORMDIST]
563カイ二乗分布のグラフを描く[EXP/GAMMALN]
564t分布のグラフを描く[SQRT/EXP/GAMMALN]
565F分布のグラフを描く[EXP/GAMMALN]
566指数分布のグラフを描く[EXPONDIST]
567ガンマ分布のグラフを描く[GAMMADIST]
568ベータ分布のグラフを描く[BETADIST]
569ワイブル分布のグラフを描く[WEIBULL]

確率を求めたり、統計的検定を行う
570テストの結果をもとに母集団の信頼区間を調べる[CONFIDENCE]
571二項分布を利用して来客中の何組かが子ども連れである確率を求める[BINOMDIST]
572二項分布の逆関数により来客の半数が子ども連れであるのは何組までかを求める[CRITBINOM]
573負の二項分布を利用し、子ども連れでない客が何組か来店する確率を求める[NEGBINOMDIST]
574超幾何学分布を利用して既婚者が何人かいる確率を求める[HYPGEOMDIST]
575ポアソン分布を利用してウイルスに感染している人が何人かいる確率を求める[POISSON]
576正規分布を利用して80点以上の人の割合を求める[NORMDIST]
577正規分布の逆関数を利用し、上位10%に入るための点数を求める[NORMINV]
578カイ二乗分布を利用して母分散が小さくなったかどうかを検定する[CHIDIST]
579カイ二乗分布の逆関数を利用して母分散が小さくなったかどうかを検定する[CHIINV]
580カイ二乗分布を利用して適合性の検定を行う[CHITEST]
581カイ二乗分布を利用して独立性の検定を行う[CHITEST]
582超幾何分布を使ってFisherの直接確率計算法による検定を行う[HYPGEOMDIST]
583t分布の片側確率や両側確率、逆関数の値を求める[TDIST]
584対応のあるデータの平均値の差を検定する[TTEST(対応のあるデータ)]
585母分散が等しい場合の平均値の差を検定する[TTEST(母分散が等しい場合)]
586母分散が等しくない場合の平均値の差を検定する[TTEST(母分散が等しくない場合)]
587平均値が特定の値と等しいかどうかを検定する[ZTEST]
588母分散が未知の場合に平均値が特定の値と等しいかどうかを検定する[SQRT/COUNT/TDIST]
589F分布の上側確率や下側確率、逆関数の値を求める[FDIST]
590分散に差があるかどうかを検定する[FTEST]
591トンプソンの棄却検定により、かけ離れた値があるかどうかを調べる[SQRT/TDIST]
592指数分布を利用して一定時間内に車が到着する確率を求める[EXPONDIST]
593ガンマ分布を利用して一定時間内に何人か以内の顧客が到着する確率を求める[GAMMADIST]
594ガンマ分布の逆関数により、一定時間内に到着する顧客が何人までであるかを求める[GAMMAINV]
595ベータ分布を利用してプロジェクトの進捗率を求める[BETADIST]
596ベータ分布の逆関数を利用してプロジェクトが半分終わる週を求める[BETAINV]
597ワイブル分布を利用して機械の一定期間後の故障率を求める[WEIBULL]


第11章 情報

エラー値を利用する
598欠値があっても折れ線グラフをつなぐ[NA]

空白のセルかどうかを調べる
599セルに入場者数が入力されているかどうかを調べる[ISBLANK]
600入場者数が未入力のときは累計を表示しないようにする[IF/ISBLANK]
601入力されていない値があるときに合計が求められないようにする[IF/ISBLANK/NA]

データの種類を調べる
602セルに文字列が入力されているかどうか調べる[ISTEXT]
603セルの内容が文字列か数値かによってメッセージを変える[IF/ISTEXT]
604セルに文字列以外が入力されているかどうか調べる[ISNONTEXT]
605セルに数値が入力されているかどうかを調べる[ISNUMBER]
606身長が正しく入力されていたら標準体重を算出するようにする[IF/ISNUMBER]
607偶数ナンバーの車がどれぐらい進入しているかを調べる[ISEVEN/COUNTIF/COUNTA]
608偶数ナンバーが入力されているセルを目立たせる[ISEVEN/条件付き書式]
609偶数月に支払う公共料金の備忘録を作る[IF/ISEVEN/WORKDAY/DATE]
610サイコロの目に見立てた数値が奇数かどうかを調べる[RANDBETWEEN/IF/ISODD]
611車検の年であるかどうかを確認できる備忘録を作る[IF/ISODD]
612指定したデータの種類を調べる[TYPE/配列数式]

エラーかどうかを調べる
613セルの値がエラー値かどうかを調べる[ISERROR]
614セルの値が[#N/A]かどうかを調べる[ISNA]
615セルの値が[#N/A]以外のエラー値かどうかを調べる[ISERR]
616検索時のエラー値により表示を変える[IF/ISERR/ISNA]
617指定した名前がセルを参照するかどうかを調べる[ISREF]

エラーの種類を調べる
618エラーの種類を詳細に調べる[ERRORTYPE]
619エラーの種類により表示するメッセージを変える[LOOKUP/ERROR.TYPE]

セルに関する情報を得る
620セル参照を表す文字列などのセルに関する情報を得る[CELL]
621表示形式がほかと異なるセルがあるかどうかを調べる[CELL]
622中央揃えのセルに背景色を自動的に設定する[CELL/条件付き書式]

操作環境に関する情報を取得する
623ブックを開くフォルダのパス名を調べる[INFO]
624Excelのバージョンによる入力可能範囲の違いを表示する[IF/INFO]


第12章 ユーザー定義

ユーザー定義関数を作成する
625ユーザー定義関数を作成する[GetBmi]
626作成したユーザー定義関数を利用する[GetBmi]
627配列を返す関数を作る[GetMatrix]
628参照を返す関数を作る[GetReference]
629省略可能な引数を指定する[GetBmi]
630自動再計算されるユーザー定義関数を作る[GetTimeV/GetTime]

操作環境についての情報を取得する
631ユーザー名を表示する[GetUserName]
632会社名を表示する[GetOrganizationName]
633ユーザー設定リストの内容を取り出す[GetCustomList]
634間違えやすいつづりを調べる[GetErrorString]

セルやセル範囲の各種情報を取得する
635セルにふりがなが設定されているかどうかを調べる[GetPhoneticsCount]
636ふりがなを1つずつ取り出す[GetPhonetics]
637文字列のふりがな候補を表示する[MakePhonetics]
638セルの塗りつぶし色のカラーコードを求める[GetBackColor]
639セルの塗りつぶし色のカラーコードを配列で求める[GetBackColorEx]
640セルの塗りつぶし色のインデックスを求める[GetBackColorIndex]
641指定した色で塗りつぶされたセルのみ合計する[SumBackColored]
642指定したセルと同じ色で塗りつぶされたセルのみ合計する[SumBackColoredSame]
643フォントに関するさまざまな情報を得る[GetFontColor/GetFontName/IsItalic]
644セルの列幅をポイント単位で求める[GetColumnWidth]
645セルに入力されている数式を表示する[GetFormula]
646文字列として入力された数式を評価して計算する[Eval]
647空白のセルを詰めて名前の一覧を作る[MakeList]
648何番目かに見つかった検索文字列の位置を返す[MatchEx]
649複数のセルの文字列を連結する[ConcatenateEx]
650ワークシートの印刷範囲を求める[GetPrintArea]
651セルが指定された範囲に含まれているかどうかを調べる[Contains]
652セルが印刷範囲に含まれているかどうかを調べる[GetActivePrintRange]
653ワークシートの印刷範囲にだけ書式を設定する[Contains/GetActivePrintRange]
654ワークシートで利用されているセルの範囲を求める[GetUsedRange]
655ワークシートで利用されているセルの最終列を求める[GetUsedRangeRight]
656ワークシートで利用されているセルの最終行を求める[GetUsedRangeBottom]
657指定したセル範囲のアドレスを文字列で返す[GetAddressString]
658現在のワークシートのコメント数を求める[GetCommentsCount]
659セルに設定されているコメントの文字列全体を取り出す[GetCommentText]
660セルに設定されているコメントの作成者を取り出す[GetCommentAuthor]

ブックの情報を得る
661ブックの作成日時を表示する[GetCreateDate]
662ブックの更新日時を表示する[GetModifyDate]
663自分で設定したブックの保存期限を調べる[GetExpirationDate]
664現在のワークシート名を表示する[GetActiveSheetName]

システムに関する情報を得る
665Excel 2003以前でもIFERROR関数が使えるようにする[IfErrorEX]
666パソコンを起動してからの時間を求める[GetWindowsTick]
667パソコンに接続されているドライブの数を求める[GetDrivesCount]
668ドライブ文字をすべて求める[GetDrivesLetter]
669ドライブの空きスペースを表示する[GetFreeSpace]
670フォルダ内のファイルの数を求める[GetFilesCount]

数値の計算や換算を行う
671ファイル名の一覧を作成する[GetFilesName]
672銀行型の丸め処理を使って数値を整数化する[GetCInt/GetCLng]
673文字列を可能な限り数値に変換する[GetValue]
674インチをポイントに変換する[Inch2Point]
675ポイントをインチに変換する[Point2Inch]
676センチメートルをポイントに変換する[Centi2Point]
677ポイントをセンチメートルに変換する[Point2Centi]

文字列を処理する
678文字列を指定した文字数で改行する[Fold]
679文字コードをもとに文字を求める(ShiftJIS)[SJIS2Char]
680文字コードから文字を求める(Unicode)[Unicode2Char]
681文字コードを求める(ShiftJIS)[Char2SJIS]
682文字コードを求める(Unicode)[Char2Unicode]
683文字列をひらがなに変換する[ToHiragana]
684文字列をカタカナに変換する[ToKatakana]
685全角の英数字と英記号だけを半角に変換する[ToNarrowAlphaNumeric]
686文字列を区切り文字で分割する[SplitString]
687文字列の先頭の空白文字だけを削除する[TrimLeft]
688文字列の末尾の空白文字だけを削除する[TrimRight]
689文字列の先頭と末尾の空白文字だけを削除する[TrimLR]
690文字列の中に特定の文字列が何回出てくるかを数える[CountKeyString]
691文字列がパターンに一致するかどうかを調べる[ComparePattern]
692文字列をシャッフルしてアナグラムを作る[ShuffleString]
693英字のイニシャルを求める[GetInitialLetter]
694指定された文字以外を、特定の文字に置き換える[ExclusiveSubstitute]
695異なる文字を組み合わせる[MergeString]

Webサービスを利用する
696Webサービスにアクセスして天気予報を表示する[GetWeatherFromRss]

静的変数を利用する
697再計算のたびにセルの値を1ずつ増やしていく[CountRecalc]
698累計の過程を逐一表示する[Accumulate]
699再計算のたびに行方向にセル範囲を1つずつ増やす[ExpandRangeR/ExpandRangeC]

数値計算をする
700ルンゲクッタ法により常微分方程式の数値計算をする[RungeKutta]

関連書籍

近日発売

世界一やさしい エクセル ワード 2019/Microsoft 365対応

2大人気ビジネスアプリが1冊に!

好評発売中

時短しながらミス撲滅 Excel無敵のルール(できるビジネス)

Excel効率化のカギは「ルール」にあった!

好評発売中

世界一やさしい エクセル ワード パワーポイント 2019/Office365対応

ダウンロード

ダウンロードファイル(一括&分割)

  • 『できる逆引き Excel関数を極める勝ちワザ700 2007/2003/2002/2000対応』用サンプルファイル(zipファイル一括)ダウンロード
    ダウンロードはこちら
  • 章ごとに分割されたサンプルダウンロードは以下リンク先ページよりご利用ください。

    http://dekiru.impress.co.jp/books/information/2009/2688/index.htm#download

  • 第9章 ワザ512のサンプルファイルに誤りがありましたため、修正したファイルに差替え作業を行いました。(2011/3/7)謹んでお詫び申し上げます。

お詫びと訂正

誤記のためにご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。

  • 342ページ ワザ309 解説(4行目)
    • [誤]
      COUNT関数を使って明細の行数を教え、
    • [正]
      COUNT関数を使って明細の行数を数え、
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 471ページ ワザ436「ポイント」解説(2行目)
  • 548ページ ワザ512 画面数値に誤りがありました
    • [誤]
      セルH14の数式は「=G14+H13」、値は「479,897」
      セルI14の数式は「=$A$3-H14」、値は「20,103」
      セルG15の数式は「=I14-1」、値は「20,102」
      セルH15の数式は「=G15+H14」、値は「499,999」
    • [正]
      セルH14の数式は「=G14+D13」、値は「478,625」
      セルI14の数式は「=$A$3-H14」、値は「21,375」
      セルG15の数式は「=E14-1」、値は「28,578」
      セルH15の数式は「=G15+D14」、値は「499,999」
    • 備考:

      ワザ512サンプルファイル

    • 【 第4刷にて修正 】

お問い合わせ

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

お問い合わせフォーム