徹底攻略Oracle認定JavaプログラマSE 5/6教科書

徹底攻略Oracle認定JavaプログラマSE 5/6教科書

¥3,680+税

品種名
書籍
発売日
2011/9/9
ページ数
568P
サイズ
A5判
著者
須澤秀人/後藤裕乃 著 ソキウス・ジャパン 編
ISBN
9784844330806

OCJ-P対策の教科書!Java SE5/6 両対応。基礎から実践まで徹底解説

Javaプログラマの登竜門であるOracle認定Javaプログラマ試験の最新バージョン試験「Javaプログラマ SE6」および「SE5」試験(OCJ-P)の合格を目指す方向けの対策教科書です。1章から読み進めることで体系的にJavaを学ぶことができ、しかも独学でも合格レベルに到達できるような構成となっています。著者はOCJ-P試験に精通していますので、試験の頻出事項や受験者がよく間違えるポイントはより丁寧に解説されています。なお、本書は既刊「徹底攻略Java2プログラマ教科書Platform5.0/6.0対応」から、Oracle認定に伴う略称や試験番号の変更などに対応した改訂版となります。

「読者アンケートに答える」「読者プレゼントに応募」の場合もこちらをご利用ください。

アンケートに答える

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

学校・法人一括購入に関するお問い合わせはこちらへ。

一括購入窓口

目次

目次

まえがき
Oracle認定Javaプログラマについて
本書の活用方法

第1章 Java言語の基礎
1-1 プログラムの記述と実行手順
1-2 ソースファイル
1-3 パッケージ宣言
1-4 インポート宣言
1-5 クラス、メソッド、インタフェース、列挙型の定義
1-6 javacコマンドの利用
1-7 javaコマンドの利用
1-8 JARファイルの利用
1-9 演習問題
1-10 解答

第2章 データ型と変数
2-1 予約語
2-2 識別子
2-3 データ型
2-4 リテラル
2-5 変数の利用
2-6 メンバ変数の初期化
2-7 ローカル変数の明示的な初期化
2-8 暗黙の型変換
2-9 定数
2-10 演習問題
2-11 解答

第3章 演算子
3-1 演算子とオペランド
3-2 単項演算子
3-3 算術演算子
3-4 文字列結合演算子
3-5 ビット演算子
3-6 関係演算子
3-7 論理演算子
3-8 三項演算子
3-9 代入演算子
3-10 複合代入演算子
3-11 演習問題
3-12 解答

第4章 参照型変数と配列
4-1 インスタンスの作成と利用
4-2 参照型変数と演算子
4-3 Stringクラスの利用
4-4 配列
4-5 参照型の型変換
4-6 列挙型
4-7 メソッドの引数のデータ型
4-8 可変長引数
4-9 演習問題
4-10 解答

第5章 制御文
5-1 if文
5-2 switch文
5-3 while文
5-4 for文
5-5 拡張for文
5-6 ラベルと繰り返しのネスティング
5-7 演習問題
5-8 解答

第6章 オブジェクト指向コンテンツ
6-1 オブジェクト指向
6-2 インスタンスの生成と破棄
6-3 静的メンバの利用
6-4 継承
6-5 カプセル化
6-6 ポリモフィズム
6-7 演習問題
6-8 解答

第7章 例外とアサーション
7-1 例外の概念
7-2 例外と継承
7-3 アサーション
7-4 演習問題
7-5 解答

第8章 インナークラス
8-1 インナークラス
8-2 非staticなインナークラス
8-3 staticなインナークラス
8-4 メソッドローカルなインナークラス
8-5 無名クラス
8-6 演習問題
8-7 解答

第9章 APIコンテンツ
9-1 StringとStringBuilder、StringBuffer
9-2 ラッパークラスとautoboxing/unboxing
9-3 ロケールと通貨、数値、日付
9-4 文字列の解析と書式化
9-5 演習問題
9-6 解答

第10章 入出力
10-1 ファイル操作
10-2 入出力(ReaderとWriter)とストリーム(Stream)
10-3 入出力の種類
10-4 Consoleクラスの利用
10-5 オブジェクトと直列化
10-6 演習問題
10-7 解答

第11章 並行性
11-1 スレッドの生成(ThreadクラスとRunnableインタフェース)
11-2 スレッドの状態
11-3 オブジェクトのロック
11-4 waitメソッド、notifyメソッド、notifyAllメソッド
11-5 演習問題
11-6 解答

第12章 コレクション
12-1 コレクションの種類
12-2 equalsメソッドとhashCodeメソッド
12-3 コレクションの要素の取り出し(Iterator)
12-4 コレクションの操作(Collections)と配列の操作(Arrays)
12-5 ソートと検索
12-6 演習問題
12-7 解答

第13章 ジェネリックス
13-1 ジェネリックスの利用
13-2 ジェネリックスの制限とワイルドカード
13-3 ジェネリックスの宣言
13-4 ジェネリックスの使用例
13-5 演習問題
13-6 解答

索引

関連書籍

好評発売中

徹底攻略Java SE 11 Silver問題集[1Z0-815]対応

新試験「OCJP Silver SE 11」に完全対応!

好評発売中

2週間でJava SE Bronzeの基礎が学べる本

はじめてJava試験に挑戦する人は必携!

好評発売中

徹底攻略Java SE 8 Gold問題集[1Z0-809]対応

教科書を超えた解説!1Z0-809に完全対応!

好評発売中

徹底攻略 Java SE 8 Silver問題集[1Z0-808]対応

Java SE 8 Silver取得を目指すなら必携の1冊!

ダウンロード

本製品の読者さまを対象としたダウンロード情報はありません。

お詫びと訂正

誤記のためにご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。

  • 47ページ 4行目
    • [誤]
      abcディレクトリがカレントディレクトリの場合です。
    • [正]
      abcの1つ上のディレクトリがカレントディレクトリの場合です。
    • 【 第3刷にて修正 】
  • 59ページ 演習問題、問5の選択肢BおよびC
    • [誤]
      B. java -cp ./lib;./abc Start
      C. java -cp ./lib/SubClasses.jar;. abc.Start
    • [正]
      B. java -cp ./lib:./abc Start
      C. java -cp ./lib/SubClasses.jar:. abc.Start
    • 備考:

      複数のクラスパスを指定する際、その区切りの記号に「;」(セミコロン)を使用していますが、問題文はUNIX形式での出題ですので「:」(コロン)が正しい区切り記号です。

      なお、Windowsではセミコロンで区切ります。

    • 【 第3刷にて修正 】
  • 60ページ 解答5、解説の7行目
    • [誤]
      …最後にある「;」を削除すると…
    • [正]
      …最後にある「:」を削除すると…
    • 備考:

      セミコロン「;」ではなくコロン「:」です。

    • 【 第3刷にて修正 】
  • 67ページ 【基本データ型の種類】のintの値の範囲
    • [誤]
      以下をご覧ください。
    • [正]
    • 備考:

      誤:-231~-231-1

      正:-231~-231-1

    • 【 第3刷にて修正 】
  • 71ページ 4行目および5行目
    • [誤]
      ・30071
      ・30071lまたは30071L
    • [正]
      ・030071
      ・030071lまたは030071L
    • 備考:

      8進数の先頭の0が抜けていました。

       

       

    • 【 第2刷にて修正 】
  • 76ページ 【実行結果】
    • [誤]
      > java Sample2_4
      100
      200
    • [正]
      > java Sample2_4
      100
      200
      100
    • 【 第3刷にて修正 】
  • 97ページ 4~6行目
    • [誤]
      ① 右辺「b+10」を演算(100+10)
      ② 右辺の演算結果の値110を変数dに代入(d=110)
      ③ 変数bに1を加算し、bに代入
    • [正]
      ① 変数bの値(100)を一時的な変数に退避(temp=100)
      ②bに1を加算(bの値は101)
      ③temp+10を演算(100+10)
      ④③の演算結果を変数dに代入
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 111ページ 3-7
    • [誤]
      ■AND演算子(&&)
      論理和演算子ともいいます。
    • [正]
      ■AND演算子(&&)
      論理積演算子ともいいます。
    • 備考:

      論理和と論理積が逆になっていました。

    • 【 第3刷にて修正 】
  • 111ページ 3-7 論理演算子
    • [誤]
      ■OR演算子(||)
      論理積演算子ともいいます。
    • [正]
      ■OR演算子(||)
      論理和演算子ともいいます。
    • 備考:

       

      論理和と論理積が逆になっていました。

    • 【 第3刷にて修正 】
  • 111ページ 3-7 論理演算子
    • [誤]
      論理演算子は3つありますが、そのうち否定演算子(!)は単項演算子で、論理和(&&)、論理積(||)の演算子は二項演算子です。
    • [正]
      論理演算子は3つありますが、そのうち否定演算子(!)は単項演算子で、論理積(&&)、論理和(||)の演算子は二項演算子です。
    • 備考:

      論理和と論理積が逆になっていました。

    • 【 第3刷にて修正 】
  • 167ページ 上から11行目
    • [誤]
      次のプログラムで作成する配列型変数dは、…
    • [正]
      次のプログラムで作成する配列型変数aは、…
    • 【 第3刷にて修正 】
  • 174ページ ページ下部の【実行結果】
    • [誤]
      >javac Sample…
    • [正]
      >java Sample…
    • 備考:

      Javacコマンドではなく、Javaコマンドが正しい記述でした(計3箇所)。

    • 【 第3刷にて修正 】
  • 175ページ 4-8「可変長引数」の下3行目
    • [誤]
      …で指定した引数の数(仮引数)より少ない引数(実引数)で…
    • [正]
      …で指定した引数の数(実引数)より少ない引数(仮引数)で…
    • 備考:

      実引数と仮引数が逆になっていました。

    • 【 第3刷にて修正 】
  • 175ページ 「■可変長引数とは」の下2~3行目
    • [誤]
      ただし、可変長の実引数は1つのメソッドの中で1回しか使えません。また実引数が複数ある場合は、…
    • [正]
      ただし、可変長の仮引数は1つのメソッドの中で1回しか使えません。また仮引数が複数ある場合は、…
    • 備考:

      実引数と仮引数が逆になっていました。

    • 【 第3刷にて修正 】
  • 175ページ ●可変長引数の書式(引数が複数の場合)
    • [誤]
      メソッド名(引数の型 変数名, 引数名... 配列名){....}
    • [正]
      メソッド名(引数の型 引数名, 引数の型... 配列名){....}
    • 【 第3刷にて修正 】
  • 190ページ 最終行
    • [誤]
      結局MARCHの場合と同様、「Season」を表示します。
    • [正]
      結局MARCHの場合と同様、「Season1」を表示します。
    • 【 第3刷にて修正 】
  • 203ページ Sample5_10.java
    • [誤]
      }
      //②
      System.out.printf("%2d ",count);
      }
      System.out.println(); ←改行する
    • [正]
      }
      System.out.printf("%2d ",count);
      }
      //②
      System.out.println(); ←改行する
    • 【 第3刷にて修正 】
  • 257ページ 6-6「ポリモフィズム」の下2行目
    • [誤]
      …定義し、利用することをポリモフィズムや
    • [正]
      …定義し、利用することでポリモフィズムや
    • 【 第3刷にて修正 】
  • 259ページ 本文、下から2行目
    • [誤]
      次のプログラムは、①、②の箇所で…
    • [正]
      次のプログラムは、①の箇所で…
    • 備考:

      ②の箇所はありません。

      お詫びの上、訂正させていただきます。

    • 【 第2刷にて修正 】
  • 276ページ 2行目
    • [誤]
      import mypackage.utility;
    • [正]
      import mypackage.utility.MyClassA;
      もしくは import mypackage.utility.*;
    • 【 第3刷にて修正 】
  • 296ページ プログラムリスト、下から5行目のコメント
    • [誤]
      // 非チェック例外のサブクラスを指定(非チェック例外の記述は任意)
    • [正]
      // チェック例外のサブクラスを指定(チェック例外の記述は任意)
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 330ページ 1行目
    • [誤]
      ■外部クラスのローカル変数の利用
    • [正]
      ■外部メソッドのローカル変数の利用
    • 【 第3刷にて修正 】
  • 330ページ Sample8_12.javaの4行目、および11~13行目
    • [誤]
      String hobby = "釣り"; //外部クラスのローカル変数
                  (中略)
      //System.out.println(age); //外部クラスの引数は利用不可
      //System.out.println(hobby); //外部クラスのローカル変数は利用不可
      //System.out.println(score); //外部クラスの定数は利用可
    • [正]
      String hobby = "釣り"; //外部メソッドのローカル変数
                  (中略)
      //System.out.println(age); //外部メソッドの引数は利用不可
      //System.out.println(hobby); //外部メソッドのローカル変数は利用不可
      //System.out.println(score); //外部メソッドの定数は利用可
    • 備考:

      「クラス」でなく「メソッド」が正しい記述になります。

    • 【 第3刷にて修正 】
  • 336ページ Sample8_16.javaの18行目
    • [誤]
      //System.out.println(age); //外部クラスの引数にはアクセスできない
    • [正]
      //System.out.println(age); //外部メソッドの引数にはアクセスできない
    • 備考:

      「クラス」でなく「メソッド」が正しい記述になります。

    • 【 第3刷にて修正 】
  • 343ページ 問題3のソースコード、6行目
    • [誤]
      };
    • [正]
      }
    • 備考:

       } のあとのセミコロンは不要です。

    • 【 第3刷にて修正 】
  • 344ページ 問題4のソースコード、7~8行目
    • [誤]
          };
         };
    • [正]
          }
         }
    • 備考:

      } のあとのセミコロンは不要です。

    • 【 第3刷にて修正 】
  • 350ページ 表【Stringに固有のメソッド】のstartsWithメソッドの概要
    • [誤]
      …終わりの文字列を判定するendWithメソッドもある
    • [正]
      …終わりの文字列を判定するendsWithメソッドもある
    • 備考:

      誤:endWith

      正:endsWith

    • 【 第2刷にて修正 】
  • 392ページ 実行結果の下1行目
    • [誤]
      プログラムの実行により、C:\Lesson\Sample10_2ディレクトリが作成されました。
    • [正]
      プログラムの実行により、C:\Lesson10\Sample10_2ディレクトリが作成されました。
    • 備考:

      誤:C:¥Lesson¥…

      正:C:¥Lesson10¥…

       

    • 【 第3刷にて修正 】
  • 392ページ 【実行結果(コマンドラインに指定したディレクトリがどちらも存在しな場合)】の最終行コメント
    • [誤]
      ←ディレクトリ内にファイルが存在する場合、削除は失敗
    • [正]
      ←ディレクトリ名の変更により、削除するディレクトリがなくなり失敗
    • 【 第3刷にて修正 】
  • 432ページ 下から2行目
    • [誤]
      Sample10_13.javaでは例外処理はメソッド内で行わずに…
    • [正]
      Sample10_14.javaでは例外処理はメソッド内で行わずに…
    • 備考:

      誤:Sample10_13

      正:Sample10_14

    • 【 第3刷にて修正 】
  • 434ページ 演習問題の問3、プログラムリスト
    • [誤]
      public static void main(String[] args){
      String tmp = "Hello! How are you?";
      File file = new File(args[0]);
      try {
    • [正]
      import java.io.*;
      public static void main(String[] args){
      String tmp = "Hello! How are you?";
      File file = new File(args[0]);
      try {
    • 備考:

      プログラムリストの先頭に以下のimport文が抜けていました。
      import java.io.*;

    • 【 第2刷にて修正 】
  • 502ページ 【Collectionsクラスのメソッド】の表内、copyメソッドの説明
    • [誤]
      destリストをsrcリストにコピーする
    • [正]
      srcリストをdestリストにコピーする
    • 備考:

      srcとdestが逆でした。

    • 【 第3刷にて修正 】
  • 516ページ 下から7行目
    • [誤]
      forEntryメソッドの戻り値は、…
    • [正]
      floorEntryメソッドの戻り値は、…
    • 備考:

      誤:forEntry

      正:floorEntry

    • 【 第3刷にて修正 】
  • 541ページ Sample13_8.javaの注釈
    • [誤]
      指定できるのは、<Banana>、<Fruit>、<Object>の3つ。
    • [正]
      指定できるのは、<Banana>、<Fruit>の2つ。
    • 【 第3刷にて修正 】

お問い合わせ

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

お問い合わせフォーム