徹底比較! Google Apps&Office 365 -情報基盤移行の鍵を握るクラウド選び 2013年版-

徹底比較! Google Apps&Office 365 -情報基盤移行の鍵を握るクラウド選び 2013年版-

¥1,800+税

品種名
書籍
発売日
2013/6/7
ページ数
112
サイズ
B5判
著者
清水 理史 著/株式会社インサイトイメージ 著/鹿屋 兼一(NKSJリスクマネジメント(株)) 著
ISBN
9784844334095

クラウド化のメリットと効果、ITインフラのクラウド移行ガイド、情報系クラウドの2大サービスの違いを徹底比較!

最近のIT分野での重要キーワード「クラウドコンピューティング」。現在では、企業の重要な情報基盤であるメールや情報共有の分野にまで急速に普及が拡大してきている。多くの企業がクラウドの採用を検討し、導入に踏み切った背景にはどのような理由があるのだろうか。メールや情報共有の基盤となるグループウェア型のクラウドサービス、「Google Apps」と「Office 365」について、導入のメリット、移行方法や使い勝手の面での両サービスの違い、導入した企業の生の声など、サービス選びのヒントとなるポイントを紹介していく。

「読者アンケートに答える」「読者プレゼントに応募」の場合もこちらをご利用ください。

アンケートに答える

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

学校・法人一括購入に関するお問い合わせはこちらへ。

一括購入窓口

詳細

■ページイメージ(クリックすると大きな画像でご覧いただけます)

目次

なぜ「情報基盤のクラウド化」は有効なのか
Google AppsとOffice 365の歩みを振り返る
ケース別 企業が抱える情報基盤の課題をクラウドサービスで解決する
クラウド移行事例(1) Lotus NotesからOffice 365への移行
クラウド移行事例(2) ホスティングサービスからGoogle Appsへの移行
2 大クラウドサービス比較の基準となる10の視点
徹底比較(1) 環境移行や運用管理、コンプライアンス対応を比較する
徹底比較(2) メール・カレンダー・情報共有・オンライン会議の使い勝手を比較する
徹底比較(3) オフィスアプリケーションの使い勝手を比較する
徹底比較(4) スマートフォン環境での使い方を比較する
クラウド移行事例(3) Office 365で情報共有をスムーズに
クラウド移行事例(4) Google Appsでワークフローを実現
オンプレミスサーバーとクラウドサービスエンタープライズ環境におけるリスクマネジメント考
最適な「情報基盤のクラウド化」を実現するためのポイントを見極める
付録1:主な取扱代理店
付録2:システム要件
付録3:Google Apps for BusinessおよびOffice 365の機能比較、料金プラン一覧
付録4:SharePoint Online、Lync Online の機能一覧

関連書籍

好評発売中

世界一やさしい エクセル ワード パワーポイント 2019/Office365対応

好評発売中

できる Word思い通り 全部入り。イライラ解消!わかればスッキリ!

最初にしっかり理解して、あとで楽しよう!

好評発売中

できるポケット Word&Excel 困った!&便利技356 Office 365/2019/2016/2013対応

好評発売中

世界一やさしいワード 2019

文書作成のキホンをあっさりマスター!

ダウンロード

本製品の読者さまを対象としたダウンロード情報はありません。

お詫びと訂正

現在のところ、本製品に正誤情報はありません。

お問い合わせ

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

お問い合わせフォーム