会社をつくれば自由になれる 中年起業という提案(しごとのわ)

会社をつくれば自由になれる 中年起業という提案(しごとのわ)

¥1,600+税

品種名
書籍
発売日
2018/1/19
ページ数
232
サイズ
四六判
著者
竹田 茂 著
ISBN
9784295003021

42歳から54歳の皆さま、長く・楽しく・安全に働きませんか?

人生100年時代かつ超高齢化社会に突入しつつある日本では、60歳以降も働き続けることが当たり前になっていきます。いまの会社で、あなたは65歳、70歳を過ぎても働き続けられるでしょうか? そのような拝啓から本書は、体力と知力(経験値)の掛け合わせがピークとなる42歳から54歳までに会社をつくる「中年起業」を提案します。起業というとリスクとモチベーションが必須のイメージですが、中年起業はローリスクかつ負けない零細企業を目指します。これからの働き方を見直す一助に、または長く楽しく働くための手引きとしてご覧ください。

「読者アンケートに答える」「読者プレゼントに応募」の場合もこちらをご利用ください。

アンケートに答える

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

学校・法人一括購入に関するお問い合わせはこちらへ。

一括購入窓口

詳細

メディア掲載情報

2018/02/18:東洋経済オンライン「中年でも「安全に起業」するための条件7つ」にて紹介されました

著者紹介

竹田茂/たけだ・しげる
1960年生まれ。新潟県上越市出身。日経BP社にてBizTech(現在のnikkeibp.net)の立ち上げを皮切りに同社の様々なインターネット事業の企画・開発業務を統括、「日経ビジネスオンライン」など主要ビジネスメディアや様々な実験的メディアをプロデュース後、2004年にスタイル株式会社を設立。およそ年に1本のペースで主にB2B分野にフォーカスしたWebメディアを創刊・運営。早稲田大学大学院国際情報通信研究科非常勤講師(1997~2003年)、編著に『ネットコミュニティビジネス入門』(日経BP社、2003年)など。
起業したくない人の起業術について情報を発信している「42/54」プロジェクトも主催。

42/54(よんにいごおよん)とは
「42歳のときに起業し、曲がりなりにも10年以上健全に経営、第三者増資などは眼中になく、従業員が増えることもなく、良くも悪くも会社の規模は少しも大きくなっていない、但し(様々な資本に対する)裁量権はほぼ100%確保している」という共通の経験をもつ、著者、田邊俊雅、北野 勝康の3人が中心となり、似たような立場で起業しようとする人を支援するプロジェクト。
https://42-54.jp/

目次

はじめに
第1章 企業は基本的に学校である
第2章 起業したほうがいい人、しないほうがいい人
第3章 勝つのではなく負けない零細企業を目指す
第4章 「ヒト・モノ・カネ」より、「人間関係・経験・健康」
第5章 中年起業の財布事情
第6章 ポスト資本主義時代の起業基準
第7章 定年企業の場合
おわりに
参考文献

関連書籍

近日発売

おカネの教室 僕らがおかしなクラブで学んだ秘密(しごとのわ)

現役経済記者が娘に贈った、笑いと涙の経済青春小説!

好評発売中

おとなのための創造力開発ドリル 「まだないもの」を思いつく24のトレーニング

ダウンロード

本製品の読者さまを対象としたダウンロード情報はありません。

お詫びと訂正

現在のところ、本製品に正誤情報はありません。

お問い合わせ

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

お問い合わせフォーム