ゲーム制作者になるための3Dグラフィックス技術 改訂3版

ゲーム制作者になるための3Dグラフィックス技術 改訂3版

¥4,000+税

品種名
書籍
発売日
2019/12/20
ページ数
456
サイズ
B5変形判
著者
西川 善司 著
ISBN
9784295007869

ゲーム3Dグラフィックス基礎知識の総まとめ

ゲーム制作者を目指す人は必携の3DCG基礎知識解説書!2013年に刊行の同『増補改訂版(第2版)』をさらに改訂!2013年以降のゲームグラフィックス技術情報も網羅。新規追加章「トゥーン・シェーディング」では、今注目のテレビアニメ調表現技術を解説!ゲーム制作現場で必須となる3Dグラフィックスの基礎知識から、実際のゲームで実装されている様々な技術の概要までを、この1冊で広く学べます。実際のゲーム画面や開発画面・図版を多数掲載しており、開発初心者の人や学生でも分かりやすく解説しています。

「読者アンケートに答える」「読者プレゼントに応募」の場合もこちらをご利用ください。

アンケートに答える

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

学校・法人一括購入に関するお問い合わせはこちらへ。

一括購入窓口

著者紹介

西川 善司(にしかわ・ぜんじ)

テクニカルジャーナリスト。東京工芸大学特別講師(現職)および工学院大学特任教授(2020年4月より)。PC、ゲーム機、映像デバイス、自動車のハードウェア技術動向のほか、ゲーム開発、AI・ディープラーニングなどのソフトウェア関連技術の記事執筆を手掛ける。2005年よりマイクロソフト Most Valuable Professional AwardのEntertainment-XNA/Xbox/DirectX部門を15年連続受賞。
著書にインプレス刊『3Dゲームファンのためのグラフィックス講座』(単著)、『VRコンテンツ開発ガイド 2017』(共著)などがある。また、インプレスWatch、4Gamer.netなどで多数のWEB記事を連載中。

目次

Chapter 1 リアルタイム3Dグラフィックス技術の進化の系譜

Chapter 2 3Dグラフィックスの概念とレンダリングパイプライン

Chapter 3 微細凹凸表現の基本形「法線マップ」とその進化形

Chapter 4 動的影生成の主流「デプスシャドウ技法」とその進化形

Chapter 5 ジオメトリシェーダとは何か

Chapter 6 DirectX 11のテッセレーション

Chapter 7 HDRレンダリング

Chapter 8 水面表現の仕組み

Chapter 9 人肌表現の仕組み

Chapter 10 大局照明技術

Chapter 11 トゥーン・シェーディング

関連書籍

好評発売中

スラスラ読めるUnityふりがなKidsプログラミング ゲームを作りながら楽しく学ぼう!

好評発売中

VRを気軽に体験 モバイルVRコンテンツを作ろう!(Think IT Books)

最新版のUnity 2017を使ったVRコンテンツの作り方が分かる!

好評発売中

Unity 5 ゲーム開発はじめの一歩(Think IT Books)

ゲームを開発しながらUnity 5の基本操作と機能がわかる!

ダウンロード

本製品の読者さまを対象としたダウンロード情報はありません。

お詫びと訂正

誤記のためにご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。

  • 20ページ 下から5行目
    • [誤]
      ・・・(Unfied Shader Architecture)を・・・
    • [正]
      ・・・(Unified Shader Architecture)を・・・

お問い合わせ

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

お問い合わせフォーム