海外ドローン市場注目企業の最新動向2020

海外ドローン市場注目企業の最新動向2020

¥95,000+税

品種名
書籍
発売日
2020/2/6
ページ数
160
サイズ
A4判
著者
田中亘 著/野々下裕子 著/春原久徳 著/インプレス総合研究所 著
ISBN
9784295008248

海外企業28社の先進的サービスや最新事例、ビジネスモデルを解説

本書は、世界のドローン業界の最新動向について、海外注目企業28社の解説を中心にまとめたレポートです。海外のドローン企業が提供するサービスの詳細や最新事例、ビジネスモデルを掲載しています。ドローンを活用したサービスを提供する企業や自社でドローンを活用する企業、ドローンの導入を検討している企業などが、海外の先進的な活用事例やビジネスを参考にすることで、事業戦略立案のアイデアやヒントが得られます。

「読者アンケートに答える」「読者プレゼントに応募」の場合もこちらをご利用ください。

アンケートに答える

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

学校・法人一括購入に関するお問い合わせはこちらへ。

一括購入窓口

目次

第1章 海外ドローン市場に関する主要トピックス
1.1 ドローンの定義と分類
1.1.1 本書で取り扱う「ドローン」の定義
1.1.2 ドローンの分類
1.1.3 民生用(ホビー用)と業務用
1.1.4 回転翼と固定翼、VTOL
1.1.5 水中ドローン
1.2 ドローンビジネスに関わるプレイヤー
1.2.1 ハードウェア
1.2.2 サービス提供事業者
1.2.3 ソフトウェア/クラウドサービス
1.2.4 周辺サービス
1.3 海外ドローン市場における注目トピックス
1.3.1 ドローンの世界市場規模は141億ドル(2018年)から、431億ドル(2024年)へ拡大
1.3.2 米国の産業用ドローンの機体台数は83.5万台(2023年,FAA)、昨年度予測を上回る
1.3.3 米国のホビー用ドローン台数は139万台(2021年,FAA)、昨年度予測をはるかに下回る
1.3.4 水中ドローンの市場は52億ドル市場へと成長(2022年)
1.3.5 ドローンを活用した農業市場は約15億ドルに(2023年)
1.3.6 Eコマースで利用される配送ドローンは220万台へ(2025年)
1.3.7 アンチドローン(カウンタードローン)市場が急成長
1.3.8 エアモビリティの世界市場規模は1兆5000億ドル(2040年)
1.3.9 米国でAmazonが新型の自律型ドローンを発表しPrime Air実現に向けて動き出す
1.3.10 Skydio、AIによる自律飛行を実現した革新的なドローンが日本上陸
1.3.11 インテル、CEO交代がもたらしたドローン事業の縮小
1.3.12 Microsoft、Iotのエッジ端末としてドローンへ開発支援
1.3.13 DJIに吹く米国での向かい風
1.3.14 軍事目的の採用が加速する海外製ドローン
1.3.15 海外のドローンを取り巻く規制
1.3.16 ドローン産業の発展には1:20ルール実現とBVLOSに関する各種規制の緩和が不可欠
第2章 注目すべき海外先進企業の動向
2.1 農業
2.1.1 概況
2.1.2 MicaSense
2.1.3 Delair
2.1.4 XAG
2.1.5 Hemav
2.1.6 PrecisionHawk
2.2 点検
2.2.1 概況
2.2.2 Aerodyne
2.2.3 Sky-Futures
2.2.4 Cyberhawk
2.2.5 Sitemark
2.2.6 DroneBase
2.2.7 Interactive Aerial
2.2.8 Raptor Maps
2.2.9 SkySpecs
2.2.10 PRENAV
2.2.11 5x5 Technologies
2.3 物流
2.3.1 概況
2.3.2 Flytrex
2.3.3 Flirtey
2.3.4 Drone Delivery Canada
2.3.5 Zipline
2.3.6 Wing Aviation
2.4 エアモビリティ
2.4.1 概況
2.4.2 Volocopter
2.4.3 Airbus
2.4.4 EHang
2.4.5 kittyhawk
2.5 アンチドローン
2.5.1 概況
2.5.2 DroneShield
2.5.3 MyDefence
2.5.4 Dedrone
2.6 公共
2.7 その他
2.7.1 Firmatek

特典

本製品にはご購読の読者様がご利用できる「特典」サービスがついています。お手元に本製品を用意し、「特典を利用する」ボタンから画面の指示に従ってお進みください。

特典を利用する

ダウンロード

本製品の読者さまを対象としたダウンロード情報はありません。

お詫びと訂正

現在のところ、本製品に正誤情報はありません。

お問い合わせ

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

お問い合わせフォーム