脱炭素経営のための企業・自治体向け技術トレンド2024-2025 [押さえておくべきVPP、マイクログリッド]

脱炭素経営のための企業・自治体向け技術トレンド2024-2025 [押さえておくべきVPP、マイクログリッド]

104,500円(本体 95,000円+税10%)

品種名
書籍
発売日
2024/4/30
ページ数
150
サイズ
A4判
著者
奥瀬 俊哉 著/インプレスSmartGridニューズレター編集部 著
ISBN
9784295018926

脱炭素実現のための具体策がわかる!

2050年カーボンニュートラル実現に向けて、2030年度までに「世界の再エネ設備容量を3倍」「エネルギー効率を2倍」がCOP28で合意された。一方、国際サステナビリティ基準審議会は2023年6月に温室効果ガスのスコープ3排出量開示の義務化を公表し、日本でも、早くて2026年3月期から有価証券報告書でスコープ3を含むサステナビリティ情報開示が義務化される見通し。企業や自治体は、再エネやEV、蓄電池などを活用した脱炭素システムの実現が喫緊の課題となってきた。本書では、脱炭素実現のために押さえておくべき技術や事例をレポートする。

「読者アンケートに答える」「読者プレゼントに応募」の場合もこちらをご利用ください。

アンケートに答える

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

学校・法人一括購入に関するお問い合わせはこちらへ。

一括購入窓口

著者紹介

奥瀬 俊哉(おくせ としや)  
株式会社セカンドフェイズ 事業企画担当(IoT,エネルギー,シェアリング)  1986年~富士通(株)にてISDN-TAやISDN、パソコンLAN(IEEE 802.3)向けの通信カード、通信モジュールの商品企画、営業技術を担当。1999年~(株)ACCESSにてNTT Lモード端末向けブラウザの商品企画、事業推進を担当。2005年~(株)フラクタリストを経て、2008年~(株)メイクウェーブ・ジャパン 代表取締役に就任。OSGi、TR-069などのソフトウェアライセンスやサポート、OSGiバンドルソフト開発、サービスプラットフォームの支援やPaaS、SaaSに求められるプラットフォームを構築。2009年6月より現職。

目次

〔第1章〕2050年カーボンニュートラル(脱炭素)の実現と世界と日本の動向  
〔第2章〕企業や自治体でCO2排出ゼロを実現する脱炭素システムとは  
〔第3章〕脱炭素システム構築のための10のチェックポイントと技術  
〔第4章〕実用化へ向かうVPPとその事例  
〔第5章〕実用化へ向かうマイクログリッドとその事例

関連書籍

好評発売中

ドローンビジネス調査報告書2024

ドローンビジネスを理解するための必携の一冊!

好評発売中

データマネジメントの実態と最新動向2024

企業のデータマネジメントの実態を徹底解説

ダウンロード

本製品の読者さまを対象としたダウンロード情報はありません。

お詫びと訂正

現在のところ、本製品に正誤情報はありません。

お問い合わせ

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

お問い合わせフォーム