ドローンビジネス調査報告書2023【物流編】

ドローンビジネス調査報告書2023【物流編】

121,000円(本体 110,000円+税10%)

品種名
書籍
発売日
2023/9/14
ページ数
220
サイズ
A4判
著者
青山裕介 著/インプレス総合研究所 著
ISBN
9784295017721

ドローン物流を理解するための必携の一冊!

本報告書では今後拡大していくドローン物流にフォーカスし、国内のドローン物流の現状と課題をまとめ、今後を展望しています。

「読者アンケートに答える」「読者プレゼントに応募」の場合もこちらをご利用ください。

アンケートに答える

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

学校・法人一括購入に関するお問い合わせはこちらへ。

一括購入窓口

著者紹介

青山 祐介 (Yusuke Aoyama)記者・ドローンオペレーター・一等無人航空機操縦士・准橋梁点検技術者。フリーランスの記者・ライターとして、ドローンのハード、ソリューション、ビジネスなどを取材し、書籍の執筆やWebメディアに寄稿している。執筆活動と並行してドローンの操縦業務も行っており、ドローン物流プロジェクトや国産ドローンの開発に参加するほか、橋梁点検、レーザー測量、ソーラーパネル点検といった産業分野のオペレーションに従事。さらに、CMやミュージックビデオといった映像作品の空撮も手がけている。
2023年3月には日本初となるレベル4(カテゴリーⅢ)でのドローンによる荷物配送実証実験にオペレーターとして参画している。

インプレス総合研究所
インプレスグループのシンクタンク部門として2004年に発足。2014年4月に現在の「インプレス総合研究所」へ改称。インターネットに代表される情報通信(TELECOM)、デジタル技術(TECHNOLOGY)、メディア(MEDIA)の3つの分野に関する理解と経験をもとに、いまインターネットが起こそうとしている産業の変革に注目し、調査・研究およびプロフェッショナル向けクロスメディア出版の企画・編集・プロデュースを行っている。メディアカンパニーとしての情報の吸収力、取材の機動力を生かし、さらにはメディアを使った定量調査手法と分析を加えて、今後の市場の方向性を探り、調査報告書の発行、カスタム調査、コンサルティング、セミナー企画・主催、調査データ販売などを行っている。

ページイメージ

クリックすると大きい画像でご覧いただけます

目次

はじめに
第1章 物流分野におけるドローンの役割
1.1 ドローン物流とは
1.1.1 ドローン物流の全体像
1.1.2 本書で取り扱う「ドローン」とは
1.1.3 本書で取り扱う「ドローン物流」とは
1.2 ドローン物流が期待されている背景
1.3 物流用途のドローンとは
1.3.1 マルチコプター(マルチローター型ドローン)
1.3.2 ヘリコプター(シングルローター型ドローン)
1.3.3 固定翼ドローン
1.3.4 VTOL型ドローン
1.4 物流分野におけるドローンの役割について
1.4.1 物流分野におけるドローンの有用性
1.4.2 ドローンを活用した物流の価値と効果
1.4.3 物流分野におけるドローンの活用シーン
1.4.4 ドローン物流に必要なものとプロセス
1.4.5 ドローン物流サービスのコスト
1.5 ドローン物流分野におけるプレイヤー
1.5.1 ハードウェア(機体)
1.5.2 物流サービス事業者
1.5.3 ドローンポート/ドローンステーション
1.5.4 UTM(ドローン運航管理システム)
1.5.5 関連企業
第2章 ドローン物流の現状と最新トピックス
2.1 日本初のレベル4飛行による荷物配送が実現 ドローン物流は次のステージへ
2.2 地球1周分のドローン航路実現を目指す政府方針
2.3 数々の物流プロジェクトで採用される ACSLの物流専用ドローン
2.4 五島列島で実装段階にある固定翼ドローン配送
2.5 物流分野で導入が始まったVTOL型ドローン
2.6 全国に配送拠点を拡大しながら 毎日運航で実績を重ねるNEXT DELIVERY
2.7 50kgの荷物をドローンが運ぶ ニーズの高まりを見せるドローンによる運搬
2.8 2022年12月5日から大きく変わった 航空法上のドローンに関する新しいルール
2.9 型式認証を視野に入れた機体開発に取り組む 国産ドローンメーカーの物流用途向け機体
2.1 レベル4飛行の広がりを見据えた 国や第三者の土地上空を飛行することの法的整理
2.11 補助金で支えられているドローン物流の現状
2.12 新ルール施行でハードルが高くなったとされる レベル3飛行の許可・承認手続き
第3章 ドローン物流の課題と今後の展望
3.1 ドローン物流の課題
3.1.1 事業の課題
3.1.2 制度の課題
3.1.3 技術の課題
3.1.4 社会的課題
3.2 ドローン物流の展望
第4章 行政の動向
4.1 全体動向
4.2 ドローン物流に関する国の今後の取り組み
4.3 国土交通省
4.4 厚生労働省
4.5 経済産業省
第5章 企業動向
5.1 ドローン物流分野の業界地図
5.2 ハードウェアメーカー
5.2.1 イームズロボティクス
5.2.2 石川エナジーリサーチ
5.2.3 エアロセンス
5.2.4 ACSL
5.2.5 川崎重工業
5.2.6 プロドローン(PRODRONE)
5.3 サービス・ソリューション提供
5.3.1 ANAホールディングス
5.3.2 KDDIスマートドローン
5.3.3 佐川急便
5.3.4 そらいいな
5.3.5 トルビズオン
5.3.6 日本航空
5.3.7 NEXT DELIVERLY
5.3.8 山進
5.3.9 やまびこドローン
5.3.10 楽天

ダウンロード

本製品の読者さまを対象としたダウンロード情報はありません。

お詫びと訂正

現在のところ、本製品に正誤情報はありません。

お問い合わせ

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

お問い合わせフォーム