できる大事典 Excel 2007 Windows Vista対応

できる大事典 Excel 2007 Windows Vista対応

¥2,500+税

品種名
書籍
発売日
2007/3/2
ページ数
768P
サイズ
B5変型判
著者
尾崎裕子、日花弘子&できるシリーズ編集部
ISBN
9784844323631

仕事に強い新Excel、全解説。

Excel 2007の全機能、全操作をもれなく解説! 本書は、Excel 2007の各機能を18章に分け、大・中・小項目に分類しています。表やグラフの作成、条件付き書式の設定、データの集計と分析方法を豊富な画面と実例で紹介。強化されたピボットテーブルや並べ替え、新機能のテーマ、SmartArtの操作もすぐにわかります。巻末には、「操作読み替え早見表」を掲載。Excel 2003のメニューとExcel 2007の機能項目を一覧で確認できるので以前のバージョンをお使いになっていた方も安心です。また、サンプルダウンロードサービス付きですので、紙面で紹介している操作方法をすぐに練習できます。

「読者アンケートに答える」「読者プレゼントに応募」の場合もこちらをご利用ください。

アンケートに答える

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

学校・法人一括購入に関するお問い合わせはこちらへ。

一括購入窓口

詳細

■ページイメージ



■著者からのメッセージ
Excelはパソコンの普及とともに進歩を続け発展してきました。そしてついにExcel 2007が登場しました。一度でもExcelを使ったことのある方は、「ずいぶん変わったな」という印象を持たれることでしょう。しかし、本書をお手元に置いていたければ心配はご無用です。 本書は、Excelのイロハから高度な機能までを目的別に分類して詳説しています。やりたいこと、知りたいことがピンポイントで調べられるとともに、関連する機能もまとめて調べられます。これからExcelをはじめる方、これまでExcelを使っていた方、どちらにも違和感なくお使いいただけるよう、内容と構成を配慮いたしました。 本書とともにExcel 2007の世界をじっくり堪能してください。

■編集者からのメッセージ
X本書は、Excel 2007以前のバージョンから新たに乗り換える方や、はじめてExcelを使う方でも安心して使うことができるよう、目的の操作を行うための操作手順を豊富な図解でわかりやすく紹介することを第一に心がけました。 Excelを使っていくうちに、あの機能はどこにあったかな? スタイルを変更するにはどの機能を使うんだっけ? ということがよくあります。本書の第二のポイントとして、目次や索引、ツメ、インデックスシールを利用して目的のページを探せるように工夫しました。 個人的には関数の入力方法が便利になった点が気に入っていますが、本書をご覧いただければ、Excelのお気に入りの機能や新たな使い方が見つかるのではないかと思います。 また、すぐに操作を練習できるサンプルファイルを数多く用意しました! 章や項目ごとにじっくり操作を覚えたいと思っている方や、もっとExcelを活用したいという方におすすめです。サンプルファイルは、できるネットのWebページから無料でダウンロードできますので、本書と合わせて活用していただければ鬼に金棒です!

目次

「できる大事典 Excel2007 Windows Vista対応」目次

まえがき
本書の読み方
本書の使い方
Excel2007の新機能
各章の内容
目次
パソコンの基本操作

第1章 Excelの基礎知識
1-1 Excelでできること
概要
表計算
データベース・データ分析
グラフ作成
ピボットテーブル
ほかのソフトウェアとの連携
1-2 Excel 2007の特徴
概要
新しくなったユーザーインターフェース
使いたいボタンがすぐに使える[リボン]
よく使う機能を登録できる[クイックアクセスツールバー]
使いやすく強化された機能
広がったシート
自動的に整えられるテーブル
強化されたデータ処理機能
結果がわかりやすい印刷画面
新しいファイル形式
1-3 Excelの起動
概要
Excelを起動するには
[スタート]メニューから起動する
ショートカットから起動する
ブックを選択して起動するには
1-4 Excelの画面
概要
Excelの画面構成
Excelの画面
ミニツールバー
コンテキストタブ
スマートタグ
ダイアログボックス
1-5 画面の表示倍率
概要
表示倍率を変更するには
ズームスライダで倍率を調整する
数値を指定して倍率を変更する
倍率を自動調整するには
1-6 スクロール
概要
画面をスクロールするには
スクロールバー/スクロールボックスを使う
ホイール付きマウスを使う
1-7 Excelの終了
概要
Excelを終了するには
[閉じる]で終了する
[Officeボタン]から終了する
Excelが応答しなくなったときには
再起動を試みる
自動保存されたブックを保存する
第2章 データの入力
2-1 セルの選択
概要
セルを選択するには
キー操作で移動する
名前ボックスを使う
複数のセルを選択する
広範囲のセルを選択する
離れたセル範囲を選択する
すべてのセルを選択する
表全体を選択する
行/列単位で選択するには
1行を選択する
1列を選択する
連続した複数の行を選択する
連続した複数の列を選択する
テーブルを選択するには
連続した選択範囲を調整するには
2-2 データの入力
概要
データを入力するには
数値を入力する
日付を入力する
文字列を入力する
指定した範囲に入力するには
同じデータを効率よく入力するには
入力途中で残りのデータが表示される(オートコンプリート)
入力履歴のドロップダウンリストから選択する
同じデータを一括入力する
2-3 データのクリア
概要
データをクリアするには
数式と値をクリアする
書式をクリアする
すべてをクリアする
2-4 データの修正
概要
セルのデータを上書きするには
セルの一部のデータを変更するには
数式バーで修正する
セル内で修正する
2-5 連続データの入力
概要
連続したデータを入力するには
数値と文字の連続データ入力
数値の連続データ入力
曜日の連続データ入力
入力したデータを連続データに変換するには
文字と数値のオートフィルオプション
数値のオートフィルオプション
曜日のオートフィルオプション
日付の連続データのオートフィルオプション
大量の連続データを一度に作成する
オリジナルの連続データを入力する
2-6 コメントの挿入
概要
セルにコメントを挿入するには
コメントを編集するには
コメントを修正する
コメントのサイズを変更する
コメントの書式を設定する
コメントを常に表示するには
1つのコメントを常に表示する
すべてのコメントを常に表示する
コメントを印刷するには
画面のとおりに印刷する
コメントだけをまとめて印刷する
コメントを削除するには
1つのコメントを削除する
すべてのコメントを削除する
2-7 入力規則
概要114
入力するデータの種類や範囲を限定するには
[データの入力規則]ダイアログボックスを表示する
数値の範囲を限定する
日付/時刻の範囲を限定する
文字列の長さを制限する
入力するデータをリストから選べるようにするには
入力時にメッセージを表示するには
入力を間違えたときに表示されるメッセージを変更するには
オリジナルのエラーメッセージを表示する
エラーメッセージの種類
日本語入力システムを自動的に切り替えるには
入力モードを切り替える
入力モードの種類
2-8 データのリンク
概要
リンクを設定するには
直接数式を入力する
リンク貼り付けを使う
データを更新するには
リンクを手動で更新する
リンクを自動で更新する
リンク元のブックが見つからないときは
ブック間のリンクを解除するには
第3章 データの編集
3-1 データのコピー
概要
データをコピーするには
[コピー]と[貼り付け]を使う
[貼り付け]のメニューを使う
Officeクリップボードを使う
セルの書式だけをコピーするには
形式を選択してデータをコピーするには
行と列を入れ替えてコピーするには
3-2 データの移動
概要
セルを移動するには
行や列単位で移動するには
3-3 ジャンプ機能
概要
目的のセルにすばやく移動するには
特定のセルを選択するには
[選択オプション]ダイアログボックスを表示する
数式以外のデータが入力されたセルを選択する
数式が入力されたセルを選択する
空白セルを選択する
表示されているセルだけを選択する
表全体を選択する
条件付き書式を設定したセルを選択する
シートに作成したオブジェクトを選択する
同じ入力規則を設定したセルを選択する
最後のセルを選択する
3-4 セルの挿入と削除
概要
セルを挿入/削除するには
セルを挿入する
セルを削除する
行や列を挿入/削除するには
行や列を挿入する
行や列を削除する
挿入したあとで書式を変更するには
3-5 操作の取り消し/繰り返し
概要
操作を取り消すには
直前の操作を元に戻す
操作をまとめて元に戻す
直前の操作を繰り返すには
3-6 データの検索と置換
概要
データを検索するには
検索結果に移動する
検索結果を一覧表示する
検索結果を別の文字に置き換えるには
検索したデータを1つずつほかのデータに置換する
検索したデータをすべて置換する
検索条件を細かく設定するには
検索の[オプション]を表示する
ブック全体を検索対象にする
セルに設定した書式を検索する
全角と半角を区別して検索する
完全に一致するデータを検索する
計算結果を対象にして検索する
余分な空白を一括して削除するには
あいまいな条件で検索するには
任意の文字を含むデータを検索する
任意の複数の文字を含むデータを検索する
3-7 スペルチェック
概要
スペルチェックを実行するには
スペルチェックの実行
スペルを修正するには
スペルチェックの結果を無視するには
3-8 オートコレクト
概要
オートコレクトによる自動修正を停止するには
自動的にハイパーリンクに変更しないようにする
入力中に自動修正しないようにする
オートコレクトに文字列を登録するには
第4章 セルの書式設定
4-1 表示形式
概要
リボンから表示形式を設定するには
ボタンを使って設定する
用意されている表示形式のなかから設定する
ダイアログボックスから表示形式を設定するには
[セルの書式設定]ダイアログボックスを表示する
負の数の表示方法を設定する
日付をさまざまな形式で表示する
時刻をさまざまな形式で指定する
分数を表示する
通貨記号を左端に揃えて表示する
先頭に「0」が付いた数値を表示する
郵便番号を入力する
数値を漢数字で表示する
表示形式を解除するには
独自の表示形式を作成するには
既存の表示形式の一部を変更して作成する
表示形式を新規に作成する
さまざまなユーザー定義の表示形式
4-2 文字の書式
概要
文字の種類やサイズを変更するには
フォントの種類を変更する
文字のサイズを変更する
太字/斜体/下線を設定するには
太字を設定する
斜体を設定する
下線を設定する
文字の色を設定するには
文字飾りを設定するには
取り消し線を設定する
上付き文字・下付き文字にする
4-3 文字の配置
概要
文字の配置を変更するには
水平方向の配置を変更する
垂直方向の配置を変更する
複数のセルの中央に配置する
文字を均等割り付けする
文字を字下げする
文字を縦書きにする
文字を傾ける
セルから文字がはみ出さないようにするには
はみ出した文字を折り返す
文字サイズを縮小して収める
4-4 セルの背景色
概要
セルに背景色を付けるには
背景に色を付ける
背景にグラデーションの色を付ける
背景色をクリアする
4-5 罫線
概要
範囲を選択して罫線を引くには
表全体に格子の罫線を引く
表の周りに太枠を引く
表全体の罫線を削除する
ドラッグして罫線を引くには
1本の罫線を引く
格子状の罫線を引く
罫線を削除する
表全体に罫線を設定するには
ダイアログボックスで罫線を設定する
4-6 行と列の操作
概要
行と列の表示/非表示を切り替えるには
行や列を非表示にする
行や列を再表示する
行の高さ/列の幅を変更するには
行の高さを変更する
列の幅を変更する
文字数に合わせて自動調整する
列幅の既定値を変更する
4-7 ふりがな
概要
ふりがなを表示するには
ふりがなの表示/非表示を設定する
ふりがなを修正する
ふりがなの書式を変更するには
ふりがなの種類を変更する
フォントやフォントサイズを変更する
4-8 セルのスタイル
概要
セルのスタイルを利用するには
スタイルをセルに適用する
スタイルを変更する
新しいスタイルを登録する
第5章 シートの操作
5-1 シートの追加と削除
概要
シートの追加と削除
シートを追加する
シートを削除する
5-2 シートの表示/非表示
概要
シートの表示/非表示を切り替えるには
シートを非表示にする
シートを再表示する
5-3 シートのコピー/移動
概要
シートをコピーするには
同じブックにコピーする
別のブックにコピーする
シートを移動するには
同じブックに移動する
別のブックに移動する
隠れているシート見出しを表示するには
5-4 シート見出しの編集
概要
シートの名前を変更するには
シート見出しに色を付けるには
5-5 作業グループ
概要
複数のシートをまとめて編集するには
作業グループを解除するには
すべてのシートを作業グループにした場合
一部のシートを作業グループにした場合
5-6 シートの保護
概要
シート全体を保護するには
特定のセルにだけデータを入力できるようにするには
特定の人だけが編集できるようにするには
第6章 ブックの新規作成
6-1 ブックの新規作成
概要
空白のブックから新規作成するには
起動直後の画面から作成する
[新規作成]ボタンを使う
空白以外のブックから新規作成するには
既存のブックから新規作成する
テンプレートから新規作成するには
6-2 ブックを開く
概要
既存のブックを開くには
最近使ったブックを開くには
Excelブック以外のデータを開くには
6-3 ブックの保存
概要
ブックを保存するには
上書き保存する
名前を付けて保存する
Excel 97-2003形式で保存する
最新のファイル形式に変換する
Excelファイルの種類について
ウィンドウの状態を保存するには
作業状態を保存する
作業状態を再現する
縮小版を保存するには
6-4 Webページとして保存
概要
Webページとして保存するには
Webページの内容を更新するには
Webページを上書き保存する
Webページをブックの保存に合わせて更新する
6-5 ブックを閉じる
概要
ブックを閉じるには
既存のブックを閉じる
Excelを終了させてブックを閉じる
6-6 ウィンドウの利用
概要
ウィンドウを使いやすくするには
見出しを常に表示する
ウィンドウを分割する
ウィンドウを整列するには
複数のブックを並べて表示する
同じブックのシートを並べて表示する
別のブックを並べて比較するには
ウィンドウの整列の種類
ブックを切り替えるには
6-7 ブックのセキュリティ
概要
パスワードを設定するには
シート構成を変更されないようにするには
ブックの個人情報を削除するには
第7章 ページ設定と印刷
7-1 印刷前の確認事項
概要
印刷プレビューに切り替えるには
ページレイアウトビューに切り替えるには
改ページプレビューに切り替えるには
7-2 改ページ
概要
改ページ位置を指定するには
改ページ位置を移動する
改ページを挿入する
改ページを削除する
7-3 印刷範囲
概要
印刷範囲の設定と解除
印刷範囲を設定する
印刷範囲を解除する
7-4 ヘッダーとフッター
概要
ヘッダー/フッターを設定するには
[ヘッダー/フッターツール]コンテキストタブを表示する
ヘッダー/フッターを挿入する
ページ番号を調整するには
ページ数の開始番号を変更する
複数シートでページ数を通し番号にする
7-5 印刷のオプション
概要
用紙の設定をするには
用紙サイズを変更する
用紙の向きを変更する
用紙の余白を変更する
拡大/縮小して印刷するには
指定したページ数に収めて縮小する
倍率を指定して拡大/縮小する
項目名を全ページに印刷するには
シートの枠線を印刷するには
行列番号を印刷するには
表をページ中央に印刷するには
コメントを印刷するには
データだけの簡易印刷をするには
エラーを空白にして印刷するには
7-6 印刷
概要
現在の設定で印刷するには
設定を変更して印刷するには
[印刷]ダイアログボックスを表示する
選択した範囲を印刷する
印刷ページを指定する
第8章 表作成のサポート機能
8-1 テーマ
概要
テーマを設定するには
テーマを適用する
配色を変更する
フォントを変更する
効果を変更する
8-2 テーブルの作成
概要
テーブルを作成するには
新しいテーブルを作成する
既存のデータをテーブルに変換する
テーブルに列や行を追加するには
テーブルに隣接するセルにデータを入力する
テーブルのサイズを変更する
テーブルスタイルを変更するには
テーブルスタイルを設定する
テーブルスタイルを変更する
テーブルスタイルを登録する
テーブルスタイルを解除する
集計行を追加するには
集計列を追加するには
重複する行をテーブルから削除するには
テーブルを通常の範囲に変換するには
8-3 テンプレートの利用
概要
テンプレートを利用するには
Excel付属のテンプレートを利用する
Office Onlineを利用する
オリジナルのテンプレートを作成する
8-4 ヘルプの利用
概要
ヘルプを利用するには
ヘルプウィンドウから探す
キーワードで検索する
Office Onlineを利用する
8-5 単語やWebページを調べる
概要
[リサーチ]作業ウィンドウを表示するには
単語を辞書で検索するには
単語を入力して辞書で調べる
シート上の文字列を辞書で調べる
Webページを検索するには
8-6 ブックの送信
概要
ブックをメールで送信するには
8-7 Webページの取り込み
概要
Webページから情報をコピーするには
Webページから定期的に情報を取り込むには
Webクエリを作成する
Webページの最新情報を取り込む
8-8 ハイパーリンクの設定
概要
ハイパーリンクを設定するには
別のブックへ移動する
同じブック内の別の場所へ移動する
Webページへ移動する
ハイパーリンクを編集するには
コピーしてハイパーリンクを貼り付けるには
ハイパーリンクを解除するには
第9章 数式
9-1 数式の入力
概要
数式を入力するには
数式の入力を取り消すには
複雑な数式を入力するには
演算子の優先順位
途中計算用のセルを利用する
同じ数式を複数のセルに一括入力するには
9-2 数式の編集と再計算
概要
入力した数式を確認するには
入力した数式を編集するには
数式バーで直接数式を編集する
色枠をドラッグして修正する
数式の結果を更新するには
再計算で自動的に更新する
再計算を手動更新に切り替える
9-3 合計を求める
概要
簡単に合計を出すには
合計する範囲を変更するには
表全体の合計をまとめて計算するには
小計を足して総計を計算するには
9-4 相対参照と絶対参照
概要
相対参照と絶対参照
相対参照とは
絶対参照とは
絶対参照に切り替えるには
複合参照とは
9-5 異なるシート/ブック間での計算
概要
ほかのシートを参照する数式を入力するには
ほかのブックを参照する数式を入力するには
ほかのシートの同じ位置のセルを集計するには
レイアウトの異なる表を集計するには
9-6 文字列の連結
概要
複数のセルのデータをつなげて表示するには
指定した文字とデータをつなげて表示するには
9-7 セル範囲に名前を付ける
概要
セル範囲に名前を付けるには
表の見出しをセル範囲の名前にするには
数式で名前を使用するには
名前を編集するには
9-8 数式の分析
概要
数式を分析するには
シート内の数式をセルに表示する
セルの参照関係を表示する
セルの構造を確認する
見えないセルの数式を監視するには
[ウォッチ]ウィンドウを表示する
監視する数式を追加する
エラーをチェックするには
エラーの内容と解決方法を確認する
エラー値の種類
エラーチェックを実行する
循環参照を解消する
入力規則に違反しているセルを表示する
第10章 関数
10-1 関数の入力
概要
関数の構造について
関数の基本形
引数とは
関数を入力するには
[関数の挿入]ダイアログボックスを使う
セルや数式バーに直接入力する
関数をすばやく入力するには
[合計]から関数を入力する
最近使用した関数を使う
分類別に用意された関数を使う
数式オートコンプリートを使う
複数の関数を組み合わせて使うには
10-2 統計関数
概要
平均値を求めるには
平均値を求める(AVERAGE関数)
最大値/最小値を求めるには
最大値を求める(MAX関数)
最小値を求める(MIN関数)
データの個数を求めるには
数値の入ったセルの数を求める(COUNT関数)
データの入ったセルの数を求める(COUNTA関数)
順位を求めるには
順位を求める(RANK関数)
10-3 数学/三角関数
概要
合計を求めるには
合計を求める(SUM関数)
端数を処理するには
数値を四捨五入する(ROUND関数)
数値を切り捨てる(ROUNDDOWN関数)
数値を切り上げる(ROUNDUP関数)
小数点以下を切り捨てる(INT関数)
10-4 論理関数
概要
条件によって処理を変えるには
条件に応じて異なる処理をする(IF関数)
段階的に条件を付けて3つに分岐する
IF関数をネストする
条件を組み合わせるには
「かつ」の条件を満たす処理(AND関数)
「または」の条件を満たす処理(OR関数)
10-5 検索/行列関数
概要
別の表からデータを検索するには
別の表から検索する(VLOOKUP関数)
エラー表示を防ぐ
10-6 日付/時刻関数
概要
現在の日付や時刻を自動的に表示するには
現在の日付を表示する(TODAY関数)
現在の日付と時刻を表示する(NOW関数)
2つの日付の差を求めるには
2つの日付の差を求める(DATEDIF関数)
10-7 情報関数/文字列操作関数
概要
ふりがなの表示や文字種を変換するには
ふりがなを取り出す(PHONETIC関数)
全角英数カナを半角にする(ASC関数)
10-8 財務関数
概要
ローン支払額や積立額を計算するには
ローンの支払額を計算する(PMT関数)
将来の積立額を計算する(FV関数)
10-9 エンジニアリング
関数
概要
2進数を変換するには
2進数を10進数に変換する(BIN2DEC関数)
2進数を16進数に変換する(BIN2HEX関数)
数値の単位を変換するには
マイル表示の距離をキロメートルに表示する(CONVERT関数)
第11章 グラフ
11-1 グラフの要素と種類
概要
Excelで作成できるグラフの種類
グラフの種類
グラフの構成要素
11-2 グラフの作成
概要
グラフを作成するには
グラフの位置やサイズを変更するには
グラフの位置を変更する
グラフのサイズを変更する
11-3 グラフの編集
概要
グラフの種類を変更するには
グラフのスタイルを変更するには
グラフのレイアウトを変更するには
グラフ全体のレイアウトを変更する
グラフタイトルを追加する
軸ラベルを追加する
凡例の表示を変更する
データラベルの表示/非表示を切り替える
グラフデータを変更するには
系列の行/列を切り替える
データ範囲を変更する
系列を追加する
系列の順序を変更する
11-4 グラフの書式設定
概要
グラフの書式を変更するには
グラフ要素を選択する
グラフ要素の書式を変更する
文字の書式を変更するには
図形のスタイルを適用するには
色を個別に設定するには
効果を個別に設定するには
数値軸を読みやすくするには
数値軸の目盛を指定する
補助目盛線を追加する
数値軸の表示単位を変更する
グラフの背景を加工するには
グラデーションにする
画像ファイルを挿入する
よく使うグラフをテンプレートとして利用するには
グラフをテンプレートとして保存する
グラフテンプレートを適用する
11-5 複合グラフの作成
概要
複合グラフを作成するには
一部の系列のグラフの種類を変更する
第2軸を追加する
11-6 特殊なグラフの作成
概要
いろいろなグラフ
ドーナツグラフ
3-Dグラフ
絵グラフ
株価チャート
補助円グラフ
散布図
バブルチャート
レーダーチャート
11-7 グラフの印刷
概要
グラフを印刷するには
グラフだけを印刷する
シート全体を印刷する
第12章 図形
12-1 図形描画の基本
概要
線や図形を描くには
線を描く
いろいろな図形を描く
ドラッグして自由な線を描く
コネクタで図形同士をつなぐ
図形の位置とサイズを変更するには
図形を移動する
図形のサイズを変更する
12-2 図形の書式
概要
線の書式を変更するには
線の色を設定する
線の太さを設定する
実線を点線に変更する
直線を矢印に変更する
塗りつぶしを設定するには
塗りつぶしの色を変更する
グラデーションを設定する
テクスチャを設定する
画像を挿入する
図形に効果を付けるには
効果の標準スタイルを適用する
影を付ける
反射させる
光彩を付ける
ぼかしを設定する
面取りを設定する
図形を編集するには
図形の形を調整する
図形の種類を変更する
複数の図形をグループ化するには
グループ化する
グループを解除する
再度グループ化する
12-3 テキストボックス
概要
テキストボックスを挿入するには
セルの内容をテキストボックスに表示するには
テキストボックスの文字に書式を設定するには
テキストボックス全体に文字書式を設定する
テキストボックスの一部の文字に書式を設定する
[図形の書式設定]ダイアログボックスを使う
12-4 クリップアート
概要
クリップアートを利用するには
クリップアートを挿入する
12-5 ワードアート
概要
ワードアートを挿入するには
ワードアートを編集するには
ワードアートの文字サイズを変更する
ワードアートの文字を編集する
ワードアートのスタイルを変更する
文字の色や輪郭の色を変更する
ワードアートを変形する
12-6 画像
概要
画像を挿入するには
画像の明るさや色合いを調整するには
明るさを調整する
コントラストを調整する
色合いを変更する
画像の形を編集するには
画像をトリミングする
図のスタイルを適用する
画像の加工を元に戻す
画像のデータサイズを小さくする
12-7 図と画像のレイアウト
概要
図形をコピーするには
図形を回転/反転するには
図形を回転する
図形を反転する
図形をきれいに並べるには
図形の表示順序を変更するには
12-8 SmartArt
概要
SmartArtを挿入するには
SmartArtの種類
組織図を作成するには
組織図の要素を追加する
組織図の要素を削除する
組織図のデザインを変更するには
レイアウトを変更する
色を変更する
スタイルを変更する
第13章 データ分析
13-1 並べ替え
概要
1つの列を基準に並べ替えるには
昇順で並べ替える
降順で並べ替える
セルの色で並べ替える
複数の列を基準に並べ替えるには
13-2 条件付き書式
概要
すべてのセルに書式を設定するには
カラースケールを設定する
データバーを付けて数値を分類する
条件を満たすセルに書式を設定するには
簡単に条件付き書式を設定する
新しい書式を設定する
条件に数式を設定するには
条件付き書式に数式を指定する
条件付き書式に関数を指定する
条件付き書式の条件を変更するには
条件の優先順位を変更する
条件を変更する
条件を削除するには
個別に条件を削除する
すべての条件を削除する
13-3 オートフィルタ
概要
オートフィルタを設定するには
オートフィルタを設定する
オートフィルタを解除する
データを抽出するには
色で抽出するには
オートフィルタで高度な抽出をするには
[オートフィルタオプション]ダイアログボックスを表示する
「~と等しい」以外の方法で抽出する
2つの条件を組み合わせて抽出する
順位を指定して抽出する
抽出を解除するには
1つの列だけを解除する
すべての抽出を解除する
13-4 フィルタオプションの設定
概要
フィルタオプションを利用するには
検索条件範囲の欄を作成する
検索条件の入力方法
フィルタオプションを設定する
重複行を除いたデータを作成する
抽出結果をデータ内に表示するには
データ内に抽出する
抽出を解除する
抽出結果の並べ替えを解除する
13-5 集計機能
概要
集計を実行するには
集計の準備をする
集計を実行する
集計を解除する
複数の基準で集計を実行する
13-6 アウトラインとグループ化
概要
アウトラインを作成するには
行や列をグループ化する
アウトラインを自動作成する
アウトラインの折りたたみと展開
表を折りたたむ
表を展開する
部分的に折りたたみや展開を行う
アウトラインを解除するには
部分的にグループを解除する
すべてのグループを解除する
13-7 入力済みデータの分割
概要
データを分割するには
スペースで区切られたデータを分割する
特定の文字で区切られたデータを分割する
13-8 ウィザードの利用
概要
行見出しと列見出しからデータを検索するには
条件に当てはまるデータを集計するには
13-9 高度な分析
概要
シナリオを利用するには
シナリオを登録する
シナリオの結果を表示する
シナリオを管理するには
シナリオを編集する
シナリオを削除する
複数のシナリオを1つのシートにまとめる
シナリオのレポートを作成する
ゴールシークを利用するには
データテーブルを利用するには
単入力テーブルを作成する
複数の数式を対象に単入力テーブルを作成する
複入力テーブルを作成する
第14章 ピボットテーブル
14-1 ピボットテーブルの作成
概要
ピボットテーブルを作成するには
フィールドを追加するには
[行/列ラベル]エリアにフィールドを追加する
[値]エリアにフィールドを追加する
[レポートフィルタ]エリアにフィールドを追加する
総計・小計の表示を変更するには
総計の表示を変更する
小計行の表示を変更する
ピボットテーブルを更新するには
14-2 データ表示の切り替え
概要
データ表示を切り替えるには
[レポートフィルタ]のフィールドで項目を絞り込む
[行/列ラベル]のフィールドで項目を絞り込む
詳細データを表示する
14-3 レイアウトの変更
概要
レイアウトを変更するには
フィールドを移動する
フィールドのレベルを変更する
フィールドを削除する
14-4 フィールドのグループ化
概要
フィールドをグループ化するには
日付のデータをグループ化する
数値のデータをグループ化する
アイテムをグループ化する
14-5 集計方法の変更
概要
集計方法を編集するには
集計を追加する
集計方法を変更する
計算の種類を変更する
14-6 ピボットテーブルの書式
概要
[値]エリアの表示形式を変更するには
ピボットテーブルの表の形式を変更するには
ピボットテーブルスタイルを適用するには
14-7 ピボットグラフ
概要
ピボットグラフを作成するには
ピボットテーブルから作成する
データから直接作成する
レイアウトを変更するには
フィールドを追加する
フィールドを移動する
フィールドを削除する
フィールドのレベルを変更する
ピボットグラフを削除するには
ピボットグラフをクリアする
ピボットグラフを削除する
第15章 マクロ
15-1 マクロの自動記録
概要
マクロを記録するには
マクロの記録前に準備をする
マクロを記録する
マクロを実行する
マクロにショートカットキーを登録するには
新規のマクロにショートカットキーを登録する
作成後にショートカットキーを登録/変更する
高度なマクロを作成するには
マクロをすべてのブックで使えるようにする
相対参照でマクロを記録する
15-2 マクロブックの保存
概要
マクロを有効にして保存するには
15-3 ボタンの利用
概要
マクロをボタンに登録するには
クイックアクセスツールバーへ登録する
シート上のボタンへ登録する
15-4 マクロの編集
概要
マクロを編集するには
VBEを起動する
マクロの一部を書き換える
マクロを削除する
15-5 オリジナルの関数の作成
概要
ユーザー定義関数とは
ユーザー定義関数を作成する
作成した関数を利用するには
ユーザー定義関数を挿入する
ユーザー定義関数をすべてのブックで使えるようにする
15-6 セキュリティ
概要
セキュリティの設定
マクロのセキュリティ設定
マクロを有効にしてブックを開く
第16章 アプリケーションとの連携
16-1 テキストファイルの操作
概要
テキストファイルウィザードを使って取り込むには
カンマやタブで区切られたテキストファイルを取り込む
スペースで区切られたテキストファイルを取り込む
データを最新の状態にする
[開く]を使って取り込むには
テキスト形式で保存するには
16-2 データベースファイルの取り込み
概要
Accessで作成したデータベースファイルを取り込むには
接続ファイルを使ってデータを取り込むには
接続を削除するには
データソースから最新のデータを取り込むには
データを抽出して取り込むには
16-3 Wordとの連携
概要
表をWord文書に貼り付けるには
コピーした表をそのまま貼り付ける
形式を選択して貼り付ける
グラフをWord文書に貼り付けるには
16-4 PowerPointとの連携
概要
表をPowerPointに貼り付けるには
コピーした表をそのまま貼り付ける
形式を選択して貼り付ける
グラフをPowerPointに貼り付けるには
16-5 XMLデータの利用
概要
XMLデータをインポートするには
ブックにXMLデータを配置するには
XMLデータを対応付ける
XMLデータを配置する
データを更新するには
XMLデータをエクスポートするには
第17章 データの共有
17-1 配布準備
概要
[プロパティ]を設定するには
[ドキュメント検査]でブックを検査するには
[ドキュメントの暗号化]でパスワードを設定するには
[デジタル署名の追加]で署名を追加するには
[最終版にする]でドキュメントを最終版にするには
[互換性チェックの実行]でバージョンによる違いをチェックするには
17-2 ブックの共有
概要
複数のユーザーで同じブックを編集するには
ブックの共有を解除するには
ブック共有中に利用できない機能
17-3 ブックの比較と反映
概要
ブックの変更を結合するには
17-4 変更履歴
概要
変更履歴を記録するには
変更箇所を表示するには
変更を反映または取り消すには
第18章 Excelのオプション
18-1 クイックアクセスツールバーのカスタマイズ
概要
クイックアクセスツールバーにボタンを追加するには
クイックアクセスツールバーをリボンの下に配置するには
18-2 オプションの設定
概要
Excelのオプション画面を表示するには
Excelのオプション設定を変更するには
基本設定
数式
文章校正
保存
詳細設定
ユーザー設定
アドイン
セキュリティセンター
リソース
18-3 使用環境の変更
概要
新規ブックのシート数を増やすには
無視したエラー表示を再表示するには
文字の自動修正を設定するには
既定のファイル保存形式を変更するには
既定のファイル保存場所を変更するには
バックアップファイルの保存の間隔を変更するには
入力後のアクティブセルの移動方向を変更するには
セルの枠線を非表示にするには
セルの枠線の色を変更するには
「0」を非表示にするには
アドインを利用できるようにするには

付録
付録1 操作読み替え早見表
付録2 サンプルファイルのダウンロード
付録3 Office2007のインストール
付録4 Office2007のライセンス認証
付録5 アドインのインストール
付録6 Excelのショートカットキー
付録7 おすすめ関数

索引

関連書籍

好評発売中

世界一やさしい エクセル ワード パワーポイント 2016/2013/Office 365対応

好評発売中

できる大事典 Excel関数 2016/2013/2010対応

Excelの全関数を網羅した解説書が登場

好評発売中

ここで差がつく!仕事がデキる人の最速パソコン仕事術

実例で学び直すパソコン仕事の超効率化メソッド

好評発売中

できるポケット スッキリ解決 仕事に差がつく エクセル最速テクニック

ダウンロード

お詫びと訂正

誤記のためにご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。

  • 104ページ 第2章-5の操作説明
  • 117ページ 第2章-7「数値の範囲を限定する」
    • [誤]
      (本文中の)[小数]
    • [正]
      [小数点数]
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 123ページ 第2章-7のHINT「[無効データのマーク]を解除するには」
    • [誤]
      [データの入力規制]を
    • [正]
      [データの入力規制]の▼を
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 157ページ 第3章-4の解説
    • [誤]
      [セルの挿入]ダイアログボックスが表示された
    • [正]
      [削除]ダイアログボックスが表示された
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 176ページ 第3章-8の操作説明8
    • [誤]
      [Excelのオプション]の[OK]をクリック
    • [正]
      [Excelのオプション]ダイアログボックスの[OK]をクリック
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 185ページ 第4章-1のHINT「[表示形式]の一覧にある[長い日付形式]、[短い日付形式]とは」
  • 197ページ 第4章-2「文字飾りを設定するには」
    • [誤]
      用意されている文字飾りには、[取り消し線]、[上付き文字]、[下付き文字]があります。
    • [正]
      用意されている文字飾りには、[取り消し線]、[上付き]、[下付き]があります。
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 267ページ 第6章-4のHINT「発行について」
    • [誤]
      手順4の代わりに
    • [正]
      手順3で
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 288ページ 第7章-1のHINT「余白を非表示にできる」の操作説明
    • [誤]
      用紙の境界線にマウスポインタを合わせる
    • [正]
      用紙の境界線にマウスポインタを合わせてクリック
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 330ページ 第8章-2のHINT「テーブルを解除するには」
  • 485ページ 第11章-5のHINT「「2軸上の折れ線と縦棒グラフ」で複合グラフを作成するには」
    • [誤]
      (Excel 2003の機能について解説)
    • [正]
      HINT欄を削除
    • 【 第3刷にて修正 】
  • 533ページ 第12章-6のHINT「明るさを微調整するには」
    • [誤]
      [図の修正オプション]を選択します。
    • [正]
      [図の修整オプション]を選択します。
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 534ページ 第12章-6のHINT「コントラストをさらに細かく調整するには」
    • [誤]
      [図の修正オプション]を選択します。
    • [正]
      [図の修整オプション]を選択します。
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 534ページ 第12章-6「色合いを変更する」の解説
    • [誤]
      画像の明るさを変更できる
    • [正]
      画像の色合いを変更できる
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 558ページ 第13章-2の操作説明4
    • [誤]
      [赤、黄、青のカラースケール]をクリック
    • [正]
      [青、黄、赤のカラースケール]をクリック
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 566ページ 第13章-2「個別に条件を削除する」の解説
    • [誤]
      [条件付き書式ルールの管理]ダイアログボックスをクリック
    • [正]
      条件を設定したセル範囲をドラッグして選択し、[条件付き書式ルールの管理]ダイアログボックスを表示しておく
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 599ページ 第13章-9の解説
    • [誤]
      [シナリオの編集]ダイアログボックスが表示された
    • [正]
      [シナリオの追加]ダイアログボックスが表示された
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 608ページ 第13章-9の操作説明3
  • 648ページ 第15章-1「マクロを実行する」のサンプルファイル名
    • [誤]
      サンプル 15-1_002.xlsx
    • [正]
      サンプル 15-1_002.xlsm
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 649ページ 第15章-1「作成後にショートカットキーを登録/変更する」の解説
    • [誤]
      [マクロの記録]ダイアログボックスを表示しておく
    • [正]
      [マクロ]ダイアログボックスを表示しておく
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 653ページ 第15章-3のサンプルファイル名
    • [誤]
      15-3_001.xlsx
    • [正]
      15-3_001.xlsm
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 654ページ 第15章-3「シート上のボタンへ登録する」のサンプルファイル名
    • [誤]
      15-3_001.xlsx
    • [正]
      15-3_001.xlsm
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 658ページ 第15章-4「VBEを起動する」のサンプルファイル名
    • [誤]
      15-4_001.xlsx
    • [正]
      15-4_001.xlsm
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 659ページ 第15章-4「マクロの一部を書き換える」、「マクロを削除する」のサンプルファイル名
    • [誤]
      15-4_001.xlsx
    • [正]
      15-4_001.xlsm
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 662ページ 第15章-5「ユーザー定義関数を挿入する」のサンプルファイル名
    • [誤]
      15-5_002.xlsx
    • [正]
      15-5_002.xlsm
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 663ページ 第15章-5のHINT「[XLSTART]フォルダの場所」
    • [誤]
      C:Program FilesMicrosoft OfficeOffice12にあります。
    • [正]
      C:Users<ユーザー名>Application DataMicrosoftExcelにあります。
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 685ページ 第16章-3の解説
    • [誤]
      ダブルクリックするとWord上でExcelの機能が使える
    • [正]
      表をダブルクリックするとWord上でExcelの機能が使える
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 686ページ 第16章-3のHINT「Wordに貼り付けたグラフについて」
    • [誤]
      [データ編集]を選択すると
    • [正]
      [データの編集]を選択すると
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 724ページ 第18章-2「アドイン」
    • [誤]
      [有効化アドイン]の一覧で
    • [正]
      [有効なアドイン]の一覧で
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 750ページ 付録5の手順3-9

お問い合わせ

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

お問い合わせフォーム