ゲーム制作者になるための3Dグラフィックス技術 増補改訂版

ゲーム制作者になるための3Dグラフィックス技術 増補改訂版

¥4,000+税

品種名
書籍
発売日
2013/2/22
ページ数
376P
サイズ
B5変型判
著者
西川善司 著
ISBN
9784844333548

最新のゲームグラフィックス技術情報を追加して新たに登場!

本書は2009年9月に発行した同名書籍の増補改訂版です。好評につき、最新技術を追加してリニューアルしました!Chapter9「人肌表現の仕組み」とChapter10「大局照明技術」については大幅に書き下ろし追加!ここ最近、急速に進化したテーマだけに、次世代ゲームグラフィックスにおいては、より重要視されていく技術です。表紙にはスクウェア・エニックス社の「Agni's Phirosophy」で有名なAgni(アグニ)を起用!同社の橋本CTOからも解説文をいただきました。
Windows 8のDirectX 11.1グラフィックスから、水面表現、人肌表現、大局照明の最新テクニックまで、最先端の3Dゲームグラフィックス技術を広く学べる、ゲーム業界に携わろうとしている学生、すでに携わっている開発者にオススメの1冊です!

★著者 西川善司氏関連サイト
・3Dゲームファンのためのグラフィックス講座(GAME Watch)
http://game.watch.impress.co.jp/docs/series/3dcg/
・「(善)力疾走」(西川善司氏のブログ)
http://www.z-z-z.jp/BLOG/
・「3Dグラフィックス・マニアックス」(マイコミジャーナル)
http://journal.mycom.co.jp/column/graphics/index.html

「読者アンケートに答える」「読者プレゼントに応募」の場合もこちらをご利用ください。

アンケートに答える

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

学校・法人一括購入に関するお問い合わせはこちらへ。

一括購入窓口

詳細

■ページイメージ


■著者プロフィール

西川 善司(Zenji Nishikawa)
テクニカルジャーナリスト。PC関連最新テクノロジーなどの技術トレンドのほか、特に近年はリアルタイム3Dグラフィックス技術、映像デバイスとその関連技術の記事を中心に執筆。2005年より8年連続でマイクロソフト、Most Valuable Professional AwardのEntertainment-XNA/DirectX部門を受賞。主な著書に『ゲーム制作者になるための3Dグラフィックス技術』(インプレスジャパン刊)、『3Dゲームファンのためのグラフィックス講座』(インプレスジャパン刊)などがある。

目次

Chapter 01リアルタイム3Dグラフィックス技術の進化と系譜
Chapter 023Dグラフィックスの概念とレンダリングパイプライン
Chapter 03微細凹凸表現の基本形「放線マップ」とその進化形
Chapter 04動的影生成の主流「デプスシャドウ技法」とその進化形
Chapter 05ジオメトリシェーダとは何か
Chapter 06DirectX 11のテッセレーション
Chapter 07HDRレンダリング
Chapter 08水面表現の仕組み
Chapter 09人肌表現の仕組み
Chapter 10大局照明技術

関連書籍

好評発売中

できるキッズ スクラッチでゲームをつくろう! 楽しく学べるプログラミング

好評発売中

ゲーム制作者になるための3Dグラフィックス技術 改訂3版

ゲーム3Dグラフィックス基礎知識の総まとめ

好評発売中

スラスラ読めるUnityふりがなKidsプログラミング ゲームを作りながら楽しく学ぼう!

ダウンロード

本製品の読者さまを対象としたダウンロード情報はありません。

お詫びと訂正

誤記のためにご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。

  • 349ページ 図内の左側 上から2個目のオレンジの四角
    • [誤]
      頂点シェーダ
    • [正]
      ジオメトリシェーダ
      ※下図を参照
    • 【 第2刷にて修正 】

お問い合わせ

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

お問い合わせフォーム