「年賀状ソフト」かんたんガイド

宛名職人 MOOK版5でのデータ活用法

1.年賀状づくりの準備をする
2.素材データを貼り付ける
3.年賀状に文字を入力する
4.作成した年賀状を印刷する
5.年賀状にデジカメ写真を合成する
1.年賀状づくりの準備をする
イメージ拡大
「宛名職人」を起動します。トップメニューの[裏面を作る]をクリックします。

イメージ拡大
ガイドバーの[裏面を作成・開く]をクリックします。

イメージ拡大
[裏面デザインを新規に作成する]にチェックを入れて、[OK]をクリックします。
  • [裏面デザインを新規に作成する]にチェック
  • [OK]をクリック

イメージ拡大
はがきの向きに合わせて、左側の一覧から[年賀状-縦]または[年賀状-横]を選択します。さらに[無地(はがき)]を選択して、[OK]をクリックします。
  • [年賀状-縦]または[年賀状-横]を選択
  • [無地(はがき)]を選択
  • [OK]をクリック

イメージ拡大
[ファイル]メニューの[プリンタの設定]をクリックします。

イメージ拡大
用紙サイズ、印刷の向きが正しく設定されているか確認して、[OK]をクリックします。
  • [はがき]を選択
  • 印刷の向きを選択
  • [OK]をクリック

イメージ拡大
素材データを貼り付ける準備が整いました。緑色の点線の内側がお使いのプリンタの印刷可能範囲です。この外側は印刷されませんので注意しましょう。
 
 
インプレスのおすすめ書籍

「年賀状ソフト」かんたんガイド メニュー
筆ぐるめ

筆ぐるめ Ver.8以前のバージョンをお使いの場合は、筆ぐるめ Ver.9のページをご参照ください。

筆まめ

筆まめ Ver.11以前のバージョンをお使いの場合は、筆まめ Ver.12のページをご参照ください。

筆王

筆王 2001以前のバージョンをお使いの場合は、筆王 2002のページをご参照ください。

宛名職人

宛名職人 2000以前のバージョンをお使いの場合は、宛名職人 2001のページをご参照ください。

Word
インプレスの本、雑誌と関連Webサービス