2018年「書き損じ・使い残しはがきチャリティ」結果のご報告

「2019年 書き損じ・使い残しはがきチャリティ」最終結果報告

1月22日の締切以降、到着したはがきの集計作業を進めて参りました。今回も皆様のご協力により、多くのはがき・切手が集まりました。

お送りいただいたはがき・切手の最終的な到着枚数は、以下のとおりです。

はがき 37,730枚
切手 4,693枚
合計 42,423枚
件数 309件

次は、はがき・切手を郵便局に持ち込んで集計と切手シートへの交換を依頼します。なお、郵便局での集計期間短縮のため、今回は2箇所の郵便局に依頼することになりました。それぞれ郵便局にて切手シートへの交換が完了しましたので、ご報告いたします。

麹町郵便局
1000円切手 810枚
82円切手 306枚
3円切手 1枚
合計 1,117枚
交換手数料 実費79,895円
※全額当社負担
神田郵便局
1000円切手 1,330枚
82円切手 431枚
合計 1,761枚
交換手数料 実費96,010円
※全額当社負担

切手シートを買い取ってくれる業者にて、今回は額面の88.5%での買い取りとなり、1,947,386円の現金になりました。ユニセフへ払い込み、無事にチャリティが完了いたしました。

おかげさまで今年も多くの金額を寄付することができました。
皆様にはがき・切手を額面ごとに仕分けして直接枚数を記入してお送りいただいたこともあり、スムーズな集計作業、早期募金を実現することができました。
ご協力いただいた皆様にはこの場を借りまして厚く御礼申し上げます。

ご協力いただいた学校名

九州医療センター付属福岡看護助産学校、宮城県立小松島支援学校、宮崎大学教育学部付属小学校、えひめ乳児保育園、川崎市立川崎中学校、大垣市立興文中学校、福岡カトリック学園大濠聖母幼稚園、大阪市立大正北中学校、利尻町立利尻中学校、横須賀市立田浦中学校、国立沖縄工業高等専門学校、小林市立小林中学校、東村山市立南台小学校

(順不同 敬称略)
インプレスのおすすめ書籍

インプレスの本、雑誌と関連Webサービス