年賀状コンテスト

2019年審査結果

今年も年賀状コンテストにたくさんのご応募をいただき、誠にありがとうございました。2019年の受賞作品は以下の作品に決定いたしました。

※受賞作品の著作権は、それぞれの応募者に帰属します。転載・配布等はおやめください
※受賞作品の画像は、編集部にてスキャンしたものですので、実物とは色や質感が異なる場合があります

最優秀賞・優秀賞

最優秀賞(Amazonギフト券3万円)

  • 砂に描いた家の初夢「砂に描いた家の初夢」 城戸源司 様 受賞者のコメント 朝方、波も優しく頬に心地良いほどの風が吹き、散歩する人は3人と犬1匹。自宅から近くの砂浜に「砂に描いた家(うち)の初夢」は描きました。もうすぐ完成と思っていると、時折やってくる大きめの波にザ~。動画の文字は、黙々と一筆入れては「カシャ」。繰り返すこと690回。年賀状を受取る方の楽しむ顔を思い浮かべながら書きました。50歳を過ぎて習い始めた書道の先生と出会いがあったから、このアイデアが浮かびました。そして、丁寧に文字を書くことを教わった先生に感謝です。

優秀賞(Amazonギフト券1万円分)

  • イノシシの森へ! 毎日が冒険!「イノシシの森へ! 毎日が冒険!」 津谷華織 様

優秀賞(Amazonギフト券1万円分)

  • 年賀状を止めるな!「年賀状を止めるな!」 草木鉄平 様 受賞者のコメント 素敵な賞をありがとうございます。2014年に続き2度目の受賞となりました。毎年、年賀状のアイデアに頭を悩ませますが今回はブームにもなった皆さんご存じのあの映画をモチーフにしました(笑)カメラを持った長男が思いのほか良い顔をしてくれたので完成度が上がったと思います。今後も人と違った年賀状作りに精進していきたいと思います。

優秀賞(Amazonギフト券1万円分)

  • 亥キタイトコロへ「亥キタイトコロへ」 山口いさお 様

編集長特別賞

(Amazonギフト券5000円分)

  • 郵便&ネット融合時代「郵便&ネット融合時代」 荒井泰晴 様 受賞者のコメント 愚作に賞をいただき恐縮しております。床部分も白地でなくタイル描写したかったのですが、インク代を節約いたしまして......私はYouTuberとは無縁の人間でしたが、2年続けて友人をすい臓癌で亡くしました。入院中に彼らを励まそうと思い、見よう見まねで楽曲動画をクラウド上にUpしました。元気な人にも喜んでもらえるだろうとQRコードを印刷しハガキ+映像のコラボに挑戦したしだいです。しかし、64歳にもなると受け取った同級生のなかには、暑中見舞いに「何のことやらさっぱりわからん」との記述もありました。(笑)

(Amazonギフト券5000円分)

  • イノシシジャンプ「イノシシジャンプ」 吉野晶 様 使用した年賀状ムック:デジカメ写真でつくる年賀状 ふぉとねんが 2019 受賞者のコメント 「編集長特別賞」を頂き誠にありがとうございます。遠くに住む親戚や友達へこだわりの家族写真年賀状を毎年送っています。➀だからこそ業者さんに依頼したものでは満足できず、自分で作りたい。②素人ゆえ技術力が足りず、ソフトにお世話になる(もちろんイチオシはインプレス社の書籍)。③写真をメインにコメントつけたり絵をつけたり、簡単に完成! 以上の理由で、限りなく自己満足で快適に作成しております。

選評

2019年の年賀状コンテストに沢山のご応募をいただき、ありがとうございました。
ご応募いただきました皆様には編集部一同、厚く御礼申し上げます。

今年は個性が光るハイクオリティな作品だけでなく、QRコードを利用して動画でも魅せるイマドキな年賀状も多く届きました。受け取った年賀状を見るだけではなく、この動画には何が映されているのだろうと、例年以上に楽しく審査させていただきました。

そんな作品のなかでも、波に三度流されながら砂浜に描いたという縁起物の絵が印象的な「砂に描いた家の初夢」が最優秀賞に輝きました。QRコードを読み込むと、賀詞と添え書きが砂浜に書かれていく動画で流れ、その粋な演出も印象的でした。

そして、親子揃って迫真の演技を交えながら冒険の森や話題の映画の世界を作り上げた「イノシシの森へ! 毎日が冒険!」や「年賀状を止めるな!」、デザインのセンスが光る「亥キタイトコロへ」の3作品が優秀賞となりました。

最後に、63年目の年賀状にしてネットと年賀状の融合に挑んだ「郵便&ネット融合時代」、2018年の思い出を年賀状にぎゅっと詰め込んだ「イノシシジャンプ」が編集長特別賞を獲得しました。

残念ながら受賞まであと一歩だった方も、まだご応募されたことのない方も、次回の年賀状コンテストにご応募ください。皆様の力作をお待ちしています。

インプレス年賀状編集部

インプレスのおすすめ書籍

インプレスの本、雑誌と関連Webサービス